<   2011年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

フランクフルトに在住中、ダンナとムスコはソフトボールチームに所属しておりました。
いわゆる「親父ソフト」というやつです。
大企業だと会社でひとつチームが作れたりするんですが、ダンナの所属する会社は、ダンナいれて日本人が3人しかいないようなところだったので自前のチームなんかムリ。
でもそういう人は他にもいて、1人駐在だったり少人数の会社だったり、はたまたもう何年もドイツに在住中の方だったりが集まってチームを作っていたわけです。
当然入れ替わりも激しい。
上手い人もいれば、初心者に毛が生えたような人もいる。
なのになぜかいつもある程度の戦力が保たれている、という不思議なチームでした。

うちのダンナは日頃の運動不足をちょっとでも補うべく、というよりもその後のビールが美味しかったためか、雪が降っていない時期には毎週日曜日に練習しておりました。
ムスコも友達誘って行ってたし、彼らにとってフランクフルトでの「会社」や「学校」以外での、非常に大きなコミュニティだったわけです。
ムスコなどここで得た「コネ」を最大に使って、この夏休みの日本行きのフランクフルトトランジット、VIP待遇してもらいましたしね。

そしていつも8月の終わり頃に、フランクフルト及び近郊の日本企業が集まって大会を開くのが常でありました。

去年、フランクフルトを離れる前に親子で参加。
去年の記事
親子バッテリーなんて組ませてもらって、いい記念になったんですよ。




なのに。

今年も出ちゃいましたf(^^;




ミラノから600km、7時間クルマを運転して。




ある意味「バカ」?



ま、ワタクシは友達に会えるし、大量に買い出し出来るし、でフランクフルト行きはいつでもウエルカムなんですけどね〜

今年の写真。
b0178006_201334.jpg

b0178006_205925.jpg

爽やかな「秋晴れ」の中、なんとチームは優勝しちゃうし(@_@)

今年はメンバーが集まらない、とかなんとかで、1回戦勝ち抜けも危ういとか言ってたんですけどね。
やっぱり不思議なチームです。
みなさま、おめでとうございます。


ワタクシは友達と在住中はスルーしていた展望台に上り、
b0178006_263858.jpg

ふきっさらしのかなりビビる状況の中「フランクフルトってこんなに家がいっぱいあったんだ〜」なんて思いましたね。
b0178006_283758.jpg

緑溢れる、やっぱりいいところです。

夜はビールとドイツ料理!
b0178006_293694.jpg

b0178006_210572.jpg

がんがんに呑んで食べて、ひとり20ユーロ以下ってすごくない?



週明けて、最高気温が20℃以下だった秋のフランクフルトを離れてミラノに帰ってきてみれば、再び30℃の世界。
まあ、先週の「アフリカの暑気」はミラノにはもう残っていないようでしたけど。
スイスの国境を越えてイタリアに入った瞬間

「道、狭っ!!」

ミラノ市内に入った瞬間

「さあ、ここからミラノモード運転に切り替えなな」

ダンナ、戦闘モード突入ですf(^^;

今回しみじみ思ったのが、彼にとって
「ドイツでのクルマの運転が非常にスムーズで楽しいものだった=フランクフルトでの生活がラクだった」
のは、ワタクシにとって
「フランクフルトでの生活が地味で(着飾らずにすんで)ラクだった」
と同じレベルのよう。
これがわれわれ夫婦が、フランクフルトを懐かしく思う原因なんでしょうな。

ミラノでの家の隣のスーパーに今日も買い物に行き、「このカードでバンコマット(日本のデビットカードみたいなもの)はできないわよ!」
と今までずっとこれで決済しているワタクシに言い放つ、バカレジ係。

それでもぶつぶつ言いながらなんとか操作して、むっとした顔でカードを放り出すしね。
ドイツのスーパーの店員と倍くらい給料が違うんちゃう?と思ってしまいますな。

「何言ってんのよ、何回も払ってるわよ!ちゃんとやって!!」

ぐらい言えるようにならないとダメね。
(けんか腰が基本)

あーあ、そろそろイタリア語レッスン再開しましょうかね。
by kyokokyoko0504 | 2011-08-31 02:31 | おでかけ
寒い〜〜〜!!!
by kyokokyoko0504 | 2011-08-28 06:38 | おでかけ
一時帰国していたムスコに輸入してもらった本。
b0178006_5564969.jpg

面白かったーーーー!!!

徹夜はしなかったけど、2日にわけて一気読み。
もちろん創薬の部分とかきっと突っ込みどころ満載なんだろうけれど、素人のワタクシにはコレで充分。

アフリカ大戦が現在進行中なのもリアルに感じられた。
ダルフール紛争は、中国政府に抗議するためスピルバーグが北京オリンピックの顧問をおりた話ぐらいは知ってたけど、日本ではあまり報道されてなかったし。
アフリカ大陸ってその対象が「人」から「地下資源」に変わっただけで、500年前からずっとユーラシア大陸から侵略略奪され続けて。
(今は+北アメリカ大陸もか)
本当は富める国々のはずなのに。

ボタンを押しただけで、コンピュータゲームのように地球上のあらゆる場所にミサイルが撃ち込めて、報復合戦の中でも発射装置だけは自動制御された核シェルターの中にあるから、弾がなくなるまで永遠にお互いが発射し続け、地球は滅亡、なんて笑い話にもならない。
イラクにアメリカ軍がミサイル攻撃をしかけたのをTVの中継で見ていても、ワタクシにとって完全に絵空事だったもんなあ。
なんてバカな人間達。

完全無欠のスーパースターに完膚なきまでに悪役=バカものを叩きのめしてもらう、ってエンターテイメントの醍醐味よね。

さすが角川、て感じもしますが、以前読んだ角川色溢れる「テンペスト」よりは、ぐいぐいひきこまれたよ!

夏のクソ暑い日に、冷房の効いたマクドナルドで読むにふさわしい本だったと思われまする。
(ちなみに後半は冷房の効いた「ダンナのオフィス」に避難して快適に読書)
もしくはリゾートに持って行く1冊。

つられて民族紛争関連の文章をいくつか読みましたよ。
気がつけば目を通していないコラムとかいろいろあったので。

日本にいるよりは地理的に近いアフリカ、東欧、トルコ。
この際だからもう少し読み続けましょうかね。
by kyokokyoko0504 | 2011-08-26 06:29 |
ミラノに越してきて11ヶ月になろうというワタクシ達。

いまだ滞在許可証(Permasso di soggiorno)が取得出来ておりませぬ。

なくてもあまり日常生活において不便はないんですけどね。
フランクフルト住民でもフランクフルトに税金払っててもあまり問題ないんですけどね。

(ホンマか?)

それでも何かに登録しようとしたりするときに、ちょろっとやっかいになるわけです。
常にダンナの名前で登録しなきゃならないとか。
そういう際に必要になるのが税務者番号(Codice fisicale)というものなので、じゃ、これだけでも先に取っちゃおうか、ということで、本日朝9時半のアポイントで、親子三人雁首そろえて行って参りました。

初めて会うエージェントの女性は小柄で、どーんとしたイタリアのシニョーラではございませんが、一生懸命やってくれてそうな「感じ」はする。
書類に名前やら出生地やら誕生日やらを記入し、待つ事30分。
エージェントの女性に連れられ、役所の窓口に趣いたならば


「あー、それ、この休暇中にシステム変わったから。滞在許可証がなきゃ税務者番号のカードをだすのはムリ」


はあ?
あのね、その滞在許可証がないから、とりあえず先に税務者番号のカードをもらおうとしてるんじゃない?!!

久々にやられましたね。

ほお、イタリアはvacanza中にいろいろシステムが変わるんだ〜
そういえば、郵便局のコンピュータのシステムも変わって、200人待ちとかなってましたね〜



ええかげんにせいっちゅーねん!!!



ダンナの半日がこれでつぶれました。
ワタクシ達は閑人なんでいいんですが……

今日も暑いミラノです。
今イタリアはここ近年類を見ない暑さ、なんだそうです。
CANICOLA AFRICANA(アフリカの盛夏?)なんて天気予報サイトにも載ってましたが、本日も最高40℃いっちゃうかも、ですって。
アフリカからの熱風の勢いがちっとも弱まらず、猛威を振るっておりまする。
ただ、今週末は北部は嵐を伴って、ちと涼しい空気が流れ込んでくるそうな。
特にアルプス付近。

そのタイミングでフランクフルトに行くんですけどねぇ……
クルマで……

嵐の中のアルプス越えですか?


しかし、どうしてこうも「近年稀に見る」気候ばかりにぶちあたるのか。

1年目のフランクフルトの冬は「こんな大雪記憶に無い」と大家さんに言われ、
3年目のミラノの5月は「こんなに暑いの知らないわ」とお向かいのシニョーラに言われ、
そしてこの8月の末の熱風!!

ヨーロッパも異常気象(T_T)

気温に釣られて体温まで上がる始末な今日この頃。
本日もMacに逃避でしょうか、
ただいまの気温。
b0178006_18494847.jpg

室温33℃。

ちなみに今朝の寝室の室温は32℃。

眠れません……
ダンナの寝てたところは冷たーくなってました。
朝からシーツと枕カバーとベッドパッド洗濯。
夕飯用の焼き茄子もオーブンにぶち込んで焼いて、昨日の素麺の出汁に漬けた。
ゼラチンとかして、一昨日煮てたテールスープに混ぜて冷蔵庫に入れた。
水とワイン買いに、なんとかスーパーに行った。

もうこれからMacに避難する所存です。
ミラノただいま37℃。

さすがにこの気温でクーラーなしはキツい。
何もする気がおこらない。
ムスコに勉強しろとも言えない。

でも頼むからスーツケースの中身を片付けてくれ!!!

散らかっていると暑苦しさがいや増すんだよーーーー
b0178006_22213218.jpg

日曜日の夕方、無事帰ってきました〜

15時間も飛行機乗ってきた胃にはどーなんだろ?と我ながら思いながら、1kgほど鶏の唐揚げを作りましたが、ほとんど残らなかったf(^^;
タコマリネとトマトと水牛のモツァレラ。
さすがもうじき15歳男子、よく食べますな。
ご飯の後、ひとしきりfacebookにアクセスして、気を失ったかのように寝ました。

夏期講習会はしんどかったけど楽しかったよう。
英語は高校レヴェルのことも習ってきて(覚えているかどうかアヤシイ)、『話法』は「部屋を片付けられる人には簡単。片付けられない人にはややこしい」との解説に「俺、ムリだし」と言ってましたさ。
そういえば、ワタクシはあまり苦にならなかった記憶が。
確かに部屋の片付けに似ているかも!
国語は「古文は助動詞さえ覚えたらイケル」なんてわかったようなこと言ってましたよ〜
数学はやっぱり空間図形がキビシいよう。

この1ヶ月のモチベーションを9月からもキープできたらいいんだけど!

まずは無事に帰って来れてよかった&おつかれさま。
ミラノに帰ってきちゃいましたf(^^;
帰ってきたら、もー

すっごい暑いんですけど!!!

ありえへんわ……
洗濯機をフル稼働で回し、植木の手入れして、午前中でもう30℃越えてるよ。
ミラノは乾燥してますな。

フランクフルトのときは家の近所のTV塔が見えたときに「あー帰ってきたな」と思ってましたが、ミラノは最寄り地下鉄の駅前の風景が、それにあたるみたい。
工事ばっかりできったないんだけどね〜
そして「イタリア語を口にしたとき」からミラノ日常生活に戻る(いや、引き戻される?)感じ。

明日はムスコが帰ってくる予定。
いよいよ秋がスタートしそうです。(暑いけど)

おまけードゥブロヴニク旧市街の夜の風景
b0178006_16581656.jpg

b0178006_1659531.jpg

b0178006_1659382.jpg

清潔で安全。VIVA!観光地(^^)
実はここにくる前に

「もう夏が終わってたらどーしよー」

と心配しておりました。
だってウィーン、15℃だったし。
でも杞憂杞憂。まったく問題ゴザイマセン。
毎日晴天30℃の日々が続いておりまする。

旧市街の方へは夕方くらいから出かけ、日中はほぼビーチサイドでごろごろ。
b0178006_15101623.jpg

この写真じゃよくわかりませんが、右半分にいるふたりのうちの男の子が、超美形!
金髪で見事に逆三角形の体型でね。
女性はでっかいサングラスしてるから、顔はよくわからないんだけど、黒いビキニでこんがり焼けたマダムって感じ。
ダンナと
「ツバメ?」
なーんて下世話な話をしていたのですが、ぜんぜんいちゃいちゃもしてないし、よくよく眺めてみると、男の子がかなり若そう。
うちのムスコぐらい?
「親子かなあ」
親子ならよくお母さんとこんなリゾート地に二人で来るよなあ、とちょっとびっくり。
ホントに何もせず寝っころがってるだけなんだもん。
その後もしつこく(笑)観察を続けると、髪をとかす櫛を渡してあげたり、彼が肩を怪我しているようだったんだけど、拭いてあげたりとの感じが、やっぱりママだなあ、という結論に。
「両親が離婚して、普段はパパと新しい家族と暮らしてるんだけど、夏の1週間だけママとヴァカンスに来るのよ」
なんて妄想膨らましておりましたさ。

よくこんなに昼寝できるもんだというぐらいに寝て、本読んで、ぐーたらなヴァカンスです。

読んだ本

『スペイン430日』堀田善衛(ちくま文庫)

もう30年ほど前に書かれたエッセイなんだけど、面白かった。
60歳の誕生日に際してスペインに引っ越し、日々の暮らしの備忘録といった感じ。
ヨーロッパ社会と日本社会との差異に、ものすごーく共感するところ多し。

「日本はどうも何かをしていないといけない国柄であるらしく、何もしていないと自他ともに犯罪をでもおかしているかのように思わせるものがある」(3月15日)

「おそらく何よりも能率と効率を優先した日本社会から見た場合、この西欧社会は生活上のシキタリと伝統を優先している、古く滑稽なるヨーロッパとしてみえるであろう。しかし生活の充実感とはつねに食生活をはじめとして古く滑稽なるものである」(9月8日)

ヨーロッパで読むからこそ実感出来る作家の心情。
30年前も今も変わらんなあ。

今は「世界の歴史 ヨーロッパ中世」読書中。
b0178006_15373374.jpg

これも地理が分かるだけに楽しい。
今回持ってきた本は正解だったな!
by kyokokyoko0504 | 2011-08-19 15:43 | おでかけ