<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2日目の午後あたりから青空が見えてきたMadesimo。
3日目はもう、これ以上ないくらいの好天でありました。
b0178006_124319.jpg

イタリアのスキー場はほとんど音楽がかかっておらず、日本と比べたら静かな環境(イタリア人の話し声だけがうるさい)なのだけど、それでもこれだけ四方を雪山に囲まれたら、何もかもが吸い込まれて行くような感覚に陥りましたよ。

悪天候のスキーと好天のスキー。
なんて別物(>_<)

日本人は少ない休みの中で滑るのが染み付いているから、どんなに悪天候でもリフトさえ動いていたら滑りにいくけど、イタリア人はたいてい1週間は滞在。
お天気が悪ければムリはしない。
そんなとき何してるのかは知らないけどね。

そしてこんなお日様がまぶしい日には日光浴をしている人達がいっぱいいましたよ。
b0178006_194391.jpg

b0178006_111434.jpg

そんな中でこの毛皮のシニョーラ。
b0178006_112471.jpg

足下は金色のD&G。
実はこんな毛皮を来たおばあちゃんが本当にたくさんいて、彼女たちはここにスキーにくるんじゃないんだな。
リゾートにきてるのね。
日本にはちょっとない光景でした。



今回はムスコの友達をふたり、フランクフルトから呼んで行ったのだけれど、やっぱりもう中学生。
親と行動するより友達と一緒の方が楽しいですよな。
3人とも生き生きと滑ってました。
普段運動不足になりがちな海外生活なので、こうやって年相応に動き回っているのを見ると、こちらも安心しまする。

ムスコ3人と記念撮影。
b0178006_5211535.jpg


みんな怪我なく元気で帰って来れて一安心。
ちなみに、帰りはきっかり2時間半で帰宅しました、とさ。


人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-12-31 01:22 | おでかけ
さて、初アルプス。
日本から見たら、アルプスでスキーなんて、なーんて贅沢。
(でもここじゃ地元感覚)
朝から歩いて100mほどのところにあるゲレンデに向かい、道具を借りて、リフト券も通しで買って、と準備万端。

なんだかレンタル料もリフト券も安い!!

4日間でレンタル料が€50。
リフト券が€100。

さすがヨーロッパ、長期滞在を基本にしている料金設定でございました。

そして嬉しい事に、ここのリフトはちゃーんと座るタイプ。

そうそう、こうでなくっちゃ♪


ホテルを出た時から、この日はあいにく小雪混じり。
気温は−5度くらいだったかなあ。
ゴンドラに乗って、その先のリフトに乗ってたら……



さーぶーいー!!




アルプス舐めておりました。
−10度くらいかもしれないけど、風が吹いて、体感気温は−20度。
鼻の中も凍ってたよ!!

リストランテのドアにもこんな模様が。
b0178006_0521387.jpg

何もかもが凍り付いておりまする。

濡れてもないのに、手袋の指先がじんじんとしびれてきて、ああ、こうやって凍傷ってかかるんだ、と妙にリアルに感じられる、この冷たさ。
やばい。
さっさと降りないと。
とにかく滑って身体あっためて、とがんばって、地上に戻ったら速攻手袋買いにLet's go! f(^^;
日本の氷点下になるかならないかの場所で売ってるものじゃない、本物の防寒具が売ってるでしょ、ということで。

しかし、イタリアのスキー場ってどこもそうなのか。
スキー場価格じゃないんだけど、普通にまともなものが売っていて、高い高い。
ウエアもブランドものばっかり。
それでもなんだか買ってしまう、リゾートマジック。

とてもはめ心地がよく、機能性にもすぐれた黒い革の手袋をゲットいたしました。
ダンナもゴアテックスのを(化学系崩れなので、ゴアテックスに弱いらしい)。

ドイツとは違って、イタリア人はモンクレール大好き民族。
猫もしゃくしもモンクレール。
ちびっこもモンクレール。

さすがですな。

人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-12-31 00:58 | おでかけ
キチガイじみた働き方をしているうちのダンナが、執念でとった冬の休暇。
ミラノから遠くない、同じロンバルディア州のMadesimoというスキー場に行ってきた。

ミラノから2時間半ほどだということで、昼前に出たら、午後から滑れるかな、ぐらいの感覚で出かけたのだが、到着予定あと20分くらいのところで、どんどん雪道に。

そしていきなり一面真っ白の世界に。

ここは……



ゲレンデ




またもややられましたよ、TomTom(カーナビ)くんに。
去年と同様、どうやらこいつはあくまで夏仕様
雪道?そーんなものしーらない!とばかりの無茶ぶり。

もうそこまで来ているのに。

もうすぐ滑れるはずだったのに。

でも。

去年の轍は踏まないぜ!!

ダンナも学習したんでしょうな。
これは無理だとあっさり諦め、結局ぐるーーーーーっと迂回して、今来た分くらいの距離は走って、山をいくつ越えたでしょうね。
途中、湖は凍ってるし。
b0178006_0274074.jpg

どう見ても、ここもスキー場。もうここでいいやん(>_<)と泣きが入るところも過ぎ。
5時間かけてなんとか辿り着いたときは、もう夕暮れ。
その日はそれで終わってしまったのであった。
b0178006_0292027.jpg



人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-12-31 00:30 | おでかけ
本日、エージェント(プロ)がアポイントを取って行ったにも関わらず、ダンナのペルメッソの手続きは相成りませんでした。

理由は



「担当者がvacanzaにて不在」のため。



もういいよ。
イタリアVISAもいらない。
ドイツVISAのままでいい。
そしたら日本にも帰れるし。



ダンナ、年始からまた日本なんだけど、イタリアVISAを貼ってしまったパスポートで、無事出入国できるのかしら(>_<)


人気ブログランキングへ
b0178006_3104852.jpg

明日からミラノから北に130kmほど行った所に、スキーにでかけます。
帰りは28日。
もしスキー場からUPできたらしますね。

ではみなさまステキなクリスマス&ウインターホリデーを。

Buon Natale !
Frohe Weihnachten !
Joyeux Noël !
Merry Christmas !



人気ブログランキングへ
明日からスキーに一緒にいくムスコの友達(from frankfurt)をpick upに、初めて空港までクルマで行ってきました。

ナビがいうには所要時間30分強。



現実はーーー1時間半



強烈な渋滞

強烈なドライビングマナー

強烈な二重駐車


御堂筋も真っ青。
なんでそこで停められるのか、その神経がワカリマセンな。
ジコチュウイタリア人の真骨頂?!



一応、どこにもぶつけず、どこもぶつけられず帰ってきましたけどね。


ああ、疲れた


人気ブログランキングへ
秋口にZARAで見かけたワンピース。
編んでみようと糸を買ってtry。
b0178006_19424992.jpg

(紺色のはもふもふスヌード用)
ただ、時間が経つと記憶が〜

スカート部分が二目鹿の子で、身ごろが四目裏表格子だったのは覚えているが、襟ってどんなんだっけ?
袖ってどうだったっけ?



ま、いっかf(^^;



出来上がりはこちら。
b0178006_19491720.jpg

さすがにミニ丈なので、ジーンズとあわせますがね。

これを制作するにあたってのワタクシの編み図。
b0178006_19504575.jpg

これは編み図とはいいませんねー。
これはただのメモですねー。

でもね。

イタリアの編み図。
b0178006_19522511.jpg

いやーん。
ワタクシってイタリア化?!

こんなんなので、とてもとてもヒト様にお教えする事なんぞ、できませぬ〜

編み物&料理。
あまりにも適当すぎ。


人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-12-22 19:58 | ちくちく
ダンナのはめでたく取得出来たそうな。
9時のアポイントで、終わったのが14時過ぎ。
フランクフルトだけど、イタリア時間なんかね?

これで今年中にPERMESSOの申請をする予定。

ダンナだけね。




ワタクシとムスコのは……




先に労働ビザ持ってる人だけ申請して、家族のを後回しにすると、家族の分はものすごーく取得に手間取るという噂を聞いた事があるんだけどなあ。

家族で移動してきたら、家族いっぺんに申請した方がすんなり手続きが進行するって、聞いた事あるんだけどなあ。

エージェントがこう動いてるんだから、仕方ないけど。

自分でやってないんだから仕方ないけど。




ああ、不安だ……


人気ブログランキングへ
やったー!!!ドイツのCOMERZBANKから、海外送金できるようになった!!!



うれしい(T_T)




これで道行く人がみな追いはぎに見える恐怖の中、大金を運ばなくて済む〜



なんたってイタリアのATM、1回に250ユーロしか引き出せない。

かつ、1日に引き出せる限度額が1000ユーロ。

ムスコの学校の授業料(1ヶ月500ユーロ×3ヶ月分)を2日に分けておろし、それも4回もカード突っ込んで引き出してるのを、それ専門のヒトが見たら、その時のワタクシって、間違いなくカモよ〜(>_<)

あーあ、ドイツでクレジットカード作っとけばよかった。
そしたら現金引き出さなくて済んだのにさ。

ドイツは銀行のデビットカードがどこででも使えたから、そんなこと思いもつかなかったよ。



それでも大きな進歩だ


人気ブログランキングへ
ようやく発送しました。
日本にはクリスマスには間に合いませんな……

今年はポストカード状にしました。

ドイツからだと1枚1ユーロ
イタリアからだと1枚85セント

同じユーロ圏内で何で違うの?!

ドイツの+15セントは確実配達料かしらんf(^^;



今年のクリスマスカードは街の印刷屋にお願いしたのだけれど、150枚で50ユーロ!安い!!
これも全てイタリア語のできる友達に連れて行ってもらって、注文までお願いしたから実現した事なんだけどね。
来年は自力で出来るかね?

実はこのカード、
「翌日の午後には出来るから」
と言われ、余裕を持って、翌日の午後5時に受け取りに行った。

「昨日150枚の印刷を頼んだんですけど〜」という台詞を、口の中で何度も何度も練習して、いざ店へ。

結構並んでるからしばらく待つ。
お兄ちゃんが「シニョーラは?」と聞いてきたから、練習通りの台詞を言う。

「ああ、彼がやってるから」

そう顎で、昨日ワタクシの注文を受けてくれた社員を指し示すから、ここは受けた人が引き渡しまで責任もってこなすのね、と理解し、しばらく待つ。

その担当者、ふいに姿を消す。

ずっと待つ。

ずっと待つ。


1時間待つ。



「ああ、シニョーラお待たせ〜」とカードの束を持って、彼が扉を開けた。




あんた、裏で、今、コレ、切ってたでしょ?!



ここはイタリア。
日本のようにあれをして、次にこれをして、と分刻みでスケジュールをこなすなんて、ムリムリ〜
やろうと思うとイライラして、お肌によくないわ。

しかしだね、これ印刷してカットするぐらい誰でもできるやん!!
あたしゃ、一番わかりやすいデータ入校してるんだからさ!
サイズも指定してさ!!


もう1週間も前の出来事だけれど、やっぱり書かずにはおられなかったのでf(^^;

ま、仕上がりには満足してますよ。
綺麗な色で出たしね。

少なくとも引き渡しを30分後、1時間後、とずるずるに伸ばされた写真印刷の出来よりは、100倍よかったね!!


人気ブログランキングへ