<   2010年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

先週の土曜日、切らしていたプリンターのインクを買いに行った。
50ユーロ強なり。インクのレフィルってなんでこんなに高いのか(-_-)

「なあなあ、この金額払うんやったら、新しいの買わへん?」

ダンナが指差した新品のプリンターたちは100ユーロしなかった……

どうしてインク代と本体+インク代の差が40ユーロくらいしかないの?!
プリンターって5000円くらいで出来るものなの???

不思議で仕方が無い。

日本から持ってきたプリンターはもう5年以上使用しているもので、インクののりもイマイチになってきている。
ここが変え時か、と思い購入する事にした。

去年なら「日本で使えないし、なるべくドイツでは家電は買わないようにしよう」と思っていたのだが、なんだかそんな枷も外れつつある今日この頃。
新しいプリンターにはカラーコピーもスキャナー機能もついているじゃない!
でも購入にあたってふたりの意見が一致したのは

「ワイヤレスがいい」

だった。
うちはノートパソコン3台使用の家なので、プリントアウトするときにプリンターを持ってきてケーブルで繋いで、とやるのがはっきりいってめんどくさい。
そういう目で眺めると、なんだかないのよね、WiFi搭載。

HPともひとつアメリカのメーカー(忘れた)のぐらいで、ずっと使っていたCanonにはない。やっぱり信頼の日本ブランドがいいよなあと思って隈無くさがしたら、Epsonので1種類だけWiFi搭載のがあった!!

ということで購入決定。
Canonよ、ひとりユーザーを減らしたな(-_-;

そして使用感といえば、

やっぱりワイヤレスはいいわ〜♪

例えて言えば「テレビのチャンネルがリモコンになったときの快感」でしょうかね(^^)
ストレスレスだわ、スキャナーのデータは自動的にMacのピクチャフォルダーに送られるわ、で満足満足でございます。
これはよいお買い物をいたしました。


しかしEpsonよ、20カ国の言語表示が出来るくせに、中国語もハングルもあるくせに、どーして日本語はないのかね?!
明日から三日間、ベルリン+ライプツィヒ+ドレスデンに行くことにした。
ムスコは修学旅行で行く事になっているけれど、このままだと親ふたりは「首都」に行かないままでドイツを離れそうで。

でもまあドイツだし、あまり期待せず一応行っとくか、ぐらいな気分だったのだが、いろいろ調べてみたらさすが首都、一地方都市のフランクフルトとは規模が全然違うよう。
一気に楽しみになってきた。

やっぱり一番はMitte地区かなあ。若いアーティストのアトリエとかギャラリーとかショップとかが集まってるみたい。もともと旧東ドイツに属していた地区なので、建物も西側とは違うらしいし。
まだまだ東の匂いが残っているか?

何年か前に坂本龍一が住んでいて、彼に「NYより今はこっちの方が面白い」と言わしめた都市。

外国人が多いフランクフルトとは比べ物にならないくらい「今のドイツ」なんだろうかね。


ちなみにワタクシが1年間習ったドイツ語の先生、最初の自己紹介で「ベルリン出身です」と言われたのだが、それが全く分からなかった!
ドイツ人の発音だとべありんに聞こえる。
rもlも一緒の日本人。日本語の「ベルリン」と言ってもきっと通じないんだろうなあ。
by kyokokyoko0504 | 2010-07-29 18:59 | おでかけ
舌切り雀の

つづら

が届いた!!!
もちろん正直じいさんの

きゃーーーー!!!宝の山だわ!!!
ホントにキラキラ輝いてるよ。
思わず亀田製菓の「つまみ種」開けて食べちゃったよ(^^)あービール呑みたい。
どうしてこう日本のおやつは美味しそうなのかねーーーココナッツサブレもなんて久しぶり♪キシリトールのど飴も。あー日本のおやつだ〜

ちゃんとムスコが帰ってくるまでとっとかないとヤバいなf(^^;


Aコちゃんありがとーーーーー!!!(>_<)
カット&カラー

なかなか染まりづらいワタクシの髪。ヘアサロンに行くのは一日仕事になる。
ただ気が重いのは長時間拘束ゆえ、だけでなく、あの大きな鏡の前に座り続けないといけないのが、何の罰ゲーム?!って思っちゃうf(^^;

ぎゃー腕太い!腹肉すごい!!顔焼けてる!!!顔の形がヘン!!!!

まあ出るわ出るわ。現実を突きつけられる感じ?(>_<)

走っているので下半身はマシ。なので立ってる方がまだごまかせる。
でも上半身が……あーあどうやったら痩せるんでしょうねぇ。

さすがに何時間も座ってたら目も慣れてきて、終わる頃には何とも思わなくなってきて、仕上がりは綺麗な髪になるから、気分の収支決算は+なんだけどさ。

紫外線で焼けてきんきらきんになってたのを染め直し、痛んだ毛先をカットし、すっかり秋モード。

本日も最高気温20度に届かず。

本格的に夏は終わったようです。
友達から借りたマンガ15巻を一気読みした(^^)

「ホタルノヒカリ」というもの。
内容はザ・少女マンガ!
でも掲載誌がOL向けなので主人公がちと年くってて27歳。
しばらく恋愛してなくて「干物」と称されている彼女の干物からの脱却ストーリー?なんだが。

いやね、久しぶりにマンガ読んだんだけどさ。
主人公が二人の男から愛されるなんて、まあ王道。
だからこそいいんだけど、途中から年下の男のコが脱落してからは、読んでてテンション下がっちまったよf(^^;

しかし一番の下がってしまったポイントは

そんなちゃらちゃら働けるかっ!!

てなところかね。勿論マンガなんだからお洋服は大事だけどさ。見かけより精神的なところで。
こういうイベント企画会社で、そりゃ現実でもきちんとした格好されてますが、しかし毎日もっとヒサンよ……
徹夜徹夜アタリマエだしさ。
女子で男並みの成果求められたら、「働きマン(安野モヨコ)」のようにオヤジ化するって(-_-;

なんかリアルな世界を知ってるとダメだね。わかるわかるってな具合にはいりこめないわ。

そしてそして、何よりも。

15巻の連載マンガの最後のページが左手薬指指輪って……

何?今でも結婚て少女マンガの世界じゃゴールなわけ???

信じられない……

なんかさ、マンガ全体のネームのレベル落ちた?

おまけにこのとき主人公の年齢はいいけど、相手の年齢のこと考えると、この先どうすんの?仕事続ける前提のような流れだけど、子供つくんの?そんなど田舎からどうやって都心まで通勤するわけ?保育園は?港区のマンションに結局移るの?etc……

真剣に考えるのがバカばかしいことは100も承知。

でもさ、リアル生活を題材にするんだったら、粗がめだってしょうがないよ。真剣味がないというか。
ワタクシ自身はマンガはコスチュームプレイがもともと好きだったから、リアルじゃないストーリーの方が空間が膨らみますがね。

しかーし、こういうダメだしするのは、ワタクシが年老いたから?(-_-;

昨日夜中の2時半まで読んじゃって、なんだか眠い朝です。
by kyokokyoko0504 | 2010-07-27 17:57 |
ムスコはサマーキャンプに元気に旅立ちました!

送って行くつもりだったんだけど、一緒に行く友達のご好意に甘え、連れて行ってもらいましたよ。ま、去年と同じところだし、親も子も安心感が全然違うからね。

2週間ドイツ語と英語とテニスとアクティビティに浸かってきてくれ!!!

(出来うることならば、カワイイ女のコに一目惚れでもして、英語に対する意欲が深まれば直よし(^^))

&ダンナもまたミラノに旅立ち、きゃー、ひとりっきりです。

何しよう?とりあえず長風呂♨に入ってこようっと。
先日セールで60%offとかになってたサンドレスを買った。

Marc O’Poloというドイツのアパレルメーカーの。
(調べてみたらスェーデンブランドだった)
画像がなかなか貼付けられないので、一応サイトはこちら

あちこちでみかけるし、質はよさそうだし、アウトレットにも入ってるんだけど、いかんせん「ドイツブランド」。
ヤツらは170cm以上!
体にあうはずがなかろうと今までスルーしていた。
でもセールだしちょっと冒険してみるか、と思い。

ところがやっぱり実際着てみたら、大きい。
(もちろん試着はした)
でも何が大きいのかはよくわからん大きさ。
(なんとなく大きい)

うーんうーんと悩んだ末、肩ひもの縫い合わせをほどいて5cmくらい縮めて、と自分でおなおししてみた。

ワタクシ、こう見えてめちゃくちゃブキッチョであります。
アイロンがけしたら皺作るしね。
だいたいお針なんて大の不得手。
今まですべて母におまかせだったけど、ここじゃどうしようもないから自らこわごわやってみたら。

あら、ま。よくなったじゃない(^^)

今まで161cmと170cm以上の差は、手足の長さ、だと思ってたのだけれど、どうやらバストから肩までの長さにも関わってくるらしい!(アタリマエ?)

肩を縮めたら全体的にしっくりくるようになって、すっごく緊張しながらハサミをいれたかいがありましたよ!!

でもこれってきっとデザイン的には膝上のスカート丈なんだろうなあ。
まあ膝下で優雅な感じにはなってるけど。
どうしよう。スカートも詰めるか???

ミシン使わないで自分の手だけで縫うのは、それなりに楽しいもんですな。
by kyokokyoko0504 | 2010-07-24 00:56 | ちくちく
無事合格しました〜

久しぶりに試験なんてものを受けたけど、合格すると嬉しいもんだね。
まあ、ワタクシのドイツ語キャリアはこれにて終了だけどさf(^^;

あともうちっとがんばってみたら、随分と違うんだろうなあ。
惜しい気もするが、こればっかりは。

ムスコにバカにされずにすみまする(^^)
by kyokokyoko0504 | 2010-07-22 21:13 | ドイツ語
妙に涼しいっす。

昨日はまたもや39度とかに温度計もなってたのだが、夜にものすごい嵐がやってきて、暑気を追っ払ったようで、今日は25度程度。
朝も涼しー

ミラノのダンナは「アヅイ……」と泣いていたが。

これがフランクフルトの家にはクーラーがなくて、ミラノの家にはクーラーがある所以かしらね。

もうすっかり初秋めいてるよ(-_-;
「夏至が来るのがコワい」と言ってた人がいますが、確かにドイツは夏至を過ぎれば、もう日の長さは日々短くなり、後はあの冬がまたやってくるその足音を背後に聞く、というドキドキ感。
おそろしやおそろしや。

来週からのムスコのサマーキャンプには、やはりパーカーとウインドブレーカーは必須だな!
ムスコが夏休みに入り、毎朝のお弁当がなくなったのはいいが、これが夏休み?って感じでちっとも嬉しくない。
だってワタクシにはちっとも関係ないもん。

ダンナはまたミラノに行ってしまい、朝からYOU TUBEとゲーム三昧のムスコを見ていると、イライライライラ∞
午後からは塾の夏期講習に行ってしまうけどね。

やっぱりどこかに行かないと、夏休みな気がしないのかしらね。

ということは、今年は夏休みナシか(-_-)
仕方ないから「ここはバカンス地」だと思い込んで、普通にサンドレスとか着て生活してますよ。
日本からみたら、ここも外国だ!!(←ヤケ)

みんなさ、コートダジュールだベネツィアだギリシャだクロアチアだトルコだ、とあちこち行くのよ。そんな話を指をくわえて聞いておりまする。
どうしてよそのご主人は、そんな長期のお休みがとれるのかしら???
というか、どうしてうちのダンナはこう休み無しで働かなきゃなんないのか???

摩訶不思議でございますな。