ソファ購入プロジェクト完遂?

どうしてもソファを買って帰りたいワタクシ達。
というのも、引っ越し免税というのがあって、ひとり20万円までは免税なんだそうな。
そしてイタリア製のソファを日本で買うとなると、送料+関税でもれなくお値段ダブル?!
ああ、ばかばかしい。
ということで、土曜日、ここが最後のチャンス(by ダンナ)とばかりにソファを購入する為にミラノの街を彷徨いました。
ワタクシ、全然気づいてなかったんだけど、ソファ選んで、生地を選んで、製品にしてもらうために時間がかかるんだった。
そのリミットが本当に昨日だったよう。

雑誌で好みのソファを見つけ、そのサイトをネットで調べ、店を調べ、と準備は万端。
でも最初の地下鉄赤線のロレート駅前、ロレート広場にあると記載されている店がちっともわからない!!
広いロータリーなんだけど、何周したかしら?
ぐるぐるまわって、どうにもこうにもわからなくて
「もしかして地下か?」
と降りてみたらございましたよ……
まさか地下鉄の駅にこんな大きなショールームを作ってるなんて、思いもしなかった。

ただそこには思うものがなくて、別の店を探すことに。
そういえば地下鉄赤線サンバービラ駅付近にもいろいろ家具屋があった記憶を呼び起こし、サンバービラへ。

しかーし。

ここは敷居が高過ぎた(-_-;
中に入る度胸も勇気も出ませんでしたよ。

次、そこから北上してセスト サンジョヴァンニにある家具屋へGO。
ココは敷居は高くないはず。
高くないはず。
高くないはず。


ううう……ドア閉まってるよ(>_<)

入りたければベルを鳴らせと。

もうしゃーない!と腹をくくりベルを鳴らしましたよ。
こんばんは、ちょっと中を見てもいいですか?ソファを探しています、と。

この時点でイタリア語オンリー。
12月から退行しているワタクシのイタリア語能力でどうにかなるのか?
大きな不安を抱えながら、それでも乗りかかった船、もうやけくそでありました。

とにかくソファ見せてね、と禿頭のお店のシニョールにお願いして、いくつか見て回った中に、これはというものがありましたね。
なんかね、座り心地が非常によろしかったのよ。
ワタクシ達、柔らかいソファが好きじゃなくて、適度に固い方が腰にラクなんですの。
それがやはり最初に狙っていたブスネッリという会社のものでした。

Busnelli

生地も悩みに悩んで、結局グリーン系のものを(今回は皮革じゃなくて布地にした)
うちの黄色いソファと、こないだフィレンツェで買った肘掛け椅子と、おお、赤黄緑、信号じゃない!と思わないようにf(^^;

ブツはこちら
b0178006_14585917.jpg

この黒革が緑の布地にチェンジ。

そしていよいよ知恵を授かっていた「帰国免税の為の、輸出用のインヴォイス」作成依頼、つまり最初からIVA(消費税)抜いてね!という書類を作ってもらおうとしたら、

「No」

どうやら、このおっちゃん、こういうことやったことないらしい。
うちは消費税21%込のしか売ってないと。
いや、我々は今ここに住んでいて、これから日本に帰るんだ、そのための特別な書類なんだよ、と言っても彼はわからない。
えーーーーどうしよう(-_-;
そしたら「火曜日まで待ってくれ。確認するから」と珍しく柔軟な態度に。
OKOK。じゃ、メールでちょうだいね、と、とにかくメールアカウントを書いて、今からこれ注文したらいつ出来上がるのか、との確認には4月25日だと(ホントにギリギリ)。

ここまでのイタリア語での買い物に比べたら、メールなんてへのかっぱよ!
だってMacちゃんが翻訳してくれるもん!!(英語にだけど)

そんなこんなで、イタリアでの最大のお買い物、終了致しました(ホントか?)
なんかモメたら、引っ越し業者の方に泣きつく気満々ですがね。
by kyokokyoko0504 | 2012-03-18 15:02 | ミラノ 買い物