<   2009年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

土曜日に韓国系スーパーで米を買うついでに、冷凍ケースを見たら、あったあった牛肉の薄切りと豚肉の薄切り
以前アメリカに住んでいた友達が「焼き肉食べたいときには、韓国食材店で冷凍の肉買ってた」って言ってたのをワタクシは忘れないわ!
でもなかなか見つけられなかったのだが、こんなとこにあるやーんとお買い上げ。
家で「りんご」「ねぎ」「にんにく」のすりおろしと醤油、みりんのたれにつけて丸一日。
2ヶ月ぶり以上の焼き肉!!うっれしいな♪
b0178006_20195283.jpg


土曜日はそのスーパーの隣のワイン酒屋にも入ってみて(ほとんど倉庫のようなもんだったけど)いろいろ試飲して二本お買い上げ。安い!!日本で買ってるワインて、かなり税金を呑んでるのよね、きっと(涙)
今回は白だけだったから、次回は赤もいってみよう。
店のおっちゃんがやっぱり2mくらいあるような大男なんだけど、なんだかフレンドリーであれやこれや勧めてくれ、あまつさえ最後は「よい週末を」なんて握手してきたから、ダンナはびっくり。こんな待遇をドイツの店でされたことはないって。

いや、ワタクシは毎回かなりこんな感じなんですけど(おっちゃん限定)……

うちに来たサービスマンはみんな帰り際には握手求めてくるし、「Have a good day!」て普通に言ってくるし。女性には優しくかな?(笑)
金曜日のグリルアーベントレポ。

ホームステイ先のSchwalmstadt(シュバルムスタット)には渋滞に巻き込まれたりしたので、結局2時間ほどかかって到着。

すっごいイ・ナ・カ。

そりゃここから来るコがフランクが大都会だって思って、女の子がショッピングセンターで服買いまくるのもわかる。メイン産業は農業だろうし、店なんかないし。
でもとても素敵な景色だった。小麦なのかジャガイモなのかわからないけど、果てしなく続く丘陵の畑にところどころ赤い屋根の家がぽつぽつと建って。
高速から眺める景色の場所におりたつだけで、いい経験だったと思う。

相手校のシュバルムギムナジウムは創立100年の伝統校で、ドイツでギムナジウムに通うコっていうのは、この先大学受験を目指すコたちばかりだから、みんなそれなりにお利口さんで、ちゃんと英語でコミュニケーションとれるみたいだった。
ムスコのパートナーのFelixは写真通り、とってもかわいくって、ムスコよりもっと小さくて、顔はんかゆで卵みたいだった。
b0178006_19484692.jpg

ハニカミボーイぽかったけど、ムスコに言わせると、遊んでるときにはかなりエキサイトするタイプだったらしいから、シャイなのは見知らぬ他人に対してだけか。

食事は向こうのお父さんたちが肉やらソーセージやら焼いてくれて、それをパンにはさんで食べたり、各家庭でサラダを作ってきてくれているのがテーブルにずらりと並んでいるからそれを各自でお皿にとって、だった。
そしてそれをお互いのパートナーの家庭同士でいろいろおしゃべりしながら食べるのだけれど、Felixママがとてもいい感じの人で、気さくでチャーミング。助かった〜
b0178006_1949696.jpg

気難しいタイプだったらどうしようってあせっていたから。
子供たちは「遊戯王カード」やら「卓球」やら「サッカー」やら「ニンテンドー(DS)」で遊んでいたらしく、全然きまずい雰囲気でもなく、楽しそうだったらしい。
彼女もゲームは嫌いなんだけどね、って言ってたけど。
ずーっと延々とやるからね。
「もうやめなさーい!」ってステイ中もストップかけてたらしい。
日本人とおなじだな。
「リュウタローはとっても静かだったわよ。だって英語もドイツ語もできないからf(^^);」って苦笑いしてたけど、それはママに対してだけだったみたいで、遊んでるときは「ウォーウォーってさけんでたけど」とウインクしながら教えてくれた。
人選がとってもラッキーだった今回のホームステイ。

来月はこちらが受け入れ。なんだか楽しみになってきたグリルアーベントだった。
always English &always smileでハイテンションキープに疲れたけど(苦笑)
by kyokokyoko0504 | 2009-05-30 19:20 | イベント
思いたって豆を煮てみた。
b0178006_212594.jpg

昨日のうちから水につけておいて、ル・クルゼに水ごと投入。タマネギとオリーブオイルを加えて、沸騰したら弱火で1時間強。
参考レシピはレンズ豆だったから2時間だったんだけれど、大豆は早く煮える。
豆が柔らかくなったらトマト缶とベーコン、前に作って冷凍しておいたブラウンオニオン、コンソメ、月桂樹の葉を加えて30分ほど煮る。
火を消して蓋したまま1時間くらい放置。(4kmほど走ってシャワー浴びて、の時間)
b0178006_2132098.jpg

で、出来上がり。
b0178006_2134295.jpg

う、うまい!!!
自分で言うのもなんだが旨いぞ、これ。
日本ではそんな気になれなくて、豆を煮たことなんぞなかったが(正月黒豆除く)、水煮の大豆とは全く味が違う!!!
すごくそぼくな味なんだけど。
ベーコンから塩気がでるから塩もいれず、ワインもいれず。
でも十分。
これは今後、豆料理にチャレンジすべきか?!
全てはムスコ次第だな(苦笑)
明日帰ってきたら食べさせてみよう♪

これからホームステイ先のグリルアーベント(バーベキューパーティ)に出発。バスで1時間半ほどだそうな。さて、ヤツはどうしていることやら(^^)
一人暮らし二日目。
昨日はいろいろ人と接触したから、今日はもういい、という気分。

昨日の夕方にはキッチンのドアの修理にサービスマンが来て、結局は蝶番を新しいのと交換しなきゃいけないから、またくる、という話になったのだが。
恐れていた通り彼はドイツ語しかしゃべれず、90%ドイツ語10%英語、残りはボディランゲージの会話で意思疎通をしてぐったり(苦笑)
いい感じのおっちゃんだったからいいけどさ。

というわけでひとり自転車でぶらぶら。
家から自転車で15分くらいのところにあるグリューネブルク公園とその先のボッケンハイム広場、そこからしばらく続く商店街が、今のところワタクシのフランクフルトでの一番のお気に入りの場所かもしれない。
b0178006_173279.jpg

b0178006_183317.jpg

ドイツではそんなに大きな公園じゃないだろうけれど、日本人のワタクシにしてみればものすごく広々とした空間で、ここで自転車を漕いでると頭がすっきりからっぽになる。家にいるとどうしてもネットにとりつかれてしまうから。
走ってる人もたくさんいるから、次こそは走る格好で来ようと思うんだけどね。

よく考えてみたらパリでも一番好きな場所がリュクサンブール公園だったから、嗜好は変わらないということか。

この公園と隣接するパルメンガルテン(熱帯植物園)のあたりが、フランクフルトでも高級住宅街だそうで、アパルトマン(ドイツ語じゃなんだろう?)が続く。
b0178006_185799.jpg

家賃高そうー

そしてこの先にゲーテ大学・ボッケンハイム広場があって、ぐっとくだけた学生の街になる。がらりと空気が変わるのが面白い。
日本からお客さんが来たらこの辺を案内してあげたい、と思うが、しかしワタクシはチャリ(苦笑)電車がわからーん!
本日よりムスコ、ホームステイに出発したため本格的に三日間の独り暮らし開始。
なんだかひとり旅モードでフランクフルト郊外になるのかな、ミュルハイムという町で蚤の市がやっていることをつきとめ、電車で行ってきた。

蚤の市情報サイトというのがあり、当然全てドイツ語なんだが、これが結構わかったりするから不思議なのである。
ここにzipコードを入れると付近の近々の蚤の市開催場所が出てくる。
ただウムラウトは文字化けするからその辺は推理なんだけどね。
住所をgoogl mapに入れて場所確認して、という作業でどんな市場なのかは行ってのお楽しみ、状態。
まあヒマなんで周辺探索の意味もこめて出かけることにした。

家から30分ほどのとこなんだが、いや、田舎だった……住宅地なんだけど、こういうとこにくると日本じゃない、東京じゃないって思うな。のどかな感じ。
まったく知らない土地を地図をたよりに、きっとどっかの広場なんだろうと見当をつけててくてく歩いてたら、"willy-brand-halle"はこっちとの矢印が出てきたときにはほっとしたよ。開催場所がFestplaz an W-Brand-Halle だったからね。

お目当ての蚤の市は、やっぱりがらくた市だった!!うーむそそられるものがない!!どうしよう、折角来たのに戦利品なしじゃ帰れない(苦笑)とひたすらぐるぐる回ってたら、こんなもの発見。
b0178006_2140298.jpg

なんかドイツっぽいじゃない。
うちにはポットいっぱいあるけど、ま、いいか。とカップひっくり返しながらみてたらおっちゃんが「全部で5ユーロでええで!(いや、大阪弁じゃないけどそんな感じだったんだよ)」と言ってくる。
「えーこれ全部で?」
「こっちにもあるんやけど、これも全部つけたるわ」
となりお買い上げ〜
欠けてるやつとかはいらないって言ったのに、どんどん詰めてくるからまいっか、と全て引き取ってきた。
でもさすがに重くて途中の公園で品調べをして、いらないのはゴミ箱に捨ててキマシタ……レストミュール(なんでもゴミ)ってすばらしい!


そして帰り道。
フランクフルトまでの切符を買おうとしたら、「ohne Umweg」と「Hanau……」2種類の表示がでてきて、大混乱!
えーわからん、でもHanauは反対方向だからそっちには行かない。ワタクシはフランクに帰りたいんだ!と泣きそうになる。

というのも「ohne Umweg」の値段が3.7ユーロだったから。
確か行きは13ユーロ払ったはず……どういうこと?!

仕方ないから近くのおっちゃんに「フランクフルトに帰りたいんだけど、どうしたらいい?」って聞いたら「フランクフルトは50番だからここ押してここ押して……」と切符の説明をしてくれ、一応無事に購入。
いえ、50番だってことはわかってました。でもね2種類ある意味が。でもってなんで3.7ユーロ??
随分混乱した顔をしていたのだろう、別のでっかい派手なサングラスかけた男の子(10代だな)が何かいろいろ言ってくる。
最初はドイツ語なのかと思ってたけどよく聞いたら英語で、どうやら「この駅は通過するから長い時間待たなきゃならない、それがいやならHanauまで行って快速にのるんだ。だから2種類あるんだよ」と言っているらしいと判明。
「Do you understand What I said?」とまで聞かれちまったわ。
ごめんねーそのキミの風貌から、ちょっと腰がひけてたのよ〜(苦笑)

ohneはwithout、Umwegはdetour、つまり回り道なし。了解したわよ。
しかーし。行きの13ユーロはどうなる?
ワタクシ、もしかして間違えた?
……
最寄り駅に帰り着き、券売機をよくよく見たら、行き先表示をきちんと理解しておらず、やっぱり正しくは3.7ユーロだった(涙)ややこしいんだよ!!今までフランクフルト市内しか切符買ったことなかったから、いつも50番だったもんで。あぁ9.3ユーロ。勉強代高く付いた!

弟からメールあり。栗本薫が亡くなったらしい。浪人時代にグインサーガに嵌り、ずっと読み続けてきたがアルド・ナリスが死んでからは興味が薄れ、そのうち完結したら一気読みしようかと思っていたのだが……とうとう「豹頭王の花嫁」を書かずに逝かれてしまったんだな。ご本人が一番無念だろう。ご冥福をお祈りいたします。

■■■
追記
グリーンのラインが入ってる方のポットの裏に「KAHLA MADE IN GDR」の表記が。
ネットで調べてみたら、旧東ドイツのKAHLA(カーラ)社のものだった。
ブルーのポット&カップはThomas社(ローゼンタールのカジュアルライン)のだったよ!拾いもんだったかも♪
ちょっと検索してみたら、KAHLA社の旧東ドイツのポット、5000円くらいで日本で売られてる。みんなこういう蚤の市でただ同然で買っ(いや、拾う?)て、日本で高値で売ってるのね!!
by kyokokyoko0504 | 2009-05-27 21:46 | おでかけ
昔から国外に出ると、どうやら日本人に見えないのか、日本語以外の言語で話しかけられるワタクシ。
20年前のパリ独り旅のときには、日本人観光客に英語で話しかけられ、家族でハワイかランカウイか忘れたが旅行したときに、3人でいるのに飛行機でスッチーから英語で話しかけられ(隣のダンナには日本語だった)、先日の当地の本屋で女の子にドイツ語で何か話しかけられ、昨日の遊園地でもお掃除のおじちゃんからドイツ語で話しかけられ、今日はゴミ収集のおっちゃんからやっぱりドイツ語で話しかけられ……
「どうだい、調子は?」みたいな感じだったけどさ。で、どこから来たんだ、と聞かれたからさすがにそれくらいはわかったから日本からって答えたら、ここには家族で住んでるのか、ここはいいな、などと英語ドイツ語チャンポンであーだのこーだの言っていた。

いや、ワタクシドイツ語ワカリマセンから!!

何?この顔が話しかけやすくて、日本人ぽくないってこと?

あーせめて片言ぐらいさっさとドイツ語マスターしたい!!!
言葉が不自由ってストレスストレスストレス∞…

◇今日の夕食◇
おくら入りジャーマンポテト
豚肉とほうれん草のソテーポン酢かけ
b0178006_2225319.jpg
日曜日は今回のプチ旅行の本命EUROPA PARKへ。
b0178006_21254537.jpg

はい。テーマパークの遊園地ですな。それもジェットコースターきちがいな(苦笑)
すごいねーこれだけジェットコースター集めて。
ワタクシはベンツ社提供のスッゲー高度のヤツにやられました。いや、もうマジで怖いって。
ムスコは嬉々として乗りまくってましたが。

なんだか休日なのに不思議とすいていて、待ち時間もどれも20分くらいですんでラッキー。途中からどんどん日差しも強くなって、なんだか夏?と勘違いするほどだった。
b0178006_2172879.jpg

ウォータースライダー系のが水に濡れて気持ちいいくらい。

ドイツとフランスとスイスの国境近くにあるこの遊園地。現地のワカモノがうじゃうじゃいた。
このへんは日本と同じような雰囲気。
列に並びながらチューしてるのもいっぱい。
でも彼らだとあんまりエッチくさくならんのはどういうことなんだろう?
日本だとちと見苦しいのだが。

本当は閉館時間ギリギリまでいるつもりだったのが、ダンナ日曜夜のフライトでフランスへ出張であることを昨日の夜に思い出し(苦笑)、ムスコは後ろ髪をひかれながら2時半に退却。ワタクシは十分だったけどね!
暑くてひとりベンチに座っていたらお掃除のおじさんに「あついねー。大丈夫かい?」(←多分)と話しかけられるし、ポカリみたいなもんかと思った栄養ドリンクを買ったときも、おじさんから「お疲れだね!」(←多分)とにやって笑われるし。そんなにへろへろに見えたのか、ワタクシ?

途中渋滞にも巻き込まれ、ちと焦ったが無事フランクフルトに帰ってきて、1時間後にはシャルルドゴールに向かってまたガラガラを引いて1週間の出張に出かけるダンナ。大丈夫なのか?!こんなにタフな人だっただろうか???

◇今日の夕食◇
鶏肉と白菜とネギのうどん
by kyokokyoko0504 | 2009-05-24 21:00 | おでかけ
土日に急遽フランスのストラスブールまで一泊旅行に行く。
ムスコがフランクフルトについて、初めて自分から行きたいと言った遊園地が目的。
ただ遊園地は日曜日も開いてるけれど、その他は「何もできない」な日なので土曜日はちょこっと観光。
たったクルマで2時間半で無人の国境を越える。
でもその瞬間からhighwayの出口標識が「Ausfahrt」から「sortie」に変化。フランスだー!と思う。
パリまで476km。
b0178006_1602854.jpg

どこまでもだだっぴろい土地が広がり、この地をずっとドイツとフランスが取り合っていたのが、なんだかわかるような気がした。
だってドイツは森ばっかりで、こんなに小麦がどっさりとれそうな土壌をみすみす逃すはずはないもの。
おまけに明るい!ちょっと南におりてきただけで日差しが違う。でもここも冬には暗く閉ざされるのだろうか?

街の中の駅名にくっついている表示も「DB(ドイツ国鉄)」から「SNCF(フランス国鉄)」に。
b0178006_16135676.jpg

とにかく街の看板が何と書いてあるのかがわかる!こんなにわからないことをストレスに思ってたんだと、我ながらびっくりした。
ストラスブールはアルザス地方の大都市だけれど、ちょっと田舎な雰囲気。でも路線電車のデザインはムスコ曰く「こっちの方がかっこいい」
b0178006_16155850.jpg

まずは有名どころの大聖堂を見学。
つい二日前にケルンの大聖堂を見ているだけに、その差が面白かった。
b0178006_16184951.jpg

時代は同じゴシックだから似ているんだけれど、石が赤っぽくてケルンより暖かみがある。
教会内も少し明るかった。
b0178006_16203216.jpg

今日はミサの時間にはかぶさらなかったからパイプオルガンの音色は聞けず。残念。
運河をボートで巡って旧市街を観光。
b0178006_1626301.jpg

ヘッドフォンでガイドが聞けるはずだったのが、ワタクシの隣の女性の巨大なお尻に隠されて、チャンネル発見できず。ただぼんやりと周りの風景を眺めていたら、川風が気持ちよくてついうとうと。ダンナ曰く「13世紀の建物だ、とか15世紀の建物だとかいろいろ言ってたよ」ふーん。聞いときゃよかったな。
b0178006_16314787.jpg

b0178006_16321827.jpg


そしてお楽しみの晩ご飯!アルザスはご飯がおいしいとガイドブックに書いてあったからわくわくどきどき(^^)
b0178006_16432621.jpg

鴨のサラダ
b0178006_16344623.jpg

フォワグラのソテー
b0178006_16351795.jpg

タマネギのタルト
b0178006_1636449.jpg

ミックスグリル
b0178006_16362081.jpg


フォワグラの付け合わせの野菜がおいしかった。空豆も入ってたよ。ムスコは久々に食べた牛肉が旨かったそうな。ドイツより野菜がふんだん。嬉しいな♪
by kyokokyoko0504 | 2009-05-23 15:52 | おでかけ
近所のアジアンパラダイス、という店を地図で探して発掘。
野菜が結構あってうれしかった!お米も売ってるからダンナに会社帰りに買ってきてもらわなくてもよくなったよ。
そこにあったもの。
b0178006_1539345.jpg菜っ葉は「ミズナ」と書かれてあるが、どう見てもちがうだろう?
小松菜っぽい感じ。
b0178006_1539247.jpg

















うれしくなって久々におひたしをつくる。b0178006_1544088.jpg
当然びっくりすると思ったのに、男ふたりはフツーに食べておった。
あまりに食べ慣れたものだったので、言われてみてそうか、ここはドイツだった、と思い直したんだって!やーね。

やっぱりかつおだしはうまいな!!

◇今日の夕食◇
なっぱとうすあげのおひたし
ローストポーク焼きジャガイモ添え
カブとホタテのサラダ
渡独前からダンナが買え買え、と勧めるクルマ。
ワタクシは日本でもほとんど乗っておらず、ドイツにきてからは一度もハンドル握ってなかったのだが、ベンツのAクラスの掘り出し物があるからってデュッセルドルフまで試乗に行った。
b0178006_18485347.jpg
左ハンドルには慣れてるとはいえ、右側通行、高速は120kmが最遅なこの国で乗れるんかいな、と手に汗握る初ドライブ。
でも一番汗かいてたのは、隣に乗ってた中古車屋のディーラーさんだろう(苦笑)
結構傷がついてるから、ワタクシが少々擦っても怒られない、との前振りで行ったのに、そんなに傷はなくそれなりな見かけで、これだったらわかってしまうやん!と思う。
大きさは日本で乗ってたゴルフと似た感じだったから、車体感覚はいいけどね。どうしましょうかね?

その後ケルンに寄って大聖堂を見学。
b0178006_18501020.jpg

b0178006_18512989.jpg
荘厳だけどバチカンほどくらくら感はなく、静謐な感じ。ちょうどミサが行われるタイミングで、パイプオルガンが鳴り響き、司祭さんのお説教も聞け、といい体験だった。(ムスコは途中で飽きたけど)

◇今日の夕食◇
b0178006_18584417.jpgケルンでお茶して帰ってきたから、夜はつまみだけ(苦笑)ムスコもこういうのが大好きなもんで……
by kyokokyoko0504 | 2009-05-21 18:38 | おでかけ