ミラノに戻ってきました。

伊丹→羽田→フランクフルト→ミラノ
と続くと、最後は今自分がどこにいるのかよく分からない状況にf(^^;

ミラノは3月の末に発ったときより随分緑緑してますが、お天気は冴えない感じ。
肌寒いですよ。
とにかく家の中はとっちらかっていますが、冷蔵庫が空っぽなので、買い物に行ってきます。
久しぶりのイタリアスーパー、またうへぇ(-_-;となるのかならないのか。

ミラノ生活1ヶ月を切りました。
お久しぶりです。
ムスコの入寮を明日に控え、準備万端なのか?母さん?!
それももちろん大事でございますが、実は先週末東京に行き、家の契約してきました。


ははは。またしても博打のような家の買い方してしまいました。


思い起こせば15年前、当時新婚さんのワタクシ達、千葉県は佐倉のド田舎(成田空港の近く)に住んでおり、そこから丸の内&有楽町に通っておりました。
しかしムスコが生まれ職場復帰するにあたり、通勤2時間はどー考えても無理!ということで、ホントどこでもいいから引っ越そうとテンションがあがっていったわけです。

覚えていますよ、最初新聞の折り込みチラシに「門前仲町の新築マンション販売」の文字があり、100%冷やかし気分で訪れたことを。
でもそのマンションは来年の10月に完成予定で、我々は3月には引っ越したかったのでダメだ〜と言ってたら、百戦錬磨の不動産営業につかまりましてねf(^^;

いわく、
3月末に出来上がるマンションがあるよ。
場所は丸の内からも有楽町からも一本で、通勤1時間以内。
家の近所には保育園もあるよ。
などなどある意味まるめこまれた?ワタクシ達、たった10日で人生最大の買い物をしちゃったんですよ。
ぽーんと判子押しちゃってね。

だからワタクシ30歳になったとき
「結婚もしたし、子供も産んだし、家も買ったし、仕事もしてる。やることやった。我が20代に悔い無し」
って思いましたもんf(^^;

それが今回3年間のヨーロッパ生活を終えて帰国するにあたり、やっぱりもとより広い家に引っ越したくなって。
重々わかってますよ、贅沢だってことは。
でも他の全てを我慢しても、広い家に住みたいんです(>_<)
70㎡じゃ息苦しい。
(特にキッチンが激狭!)

中古で充分。
23区内に住もうとも思わない。
もとの住まいの近辺で90㎡以上の物件(ワタクシ一戸建ては興味無し)でルーフバルコニーのある部屋をネットで探してたら、たまたまこれは、というものに巡り会い、お値段もお手頃価格。
築27年も何のその、もうここにしよう!とリフォームのプランも自分でスケッチし、カンペキにそこに住むつもりでいたら。


目の前でかっさらわれ……


1年以上動きの無かった物件が、決まる時は決まるんです、と不動産屋。
その知らせをミラノで受け取ったときには、がっくり落ち込んで泣きそうになりましたよ。
2012年、ムスコは高校落ちるわ、急に帰国の辞令はでるわ、家は間に合わないわ、でサイアクの年かも。

しかーしそこでうなだれていても仕方ないので、次を一日ネットに張り付いて探していたら、今まで住んでいたマンションから目と鼻の先の場所の物件、発見!!
(立ち直るの早し!!!)
バルコニーが希望より狭いけれど、居住空間の広さは申し分無し。
もうここまで誰かに先取りされたらしゃれにならん、とムスコの高校入学にあわせての今回の帰国時に、とっとと見学に行きましてね。

午前6時半に羽田空港に着いてスーツケースはトランジットで先に預けて、身軽になってそのまま内見に行き、ムスコと「ここ、いいじゃない」と意見をあわせ、夕方の便で大阪に飛び、という3月20日のハードなスケジュールをこなし、先日、無事手付金を払ってきました!!!(^^)

うちのダンナ、まだ一目も見てないんですけどね……
そんなんでウンゼンマンの買い物していいんでしょうか。
またもや15年前と同じく、衝動買いなのか、ワタクシ達?!

でもでもでも。
さあ、ここからまた新しい生活が始まりますよ!
ワタクシも早く再就職しなくちゃね。
3年間でボケきった頭が、日本仕様に戻るんだろうか。
ああ、不安だ。

ま、その前にもう一度ミラノに戻りますがf(^^;


ムスコのたっかい授業料とともに、ローン抱えて、ああ、働かなくっちゃ!
# by kyokokyoko0504 | 2012-04-05 01:12 | 日本
現在日本に帰ってきたワタクシ。
でもイタリア語でメール書かなきゃならないなんて(>_<)

下記の家具屋からメールが来て、やっぱり帰国免税できるっていうのはOKよ(^^)
でも選んだ生地がこのソファには使えなかったんだよ、残念ながらっていうのは、どうよ!おっちゃん!!
今ミラノに残っているのはダンナのみ。
そしてダンナはイタリア語が話せず、おっちゃんは英語が話せず。
どうやってコミュニケーションとるんだよーーーーーーーー

一応英語しゃべれる人誰かいませんか?って書いて送ったけどどーなることやら。
ああ、日本にいても当然の事ながらバタバタです。
# by kyokokyoko0504 | 2012-03-20 23:45 | ミラノ 買い物
どうしてもソファを買って帰りたいワタクシ達。
というのも、引っ越し免税というのがあって、ひとり20万円までは免税なんだそうな。
そしてイタリア製のソファを日本で買うとなると、送料+関税でもれなくお値段ダブル?!
ああ、ばかばかしい。
ということで、土曜日、ここが最後のチャンス(by ダンナ)とばかりにソファを購入する為にミラノの街を彷徨いました。
ワタクシ、全然気づいてなかったんだけど、ソファ選んで、生地を選んで、製品にしてもらうために時間がかかるんだった。
そのリミットが本当に昨日だったよう。

雑誌で好みのソファを見つけ、そのサイトをネットで調べ、店を調べ、と準備は万端。
でも最初の地下鉄赤線のロレート駅前、ロレート広場にあると記載されている店がちっともわからない!!
広いロータリーなんだけど、何周したかしら?
ぐるぐるまわって、どうにもこうにもわからなくて
「もしかして地下か?」
と降りてみたらございましたよ……
まさか地下鉄の駅にこんな大きなショールームを作ってるなんて、思いもしなかった。

ただそこには思うものがなくて、別の店を探すことに。
そういえば地下鉄赤線サンバービラ駅付近にもいろいろ家具屋があった記憶を呼び起こし、サンバービラへ。

しかーし。

ここは敷居が高過ぎた(-_-;
中に入る度胸も勇気も出ませんでしたよ。

次、そこから北上してセスト サンジョヴァンニにある家具屋へGO。
ココは敷居は高くないはず。
高くないはず。
高くないはず。


ううう……ドア閉まってるよ(>_<)

入りたければベルを鳴らせと。

もうしゃーない!と腹をくくりベルを鳴らしましたよ。
こんばんは、ちょっと中を見てもいいですか?ソファを探しています、と。

この時点でイタリア語オンリー。
12月から退行しているワタクシのイタリア語能力でどうにかなるのか?
大きな不安を抱えながら、それでも乗りかかった船、もうやけくそでありました。

とにかくソファ見せてね、と禿頭のお店のシニョールにお願いして、いくつか見て回った中に、これはというものがありましたね。
なんかね、座り心地が非常によろしかったのよ。
ワタクシ達、柔らかいソファが好きじゃなくて、適度に固い方が腰にラクなんですの。
それがやはり最初に狙っていたブスネッリという会社のものでした。

Busnelli

生地も悩みに悩んで、結局グリーン系のものを(今回は皮革じゃなくて布地にした)
うちの黄色いソファと、こないだフィレンツェで買った肘掛け椅子と、おお、赤黄緑、信号じゃない!と思わないようにf(^^;

ブツはこちら
b0178006_14585917.jpg

この黒革が緑の布地にチェンジ。

そしていよいよ知恵を授かっていた「帰国免税の為の、輸出用のインヴォイス」作成依頼、つまり最初からIVA(消費税)抜いてね!という書類を作ってもらおうとしたら、

「No」

どうやら、このおっちゃん、こういうことやったことないらしい。
うちは消費税21%込のしか売ってないと。
いや、我々は今ここに住んでいて、これから日本に帰るんだ、そのための特別な書類なんだよ、と言っても彼はわからない。
えーーーーどうしよう(-_-;
そしたら「火曜日まで待ってくれ。確認するから」と珍しく柔軟な態度に。
OKOK。じゃ、メールでちょうだいね、と、とにかくメールアカウントを書いて、今からこれ注文したらいつ出来上がるのか、との確認には4月25日だと(ホントにギリギリ)。

ここまでのイタリア語での買い物に比べたら、メールなんてへのかっぱよ!
だってMacちゃんが翻訳してくれるもん!!(英語にだけど)

そんなこんなで、イタリアでの最大のお買い物、終了致しました(ホントか?)
なんかモメたら、引っ越し業者の方に泣きつく気満々ですがね。
# by kyokokyoko0504 | 2012-03-18 15:02 | ミラノ 買い物
絶賛ダイエット中の母子がマジョリティを占める我が家(3人のうち2人がダイエット中(^^))、当然走りましたよ!
(若干1名は「また走るんか〜」と言っておりましたがね)

というか、ホントに旅行先で走るのっていいですよ。
歩いていたり、バスに乗っていたり、地下鉄に乗っていたりしたらわからない、見えないものがいろいろ見えます。
ローマで走ったのはココ。
b0178006_16365854.jpg

ボルゲーゼ公園。
たまたまとったホテルがテヴェレ川の西側、この公園まで1kmくらいのところだったものでここを選んだんですが、これがなかなかよかった!

最初はテヴェレ川を沿って走るつもりだったんだけど、ローマで走るのならここ、というおススメがあったため変更。
公園自体が丘の上にあったらしく(地図見ても高低差はわからなかったんだもん!)予想外に最初急斜面な坂を上らなきゃならなかったけど、ひーひー言いながら登った先ではローマ大パノラマ!!

公園の中は古代遺跡はございませんが19世紀のイギリス式庭園で、ホント、贅沢なジョギングコースでした。
走ってる人いっぱいいたしね。
フィレンツェでもいたし、世界中でジョギングブームなのか?
それとも昔から?
実際自分が走る立場にならないと、見えて来ないことは多々ありますな。

ぐるっとまわって(どこ走ってるか途中で見失いましたが……)ちょうど7kmの距離のjogでいい感じで汗もかき、なんて健康的!!(^^)
土曜日は合計20000歩以上、日曜日も15000歩歩いた今回のローマ。
帰りの飛行機で足がだるくてつらかったワタクシ、翌日はなんともなくて、我が足の筋肉を実感致しましたよ〜
ちなみにムスコは翌日の朝「足いたい〜(>_<)」と泣いてましたが(その前に軽く肉離れおこしてたから)夕方にはけろっ。
もちろん一番重症なのはダンナでしたさ。
オットよ、もう少し運動しましょう。
# by kyokokyoko0504 | 2012-03-16 16:55 | おでかけ