<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

b0178006_21443328.jpg

軽く洗ってアイロンかけて日本に送らなくっちゃ。
さあ次はどうするかな?
久々に自分のも欲しくなったな。
by kyokokyoko0504 | 2009-09-29 21:46 | ちくちく
ずっと壊れて水漏れしていたヒーターの工事が本日決行。

こちらの暖房は、日本で売られているオイルヒーターのお湯バージョンが各部屋に付いていて、お湯の熱で部屋をあたためる仕組み。
b0178006_2101456.jpg

「朝一」に来るから、ということだったのでダンナにも待機してもらってたら、9時過ぎても音沙汰なし。
ちなみにドイツの朝一は、ほぼ8時。

不動産屋に電話したら「アポはオーナーがとってるから、オーナーに聞いてみてくれ」とのこと。
仕方ないから階段のぼって、上の階に住んでいる大家さんの玄関のチャイムを鳴らしても、うんともすんとも。

いいひんやん……

超絶にイライラが募って来たとき、ようやく修理屋到着。
9:30。
同年代くらいの人と、若い兄ちゃん。見習いか?

あーだのこーだの言いながら、かんかんかんかんやっていたが、痛んでいるつなぎ目が取り外そうにもなかなかとれないらしく一苦労。
最終的にはのこぎりを取り出し、カット。
パイプを外してしまったら

「必要な部品を取りに行くので」

とふたりで出て行った。

当然下のクルマに部品を取りに行くのと思いきや、ぶるんとエンジン音。

は?

どうやら必要な部品を買いに行ったらしい。

何のための下見&見積もりやねん!!

時すでに10:00。
ダンナは10時出社の予定だったのだが、もう少しのばしてもらうよう連絡。
「ドイツじゃ時間通りに事は運ばないものだから、出社は10時以降だと思っておきます」とあらかじめメールが来ていたらしく、ご想像通り遅れます、と電話したはりました(-_-)

そして、待てども待てども帰ってこない。
どこまで買いに行ってるんかい?!
IKEAの隣のホームセンターだったら往復30分で帰って来れるわ!

さすがにこれ以上はムリ、とダンナが腰を上げたところで再びクルマのエンジン音。
11:00。
持ち込んだのはステンレスのパイプ一本。
それだけのために1時間のロス!!
仕事は、まあ着実に、ワカモノにひとつひとつレクチャーしながらやってる感じだった。(だってドイツ語、何言ってるかワカリマセン)
そこんとこはよしとしよう。
新しいパイプも装着完了し、ちゃんと作動するか確認のため、閉めていたバルブを開けて親方が(何か取りに?)クルマに戻ったとき

ぷしゅー!!

パイプのつなぎ目から真っ黒い水が噴き出してさあ大変!
ワカモノはあたふたしながら親方を呼びに行き(口笛ならしてた)ワタクシも雑巾を取り出したが、強力掃除機で吹き出た水は吸い込んで、また一から作業し直し。

はあああ。いったいいつになったら終わるんだろう。おなかすいたんですけど。

12:00ごろ大家さん登場
「もう終わる頃かと思って」
終わりませんがな。終わり見えませんがな。
大丈夫だから、なんて安請け合いで彼は帰って行き、修理屋ふたりは、またあーでもないこーでもないと言いながら作業続行。

ようやく2度目のテストで水漏れのないことを確認すると、いきなりずかずかとワカモノがリビングルームの奥にやってきた。
え?何?
どうやら奥にある別のヒーターのダイヤルを回しに来た模様。
そして台所からバスルームから寝室からあらゆるところのヒーターをONして回る。
何も言わずに。

そりゃこちらはドイツ語わかりませんよ。
でもひとことヒーターつけに各部屋に入りますね、と言えよ!
日本人じゃありえないな。

なんだか最初は暖まらなかったようで、「今何番だ?」「2番です!」「5まで回せ!」などと怒鳴り合ってるうちに、徐々に熱くなってきて、これにて工事終了。
13:00。
半日仕事だったな。

「壊したのは我々なのだから100%負担しろ」と言ってくる大家に
「確かに壊したのは我々だが、もともとこんなに不安定な状態であったんだから、うちが100%負担するのはおかしい」
と反論した結果7:3になった経費負担。(ワタクシたちが7)
結構なかかりだった人工代、これが時間割りで請求されたら腹立つなあ。

そして予想していたが、当然ヒーターは全部つけっぱなして帰って行った。
寒くなったし、今日からヒーターON?
こないだ秋鯖の塩焼き定食を食べる夢を見た。

どんだけ飢えてるのかねぇ。
替わりにと言ってはなんだが、いつも行くスーパーも、金曜日には食べられる魚があると友達に聞いたのでシャケを買ってみた。

匂いもなし。

よし。ホイル焼き♪
b0178006_4485033.jpg

マッシュルームとタマネギと人参と茹でたジャガイモをプラスして、バター落としてオーブンで30分。ポン酢かけていただきました。
脂がのってて美味しかったよ!

ちなみに先日から干してたごぼうはこうなりました。
b0178006_4513687.jpg

今日はものすごくいいお天気。
ドイツ語の先生が「ラジオで聞いた」とおっしゃってたのには、今ロシア上空に寒気団があって、それがずっと居座ってくれると、今年のドイツの10月は、めずらしくいいお天気になるかもしれないそう。

頼むよ寒気団!!ずっとそこにいてくれ!!!

空が高くてからりと晴れ渡るなんて、ああ気持ちいい。

でもなんとなく小春日和な雰囲気なのは、太陽の高さが低いから?
とても日本の11月の日差しのイメージです。

とうとう今日のドイツ語で「分離動詞」出現。
わけワカリマセン(-_-)
水曜日のドイツ語のレッスンはネイティブの先生。
当然授業はドイツ語と、補足で英語を使って行われる。
一番最初の授業のときに

Sprechen Sie English?

と聞かれた。つまり

Do you speak English?

こう聞かれると日本人はたいてい「えーーー話せませんよー」と答えるのだけれど。

これって海外にいると、日本で「話せない」というのとは違う意味になるような気がする今日この頃。
日本人にとって「私、話せますよ」ということは「ぺらぺらしゃべれる」という意味合いになるんだけれど、別にそんなレベルは必要とされていないような気がする。
それよりも「英語ムリです」「日本語しか話せません」というと、なんだか、ドイツ語も当然わからないで、どうやってこの国でコミュニケーションとるつもりなんだ、ってあきれられてるような気がする。
学校でテストを受けるのじゃないのだから、知っている限りの単語並べて、なんとか意思疎通を図るのでないと、ドイツに住んでいながら、結局日本人だけの小さい村に住むことになりそうで。

約20年ぶりくらいに英語が身近にある状況になって、本当に最初はあっぷあっぷで、身体ががちがちに固くなるほどだった。
ダンナから「英語になると人格が変わる。日本語だとぼわーんと話すのに、英語になると妙にハキハキ話す」と言われ、そういえばそうかもと。

そして、なんだかそこまで身構えなくてもいいかも、なんて最近になって思うようになった。

だってワタクシは母国語でも「話す」ことは得意じゃないんだし、「書く」ことの方が100万倍ラクチンな行為なんだし、それなのに別言語になっていきなり立て板に水のように「話す」ことができるはずないんだし。
勿論仕事をしていて、なにがしかのプレゼンテーションをしなくてはならない状況であれば、話せないとお話にならないだろうけれど、ラッキー(?)なことに今は無職の日々。別に無理にこちらから話さなくったって、相手がしゃべってることを聞いて、それに対してどう思うかを伝えればいいやん、と、ちょっと開き直り。
確かに耳は慣れてくるからね。

ドイツ語はわからないんだから、一応コミュニケーションを取るスキルとして英語は持っていますよ、というアピールのために。
この国での生活に馴染もうと思ってますよ、との意思表示のために。

Ich spreche English.
(I speak English.)
b0178006_22511582.jpg

この時期にしか呑めない、完成前のワイン。
発酵中で、軽く発砲しているので蓋ができない。持ち運びも立てたまま。味はリンゴジュースみたい。甘くて本当に「ジュース」なんだけど、アルコール度数は11%あって、それなりにワインです。

そういうものがあるとは話には聞いていて、こないだハウプトヴァッへでワイン祭りがあってたときに一杯だけ呑んで、その後ずっと探してたんだけど売ってなかったのが、いつもいく農園で発見。

ちなみにこのときにカード紛失発覚……

一応カードのけりもついたからドイツの秋ならではの酒を堪能。
巻いていないロールキャベツ(だってめんどくさかったから)になかなかあいましたな。
昨日買い物に行ってカード決済しようと思ったら、

ない

えっ?どうして??

とりあえず現金で払ってクルマでつらつら思い出すに、どうやら土曜日に銀行のATMでおろした際に、カード取り忘れたらしい。
それ以降には使っていないし。

こっちのカードはデビットカードのようなもので、銀行口座に残金があればカード決済ができるしくみ。クレジットカードとは違う。
使用の際にはPINコードを入れるから、なかなか他人が使うのは難しいのだが。
それでもカードだ。

大急ぎで自宅に戻り、ネットでドイツの銀行の開店時間をチェックしてみたら、だいたい4時前後まで開いてる、とのこと。
そのとき3:45。
銀行のパーソナルデータやパスポートやらをリュックに突っ込んで、土曜日に行った銀行まで自転車を飛ばしてドアを開けたら

月ー木は13時まで。


ありえへーん(>_<)

再び帰宅。
コメルツバンクのサイトのコンタクトのページを開けてみたら、カード盗難もしくは紛失の場合の電話番号が書いてある。
この際、電話がどうのこうのと四の五の言ってられない。
意を決してプッシュすると、延々ドイツ語の留守電。

わからへんっちゅーねん!!

多分何番を押せとか言ってるんだろうな。
口座番号を用意しろって言ってるのはわかるけど。

あきらめてメールで紛失したから止めてくれ、新しいカード作ってくれって送ったけど、なしのつぶて。
電話じゃ夜10時まで対応って書いてるやん!!

しかしここまでやったらもうどうしようもない。
腹をくくって出張中のダンナに連絡。

あーぼろかすに言われるんだろうなぁ。

とびくびくしながら電話したら、それほどでもなく、以前に銀行で会ったコメルツバンクの担当者のメールアドレスを転送してくれた。
オンラインバンキングで口座状況を調べてみたら、悪用されている形跡はなかったので、一安心。

担当者にもう一度、カードを紛失した旨メールを出し、止めてくれるよう、新しいカードを作ってくれるよう依頼。

このときすでに午後11時半。

翌朝、サイト経由のレスはやっぱりきてなくて、いらいらしてても仕方ないから、ムスコを送り出した後洗濯物を干して、5km走りに行って、帰って来たら

レスがきたー!!(T_T)

昨日夜中に出した担当者から、止めたよ、新しいカードオーダーしたよ、と。
ドイツ人、仕事早いやん!
ありがとーありがとーありがとー

ああこれでやっと気分が落ち着いた。



しかしなんで忘れたかな………

鍵とカード。最重要。
起きたら7:10だった……

日本の皆様はただいまシルバーウィークまっただ中でしょうが、ドイツじゃ普通のど平日。

どーしよう!!と頭はパニクりながらも行動は妙に冷静。

当然まだ寝ているムスコに声をかけ、ご飯の鍋を火にかけ、冷蔵庫から生姜焼きを作るべく豚肉を取り出し、パンをあっためるのにオーブンの余熱を開始し、と我ながらまるで流れ作業。
どう考えてもバスの時間に間に合わないから、学校まではクルマで送って行くことにし、なぜかぼんやり椅子に座ってPSPを磨いているムスコ(怒)に雨戸は開けさせ、お茶の用意をして朝ご飯出して、お弁当詰めて、7:55分にはクルマに乗り込み、無事学校へ。

久々にやっちまったって感じ。
完成♪
b0178006_2101236.jpg

耳ゆがんでるけど、顔斜めってるけど、ご愛嬌。
by kyokokyoko0504 | 2009-09-20 19:08 | ちくちく
ちくちくしながらのお供。



ライブってかっこいいね!
行きたいなー