<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

大阪の大晦日は明るい暖かい一日です。
久しぶりに栗きんとんとか作っておりますが、日本ていろいろ便利な国ですな。
先進国に戻ってきた感ありありですよ。
機械がしゃべりすぎてうるさいきらいはあるけどね。

現在東京にいるムスコと実家で合流して、久々にあーだのこーだの言ってますf(^^;
ミラノで夢の中で大げんかして以来のリアルな口喧嘩は、こちらの脳も活性化させるみたいですよ。
春になったらこんなことも無くなるんだなあと思うと、ちょいさみしい。

あれこれ用意しながら、なんだかばたばたしつつ、新年を迎えそうです。

2011年はいろいろお世話になりました。
2012年もよろしくお願いします。
by kyokokyoko0504 | 2011-12-31 14:09 | おしらせ
ちょっと時間を戻して。
12月25日にDuomoまで散歩に出かけました。
ちょうど家から6km弱くらいなので、てれてれ歩くにはいい距離。
まあ、見事にどこもシャッターが下りており、マクドナルドさえもクローズ。
道路も閑散としてましたが、目的地のDuomoが見える場所にまで近づくと、なんだか様子が一転。

最初は観光客がいるのかなあと思ってたけど、妙に人種が偏っております。

皮膚の色が黒い人達(アラブ系もアフリカ系も南イタリア系も)
そして中国人。

もっともっと近づいて行くと、いきなり商店街が出現。

それも地べたの……
b0178006_13524073.jpg


すごいよ、ずらずらずら〜!!!
異様な雰囲気で、気持ち悪くってとても通る気になれないよ。
怖すぎるわ、ここ……
気色悪くてそうそうに退散。
こういうのって警察取り締まらないんかいな?と不審に感じてたのだけど、帰りに通りかかったらあらま(@_@)
b0178006_13564313.jpg

きれいさっぱり。

パトカーのまわりに人だかりが出来て、おばちゃんが警官に何やらわーわー叫んでましたよ。
やっぱり見回りにくるのね。

ミラノにミラネーゼがいないvacanzaシーズン。
なんだか画竜点睛に欠きますな。

Duomoとツリーだけはちゃんとそこにありましたけどね。
b0178006_14364.jpg

by kyokokyoko0504 | 2011-12-30 14:04 | ミラノ 街
ムスコの受験を控えて、2ヶ月ほど一時帰国します。
飛行機の中で寝るために、本日徹夜(-_-;
ねーむーいー!!
by kyokokyoko0504 | 2011-12-28 11:22 | おしらせ
今年はローストビーフ。
b0178006_6591970.jpg

ちょっと奮発して、1kg32ユーロの肉を買ったんだけど、これってよく考えたら「100g320円の肉」で、ちっとも奮発じゃないf(^^;
ヨーロッパ、肉の値段が激安です。

我ながらカンペキな焼き加減で、非常においしゅうございました。
12月25日深夜。


爆竹の音がうるさーーい!!!


ワタクシ、Nataleは家族で静かに過ごすもんだと思ってました。
日本の正月みたいなもんだとの話だったし。

うちのお向かいさんはパーティ中のよう。
なぜか子供の笑い声は響いてるし。

日本で年明けに夜更かしするようなもんなのでしょうかね???
ムスコもいないとツリーを飾る気もせず、なんだかクリスマスらしくないんですけど。
日本は不景気でもクリスマスは盛り上がってるんでしょうか。
ミラノはクリスマスは日本のお正月と同じ位置づけですが、やっぱりみなさま財布の紐もゆるんでいないようで、なんだかぱっとしません。
イルミネーションもロンドンやフランクフルトに比べたらあっさりしたもんです。
ああ、来年はもう少しよくなるといいんだけど!

ではみなさま、Buone Feste!!
b0178006_19491566.jpg

昨日、1時間半待ちの忍耐の末、クリスマスカード投函しました。

後は野となれ山となれ。

ワタクシのせいじゃないもーんf(^^;

しかしだな、昨日は60人待ちから始まったのだけど、なんでたった60人さばくのに1時間半もかかるんだ?
ワタクシが郵便局を後にしたときは、確実に待ち人数が増えてましたよ。
それに切手100枚買うだけなのに、その切手を中から出してくるのに、5分以上かかるって、どうよ?!
郵便局の一番基本業務は、郵便物じゃないんかい?!
おまけに1.6ユーロの切手はない、1.5ユーロと0.1ユーロの切手をあわせて使ってくれって。
もう値上げして1年近く経つというのにさ。
そうそう、去年の日記を見たら、去年は0.85ユーロでした。
倍以上じゃなくて、倍近くの値上がりでした。



来年はメール添付にしよう……
先週の水曜日、クリスマスカードを出すべく、切手を買いに行った。
確か去年70チェンテージミだったはず。
もしかしたら値上がりしてるかもしれないから、一応聞いてみるか。

「このハガキ、日本に送りたいんだけど、いくらですか?」
「1.6ユーロね」

はあ???
1.6ユーロ???

まず納得いかず、それに切手100枚分のお金も持ち合わせていなかったから、とりあえずそこは退散。
別の郵便局でも聞いてみよう。

イタリアって人によっていう事違うからさ。

一応ネットで調べてみたら、20g以下の封書は1.6ユーロだった。
でもどこにもハガキの値段が書いていない。
もしかして、ハガキも封書も同じ値段になったとか。

イタリアだったらありえるなあ。

金曜日に家の近くの、かなり大きな郵便局に赴いてみたならば、120人待ち!

ま、よくあることなんですよ、イタリアなら。

その番号の紙は持ったまま、先に近くのスーパーにて買い物を済ませる事にした。
ああ、なんて時間の有効利用♪

30分ほどして郵便局に戻ったならば、そこの番号はまだ100人待ち。

なんだよ、20人しか進んでないのかよ〜
それでも、もう結構時間も遅かったし、きっと諦めて帰っている人がたくさんいるだろうから、ここからはさくさく動くかも。

しかし、15分待って、1人しか進まなかった。

どんだけ仕事遅いねん……

仕方ないからその日もまた退散し、本日月曜日に再び訪れたならば、

ショーペロ(ストライキ)の張り紙が!!!



この年末忙しいときに、ショーペロなんかするんじぇねぇ!

アホか!!

働け!!!イタリア郵便!!!



ということで、今年はまだクリスマスカードが出せておりません。

日本のみなさん、きっと年内には届くんじゃないかなあ。
たぶんね。
希望としてはね。
昨日はムスコの仮卒業式でした。
こちらのコは日本で受験するため3学期はほとんどミラノにいません。
そこで12月で仮ですが卒業させてくれるのです。
(授業料は3学期も払いますがね!)

たった5人の卒業生でしたが、小さい規模だからこその、あたたかい、よいお式でした。
こんな風に小中全校生徒の前でマイク無しでしゃべる、なんて経験はここでしかできなかったこと。
小さな小学生たちもちっとも騒がず、じっと座って、中学生のお兄さんお姉さんが卒業するのを祝ってくれましたよ。

これでワタクシ達のムスコに「教育を受けさせる義務」は終わりました。

小学校生活が終わるのとはまた違った、確実に一段落ついた、次のフェーズに移行、といった感じです。

といっても、中身はなかなかまだまだ小学生に近いかも……

本日これからフランクフルト経由で、ムスコは日本に帰ります。
2月の入試に向けて、約2ヶ月間の缶詰タコ部屋特訓合宿ですf(^^;

がんばれ〜〜〜(^^)/
今回一時帰国してしみじみ思った事でございます。

新米を3年ぶりに食べたのだけど、とにかくまず色つやが違うし、匂いも何もかもが違う。
ミラノで食べているお米に別に文句はなかったが(というか、あまりワタクシはお米を食べない)、この差には本当にびっくりしましたよ。
日本に帰ったら、たとえ自由化しても、どんなに高くても、日本のお米を食べるんだろうなあ、と思いまする。
毎朝ご飯とお味噌汁と魚の干物とお漬け物と卵焼きと納豆と、と「これぞ日本の朝ご飯」を食べ続け、ムスコは満足したようですな。

それと豆腐が旨い(>_<)

ワタクシ、毎日豆腐でもいいくらいの豆腐喰いなんですけどね。
なんでミラノにはああいうのないのかなあ。

お肉は骨は付いてないし、一口大に切ってあるし、薄切りだし、ああ日本てなんて「包丁を使わずに調理出来る国」なんだろう!!!



一宿一飯の恩義×8日として、滞在中に実家で作ってきたもの。
●昔のセーターをほどきながら編んだスヌード1本
●その残り糸で帽子1枚+その残りで編んだおまけのコサージュ
●父と母の分の年賀状データ作成(2ファイル)

すべてコスト0……ワタクシの労働力のみf(^^;

スヌードは、これまた残っていたビーズを縫い付けてアクセントをつけると、ちょいとゴージャスな仕上がりになって、なかなか満足のいく出来。
古い糸なのでもう脂も抜けきって、けっこうキシキシいう糸だったから、もとは並太程度の太さだったはずのを、極太用15号針でふんわりと編みました。

来年1ヶ月滞在中には、父と母のセーターとか、姪甥のセーターとか編んじゃうんでしょうか、ワタクシ……
今度帰るときには棒針&かぎ針一式持参しなければ。