<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先週末は初渡英、ロンドンに行ってきました。

ムスコの受験の付き添いっていうところが、カナシいところですが……

本当に久しぶりの英語圏で、第二外国語同士の英語と違う native の英語、わかるんかいなと多少ビビっておりました。
ワタクシ、英語圏はアメリカのド田舎しか行った事がなく、アメリカ人は世界中の人間が英語がしゃべれて当然と思っているフシがございましてね。
まったく情け容赦ない米語に、泣きそうになったツラーイ過去があるんですよ。
だからまたイギリスでも……と。
(これに関しては、同意する友達多し。それはNYでもかわんないそうな)

ところがどっこい、やっぱりロンドンは各国語が飛び交うヨーロッパの中にある大都会。
北から南までいろんな人種が入り交じっているし、英語が世界共通語、とはさすがに思っていないよう。
ま、でも意思疎通語であることには間違いないんですけどね。
なので旅行者に対して、多少は容赦した話し方をしてくれましたよ。
それにイギリス英語、アメリカ英語よりは聞き取りやすいかも。

クルマは左側通行だし、いろんな種類の店があるし、通りは結構猥雑なまでにカラフルだし、人はものっすごーーーーくたくさんいるし、地下鉄はラッシュだし、小声で話しているし、いろんなことが、とっても、東京っぽかった!
うちの男どもは「落ち着く〜!」とリラックスしておりましたよ。
なんたって

「何話しているか分かる」



「何書いてあるか分かる」

大きい事ですねぇ。
街の看板が英語しか書いてないしねえ。
久しぶりの飾りのないアルファベットですよ。
でもワタクシ自身は、ミラノと比べてそこまで肩の力が抜けるってこともなかったんですけどね。
でも初めての街なのに、ちっとも違和感を感じなかったのはそういうことなのかなあ。

まあ、本当に東京を思い出しましたよ。

そして東京と同じくイルミネーションがキラキラで、イタリアに比べたらやっぱり経済状況がいいのねえ。
b0178006_6103397.jpg

緯度の高い地方の冬のどよどよぶりも健在。
b0178006_614735.jpg

でもフランクフルトに比べたら、ものすごく暖かくてびっくりしましたよ。
ムスコなど、パーカーだけで歩いてたし。
ワタクシもヒートテックなんぞ着てたら暑くてやってられない、ということで基本薄着。(コートは着用だったけど)
昔習った北大西洋気候を実感しましたね。

土曜日が試験だったので、日曜日はおのぼりさんらしくイングリッシュブレックファーストを食べ
b0178006_617464.jpg

ビッグベンを見に行き
b0178006_6192781.jpg

(奇跡的な青空!)

飲茶食べて帰ってきました。

大英博物館もバッキンガム宮殿も蚤の市も行ってないので、また次回の機会を楽しみにしてますよ。

ミラノに帰ってきたら表記がイタリア語になり、クルマのカーラジオの音声もイタリア語になり、ムスコ

「あーあ、何で帰ってきちゃったんだよーーー!!(-_-;」

声のでかいイタリア語と、空気の読めないイタリア人にお疲れのミラノ在住のみなさん。
ロンドンでちょっとひとやすみしてみてはいかが〜(めっちゃくちゃ高いけどね!!!)
by kyokokyoko0504 | 2011-11-30 06:33 | おでかけ
ヨーロッパの秋は栗!
あちこちで焼き栗を売っています。
なんだか匂いが日本の「石焼き芋」みたいで、ちょっと郷愁にかられますよ。
b0178006_17564999.jpg

これとワインの新酒(novello)が、今の季節の味でしょうかね。

この栗は薪か炭かワカリマセンが、大きなドラム缶みたいなのが二重構造になっている用具で焼いてました。
b0178006_1821639.jpg
 
ジェラートは甘くてたくさんは無理だけど、これなら大丈夫♪ 
by kyokokyoko0504 | 2011-11-24 18:22 | ミラノ 食べ物
b0178006_248530.jpg

突っ込みどころはイロイロあるのだが、とりあえず終了。
部屋掃除しなきゃ!!(毛糸屑が飛び散っておりまする)

しかし、編みにくい糸であった……
by kyokokyoko0504 | 2011-11-24 02:49 | ちくちく
先月受けた検定、無事4級受かってました。
よかったー(無駄遣いにならなくて……)
b0178006_13303.jpg

これでドイツ語とともに4級です(^^)

しかしドイツ語はほとんど忘れたが
by kyokokyoko0504 | 2011-11-22 01:05 | イタリア語
冬の晴れた1週間後の日曜日。それは……

恐怖のNO CAR DAY
(去年の2月7日参照)

罰金€150?!
やっちまいましたよ。
今日、買い物に出かけたら、妙にクルマが少ない。
妙に道が空いている。

おかしい……

最初は「ここは休日はクルマが少ないんだ」なんてダンナとお互い言い聞かせながら、でも幹線道路に入っても圧倒的に少ない。
ああ、気持ち悪い。
そして何よりも、いつも行くショッピングモールの駐車スペースがガラガラ。

ここに来て夫婦ふたりして納得しましたよ。

今日はNO CAR DAYだって(>_<)

ああ、どうしよう。
このままだったら、検問に引っかかったら、罰金バイバイ〜(-_-)/~

この時点でムスコからも「今日はNO CAR DAYだよ!」と電話が入り、今は動くな。
とにかく6時まではショッピングモールに立てこもっていよう、と決意し、いつもは長蛇の列になるスーパーのレジもガラガラで終わってしまい、なんとか6時15分にようやく下界に降り立ったならば、

そこはいつもの2車線の幅に3台クルマが並ぶ世界

おお!元通りだ!!!
空いている道より、めちゃくちゃな交通ルールの状態の方が精神安定上はよろしいようで。

今回は超ラッキーな事に検問にひっかからなかったけど、今後のために。

http://milano.mentelocale.it/societa-e-tendenze/
http://www.intopic.it/

この辺で情報は得られるよう。
晴れた週の日曜日は最大限に注意致しましょう。
スケート観戦(NHK杯)とセーター作成で終わった週末。
時差のせいで朝からTVにかじり付きでしたよ……
イタリアのTVから日本語のアナウンスが聞こえるのって、不思議な感じだけどいいもんです。

先日購入したラメ入りの糸で編んでいるセーター、なんか派手かも……
b0178006_681080.jpg

日本でじゃきっと手にしなかっただろうなあ。
まだ全容は見えませんが、ワタクシの頭の中の絵と同じになったらカンペキ(^^)
ならなかったら残念無念、ですな。

もう半分諦めていた滞在許可証取得に新しい動きが。

ダンナの滞在許可証の更新をしなくてはならないタイミングなので 、ワタクシ達の申請もしようという気になったようです。
それってもろもろいろいろ 強烈に 腹立たしいんですけど!

以前用意した戸籍謄本なんて当然期限切れになっているから、大阪の実家にお願いしてまた取ってもらう事になるし。
おまけに外務省のアポスティーユ(翻訳)も再申請。
もともとこういうのを用意させといて知らんぷり、なんて日本人じゃ考えられないでしょ?
これも「日本人の常識」を使ったらいけない事なんでしょうか?
ムスコの許可証なんて、もう必要ないのにさ。
ああ、むしゃくしゃする!!

来週末に迫ったムスコの最初の試験のこともひっかかるし。

なかなかココロ穏やかに過ごせません。

それもこれも、ちっとも霧が晴れないミラノの11月のせいでしょうかね。
(THE 責任転嫁)
姪にあげるために編んでいたスヌード。
やっとできました。
b0178006_5464778.jpg

1年以上かかったのはヒミツです。

でも小学生女子、もう少しキラキラしてた方がいいのか……と悩み、ブローチを追加。
b0178006_5483547.jpg

Accessorizeというアクセサリーのチェーン店で購入しました。
日本にもあるのかな?
基本ジャンクなアクセサリーなんですが、探すとちょっとしたのがありまする。
ロンドンからのお店なので、ミラノ土産なのにユニオンジャックなのは指摘しないでください。

10歳の女子、だんだん好みがうるさくなってくるオトシゴロだし、どうかなあ。
一応ムスコに見せたら「いいんじゃない?」とのお墨付きはいただきましたがね。
by kyokokyoko0504 | 2011-11-12 05:58 | ちくちく
ミラノ市内の交通をしきっているATM(Azienda Trasporti Milanesi)は「地下鉄」と「バス」と「トラム」から成り立っております。

地下鉄は新しい車両とひと昔前の車両が混ざって運行中。(フランクフルトといい勝負)
バスはおおむね新しい感じかな。

もっともレトロなのがトラム(路面電車)です。
それも路線によってちょい新しめな車両もありますが(あくまでも”ちょい”)、番号が一桁のトラムにいたっては、まあ、ちょっとハイテクニッポンからくると、懐かしさのあまり写真を撮りたくなるような趣です。
(ワカモノには懐かしさもへったくれもないでしょうが)

いつもいつもこれは撮っておかなければ、と思うのだけど、いつもいつもカメラ不携帯。
ところが本日所用で19番のトラムに乗ったならば、それはくだんの昭和のかおりのやつだった訳です。
b0178006_5542072.jpg

初めてこの車両に乗った時、

わー能勢電みたい!

と思いましたよ。

阪急沿線以外の方にはあまりにローカルな話題で理解出来ないと思いますが、能勢電鉄(通称のせでん)は阪急宝塚線の川西能勢口から出ている鉄道なんですが、阪急電鉄の子会社なもんで、ワタクシが最多な頻度で利用していた大学時代の車両は、阪急電車の お古

それがミラノのトラムみたいなのだったんですよ。

これよりシートが抹茶色のビロードっぽい生地だったり、床が木張りだったり、天井には扇風機がついてたり、でしたが、いやあ、もうクラシカルの極みで大好きでございました。
それにこんなところで再会するなんて!!(>_<)

このトラム、もちろん、冷房も暖房もなく、板張りのベンチタイプの椅子は極寒の季節にはかなり泣きがはいるようなシロモノですがね。
b0178006_655120.jpg

日本の電車の、冬、お尻からじんわりあったかくなるのって、幸せだなーーーー

トラムやらバスやらって、なかなか旅行者には利用しづらい交通機関ですが、住民には便利なものです。
東京ほど地下鉄が縦横無尽に走っているわけではないミラノにて、トラム&バスをようやく使いこなせるようになったとき、ワタクシもここに住んで1年が経っていました。
by kyokokyoko0504 | 2011-11-11 06:11 | ミラノ 街
うっわーびっくり。
ワタクシがミラノにいる間に辞めるかどうか、ギリギリまでしがみついてると思ってたんだけど、そのギリギリがやってきたよう。
b0178006_7214753.jpg

さて、イタリアどうなりますことか。
長ーーーいヨーロッパの冬。
そしてこれでもか、とぐるぐる巻きまくっているミラネーゼの首もと。

ということで、なのかどうか理由は別として、ワタクシのまわりで編み物部が発足しており「編み物って楽しいよ!」と布教活動に励んでおりまする。
何かを作ることは、基本うきうき熱中することだと思うのですよ。

幼稚園のお絵描きしかり。
小学校の図工の時間しかり。
中学高校の文化祭しかり。

それがいつのまにか「ワタシにはできない」とかたくなに思い込むようになる。

何でなんでしょうね?

編み物に関しては、女子ならば多分多かれ少なかれ、どこかで体験しているはず。
中学校の時の彼氏へのクリスマスプレゼントとか、ヴァレンタインとか。
しかしそこに挫折の扉が開いている。

だって、みんなマフラー編むでしょ?

これが「編み物出来ない」思い込みの元なんですよ。
ワタクシの編み物師匠である祖母、スーパー☆ハイパー☆エキスパートだったんですが、彼女ですら「マフラーと腹巻きは編みたくない」と言ってたんです。
だってつまんないんだもん。

同じ事をそりゃずーーーっと1mも2mもやってたら、誰でも厭きるって。
イヤになるって。
出来上がらないって。

なので「初心者」の皆様には、どんなにゆっくりやっても 3日でできるスヌードをお勧めしております。

以前編んだのはこちら

装飾のある太い糸を太い針でざくざく編んで行くこのニット、ミラノでも大流行りですよ。
今年はそこにポンチョが加わっていますがね。
もちろん細い糸で模様編みしたっていいけど、まずは何より「完成する喜び」が大事。
最初の目を作るのと、最後の綴じ&始末はまかせて!途中はがんばって編みましょう、ということで2人無事完成し、今3人目がスタンバイ中。

そしてスヌード編卒業者が「次はベスト」と意欲まんまんで、上記の3人目さんと昨日一緒に糸を買いに行きました。
ふたりともいい感じの糸が見つかって、テンションあがってます(^^)
(なんたってまずは素材からだし)
ついでに買うつもりのなかったワタクシも、ラメ入りの買っちゃった。
1個€2.5だったし。
b0178006_22545657.jpg

ロングのセーター編むつもりです。
イメージは今シーズンのZARAのコレ
b0178006_23111927.jpg


編み物のポイントは、手作りの野暮ったさがでないようにセンスよく。




しかし偉そうな事言う前に、いまやってるの、やっつけましょう……
by kyokokyoko0504 | 2011-11-08 23:01 | ちくちく