カテゴリ:おでかけ( 66 )

初ヨーロッパの両親をつれて、最初の観光地ライン川下りに行く。
来週はノイシュヴァンシュタイン!ど観光ですな(笑)

とにかく寒い寒い寒い!!
最高気温12度、でも体感気温10度。日本の冬並みの気温に「ドイツは寒いんやねー緯度高いんやねー」とふたりとも肩をすくめてましたな。
ワタクシも本当に寒かったが。

フランクフルト中央駅から出発!
b0178006_2353341.jpg

途中乗り換え駅、ヴィースバーデン。
b0178006_2331419.jpg

寒そうでしょ?

リューデスハイムから川下りする前に、ワイナリー巡りをするつもりが、うちの父はワイン嫌い(涙)それでもつれ回す娘夫婦。
あれやこれや試飲しまくってそれなりにいい気分になる。
どうやらドイツワインは辛口より、半分くらい甘口の方がおいしいよう。
シュニッツェルなどドイツ料理も堪能してもらって(写真とるの忘れた!)川下りへ。
b0178006_23432870.jpg

ものすごい急斜面にぶどう畑がつづく。
こちらのぶどうは気温が低い土地なので、なるべく太陽をたくさん浴びられるように縦にのばして、葉っぱも摘んでしまうそうな(日本のぶどう棚のイメージとは違う)
b0178006_23435121.jpg

対向船。ワタクシたちが乗ったのもこんな感じ。
b0178006_23441412.jpg

川面からの景色がさすがにドイツ観光のメインのひとつだった。

船の中で飲んだコーヒーが美味しかった!
b0178006_2350525.jpg

かなりアルコール度高かったけど(笑)ホットコーヒーなのに、ストローで呑むなんて初めて。

帰りのIC(特急)のこと。
なんだか時間になっても列車が入ってこない。ま、少々遅れるのはいいでしょうと思ってたら、ドイツ語でアナウンスが。
当然何言ってるかワカリマセン。
でも最後に「エンシュルディゴン」て言った。え、ごめんなさいって言ってたよね、とダンナと顔を見合わせ、ホームの行き先表示のところに「ca 45 min spaeter」に出てるのを見、これってもしかして……おおむろに辞書を取り出してみたならば「spaeter=later」だったよ!!
やばいよ、45分も遅れてるよ、マインツで乗り換えなのにどうする?!
ワタクシたちだけならばいつもなんとかなるさ、なのだが何せ今回はジジババ観光旅行。
まずいでしょう。
ダンナ、駅員に聞いてみたら彼は英語がしゃべれず、でもその後にくるのがフランクフルト直通だからそっちに乗ってもいいよ、とお墨付きのはんこはくれた。
しかしジジババ観光に指定席がないのはまずいだろう、と窓口まで「指定席予約させてくれ」といふたりで言いに行く。
さすがそこのおっちゃんは英語ぺらぺらだったが、「残念だけど(席は)ないよ」とにべもない。
「えーこっちは"遅れてる"列車では指定席を予約してて予約金もはらってるんやけど」
「うーん。そうだねー」
またちょっと探ってくれたけどやっぱりないよう。
指定席分のお金は返してくれました(苦笑)
でもごめんなさいとは最後まで言わなかったな。
さすが欧米人。

punctualだと評判のDBだが結局1時間遅れ。昨日は渋滞で1時間ちっとも動かない、なんてことも体験。
ジジババいろいろ経験中(笑)
by kyokokyoko0504 | 2009-06-07 23:22 | おでかけ
本日よりムスコ、ホームステイに出発したため本格的に三日間の独り暮らし開始。
なんだかひとり旅モードでフランクフルト郊外になるのかな、ミュルハイムという町で蚤の市がやっていることをつきとめ、電車で行ってきた。

蚤の市情報サイトというのがあり、当然全てドイツ語なんだが、これが結構わかったりするから不思議なのである。
ここにzipコードを入れると付近の近々の蚤の市開催場所が出てくる。
ただウムラウトは文字化けするからその辺は推理なんだけどね。
住所をgoogl mapに入れて場所確認して、という作業でどんな市場なのかは行ってのお楽しみ、状態。
まあヒマなんで周辺探索の意味もこめて出かけることにした。

家から30分ほどのとこなんだが、いや、田舎だった……住宅地なんだけど、こういうとこにくると日本じゃない、東京じゃないって思うな。のどかな感じ。
まったく知らない土地を地図をたよりに、きっとどっかの広場なんだろうと見当をつけててくてく歩いてたら、"willy-brand-halle"はこっちとの矢印が出てきたときにはほっとしたよ。開催場所がFestplaz an W-Brand-Halle だったからね。

お目当ての蚤の市は、やっぱりがらくた市だった!!うーむそそられるものがない!!どうしよう、折角来たのに戦利品なしじゃ帰れない(苦笑)とひたすらぐるぐる回ってたら、こんなもの発見。
b0178006_2140298.jpg

なんかドイツっぽいじゃない。
うちにはポットいっぱいあるけど、ま、いいか。とカップひっくり返しながらみてたらおっちゃんが「全部で5ユーロでええで!(いや、大阪弁じゃないけどそんな感じだったんだよ)」と言ってくる。
「えーこれ全部で?」
「こっちにもあるんやけど、これも全部つけたるわ」
となりお買い上げ〜
欠けてるやつとかはいらないって言ったのに、どんどん詰めてくるからまいっか、と全て引き取ってきた。
でもさすがに重くて途中の公園で品調べをして、いらないのはゴミ箱に捨ててキマシタ……レストミュール(なんでもゴミ)ってすばらしい!


そして帰り道。
フランクフルトまでの切符を買おうとしたら、「ohne Umweg」と「Hanau……」2種類の表示がでてきて、大混乱!
えーわからん、でもHanauは反対方向だからそっちには行かない。ワタクシはフランクに帰りたいんだ!と泣きそうになる。

というのも「ohne Umweg」の値段が3.7ユーロだったから。
確か行きは13ユーロ払ったはず……どういうこと?!

仕方ないから近くのおっちゃんに「フランクフルトに帰りたいんだけど、どうしたらいい?」って聞いたら「フランクフルトは50番だからここ押してここ押して……」と切符の説明をしてくれ、一応無事に購入。
いえ、50番だってことはわかってました。でもね2種類ある意味が。でもってなんで3.7ユーロ??
随分混乱した顔をしていたのだろう、別のでっかい派手なサングラスかけた男の子(10代だな)が何かいろいろ言ってくる。
最初はドイツ語なのかと思ってたけどよく聞いたら英語で、どうやら「この駅は通過するから長い時間待たなきゃならない、それがいやならHanauまで行って快速にのるんだ。だから2種類あるんだよ」と言っているらしいと判明。
「Do you understand What I said?」とまで聞かれちまったわ。
ごめんねーそのキミの風貌から、ちょっと腰がひけてたのよ〜(苦笑)

ohneはwithout、Umwegはdetour、つまり回り道なし。了解したわよ。
しかーし。行きの13ユーロはどうなる?
ワタクシ、もしかして間違えた?
……
最寄り駅に帰り着き、券売機をよくよく見たら、行き先表示をきちんと理解しておらず、やっぱり正しくは3.7ユーロだった(涙)ややこしいんだよ!!今までフランクフルト市内しか切符買ったことなかったから、いつも50番だったもんで。あぁ9.3ユーロ。勉強代高く付いた!

弟からメールあり。栗本薫が亡くなったらしい。浪人時代にグインサーガに嵌り、ずっと読み続けてきたがアルド・ナリスが死んでからは興味が薄れ、そのうち完結したら一気読みしようかと思っていたのだが……とうとう「豹頭王の花嫁」を書かずに逝かれてしまったんだな。ご本人が一番無念だろう。ご冥福をお祈りいたします。

■■■
追記
グリーンのラインが入ってる方のポットの裏に「KAHLA MADE IN GDR」の表記が。
ネットで調べてみたら、旧東ドイツのKAHLA(カーラ)社のものだった。
ブルーのポット&カップはThomas社(ローゼンタールのカジュアルライン)のだったよ!拾いもんだったかも♪
ちょっと検索してみたら、KAHLA社の旧東ドイツのポット、5000円くらいで日本で売られてる。みんなこういう蚤の市でただ同然で買っ(いや、拾う?)て、日本で高値で売ってるのね!!
by kyokokyoko0504 | 2009-05-27 21:46 | おでかけ
日曜日は今回のプチ旅行の本命EUROPA PARKへ。
b0178006_21254537.jpg

はい。テーマパークの遊園地ですな。それもジェットコースターきちがいな(苦笑)
すごいねーこれだけジェットコースター集めて。
ワタクシはベンツ社提供のスッゲー高度のヤツにやられました。いや、もうマジで怖いって。
ムスコは嬉々として乗りまくってましたが。

なんだか休日なのに不思議とすいていて、待ち時間もどれも20分くらいですんでラッキー。途中からどんどん日差しも強くなって、なんだか夏?と勘違いするほどだった。
b0178006_2172879.jpg

ウォータースライダー系のが水に濡れて気持ちいいくらい。

ドイツとフランスとスイスの国境近くにあるこの遊園地。現地のワカモノがうじゃうじゃいた。
このへんは日本と同じような雰囲気。
列に並びながらチューしてるのもいっぱい。
でも彼らだとあんまりエッチくさくならんのはどういうことなんだろう?
日本だとちと見苦しいのだが。

本当は閉館時間ギリギリまでいるつもりだったのが、ダンナ日曜夜のフライトでフランスへ出張であることを昨日の夜に思い出し(苦笑)、ムスコは後ろ髪をひかれながら2時半に退却。ワタクシは十分だったけどね!
暑くてひとりベンチに座っていたらお掃除のおじさんに「あついねー。大丈夫かい?」(←多分)と話しかけられるし、ポカリみたいなもんかと思った栄養ドリンクを買ったときも、おじさんから「お疲れだね!」(←多分)とにやって笑われるし。そんなにへろへろに見えたのか、ワタクシ?

途中渋滞にも巻き込まれ、ちと焦ったが無事フランクフルトに帰ってきて、1時間後にはシャルルドゴールに向かってまたガラガラを引いて1週間の出張に出かけるダンナ。大丈夫なのか?!こんなにタフな人だっただろうか???

◇今日の夕食◇
鶏肉と白菜とネギのうどん
by kyokokyoko0504 | 2009-05-24 21:00 | おでかけ
土日に急遽フランスのストラスブールまで一泊旅行に行く。
ムスコがフランクフルトについて、初めて自分から行きたいと言った遊園地が目的。
ただ遊園地は日曜日も開いてるけれど、その他は「何もできない」な日なので土曜日はちょこっと観光。
たったクルマで2時間半で無人の国境を越える。
でもその瞬間からhighwayの出口標識が「Ausfahrt」から「sortie」に変化。フランスだー!と思う。
パリまで476km。
b0178006_1602854.jpg

どこまでもだだっぴろい土地が広がり、この地をずっとドイツとフランスが取り合っていたのが、なんだかわかるような気がした。
だってドイツは森ばっかりで、こんなに小麦がどっさりとれそうな土壌をみすみす逃すはずはないもの。
おまけに明るい!ちょっと南におりてきただけで日差しが違う。でもここも冬には暗く閉ざされるのだろうか?

街の中の駅名にくっついている表示も「DB(ドイツ国鉄)」から「SNCF(フランス国鉄)」に。
b0178006_16135676.jpg

とにかく街の看板が何と書いてあるのかがわかる!こんなにわからないことをストレスに思ってたんだと、我ながらびっくりした。
ストラスブールはアルザス地方の大都市だけれど、ちょっと田舎な雰囲気。でも路線電車のデザインはムスコ曰く「こっちの方がかっこいい」
b0178006_16155850.jpg

まずは有名どころの大聖堂を見学。
つい二日前にケルンの大聖堂を見ているだけに、その差が面白かった。
b0178006_16184951.jpg

時代は同じゴシックだから似ているんだけれど、石が赤っぽくてケルンより暖かみがある。
教会内も少し明るかった。
b0178006_16203216.jpg

今日はミサの時間にはかぶさらなかったからパイプオルガンの音色は聞けず。残念。
運河をボートで巡って旧市街を観光。
b0178006_1626301.jpg

ヘッドフォンでガイドが聞けるはずだったのが、ワタクシの隣の女性の巨大なお尻に隠されて、チャンネル発見できず。ただぼんやりと周りの風景を眺めていたら、川風が気持ちよくてついうとうと。ダンナ曰く「13世紀の建物だ、とか15世紀の建物だとかいろいろ言ってたよ」ふーん。聞いときゃよかったな。
b0178006_16314787.jpg

b0178006_16321827.jpg


そしてお楽しみの晩ご飯!アルザスはご飯がおいしいとガイドブックに書いてあったからわくわくどきどき(^^)
b0178006_16432621.jpg

鴨のサラダ
b0178006_16344623.jpg

フォワグラのソテー
b0178006_16351795.jpg

タマネギのタルト
b0178006_1636449.jpg

ミックスグリル
b0178006_16362081.jpg


フォワグラの付け合わせの野菜がおいしかった。空豆も入ってたよ。ムスコは久々に食べた牛肉が旨かったそうな。ドイツより野菜がふんだん。嬉しいな♪
by kyokokyoko0504 | 2009-05-23 15:52 | おでかけ
渡独前からダンナが買え買え、と勧めるクルマ。
ワタクシは日本でもほとんど乗っておらず、ドイツにきてからは一度もハンドル握ってなかったのだが、ベンツのAクラスの掘り出し物があるからってデュッセルドルフまで試乗に行った。
b0178006_18485347.jpg
左ハンドルには慣れてるとはいえ、右側通行、高速は120kmが最遅なこの国で乗れるんかいな、と手に汗握る初ドライブ。
でも一番汗かいてたのは、隣に乗ってた中古車屋のディーラーさんだろう(苦笑)
結構傷がついてるから、ワタクシが少々擦っても怒られない、との前振りで行ったのに、そんなに傷はなくそれなりな見かけで、これだったらわかってしまうやん!と思う。
大きさは日本で乗ってたゴルフと似た感じだったから、車体感覚はいいけどね。どうしましょうかね?

その後ケルンに寄って大聖堂を見学。
b0178006_18501020.jpg

b0178006_18512989.jpg
荘厳だけどバチカンほどくらくら感はなく、静謐な感じ。ちょうどミサが行われるタイミングで、パイプオルガンが鳴り響き、司祭さんのお説教も聞け、といい体験だった。(ムスコは途中で飽きたけど)

◇今日の夕食◇
b0178006_18584417.jpgケルンでお茶して帰ってきたから、夜はつまみだけ(苦笑)ムスコもこういうのが大好きなもんで……
by kyokokyoko0504 | 2009-05-21 18:38 | おでかけ
朝からの雨があがったようだから、土曜日開催と情報のあったマイン川岸の蚤の市に行く。
が、どこにもそれらしいものがない。
ショック!!どこでやってるの?!

その後ムスコの服を買いに、フランスとの国境近くのアウトレットモールへ行く。車で2時間。雨が降って寒い寒い。ワタクシたちは昨日までの続きで軽くパーカーぐらいしか着ていかなかったら、他の客はダウンに革コートにブーツだった……

ここはヨーロッパ、陸地続きで隣り合った国、という感覚がまだわからん〜
そして国境付近なだけあって、ドイツ語とフランス語が入り乱れていた。ラジオで突然フランス語が混入してきたり。店の中でもフランス語で会話している人々多し。レストランのおっちゃんもフランス人だった。
「フランス語でお会計、て何て言うんだっけ?」と遥か彼方の記憶を呼び覚ます。しかしドイツ語onlyと比べれば、フランス語表記があるだけで落ち着きますな。
20年使わずすっかり忘れ去っていたと思っていたのが、ヨーロッパに来るとなんだろう、フラッシュのように記憶が戻るのが不思議だ。
初めてスーパーで買い物したときに、ハンドソープにフランス語が併記されているだけで「読める!」と嬉しくなったり。ドイツ語だけだと本当にちんぷんかんぷんなので。

このアウトレットにはaddidasもあったが、どうやら日本のアウトレットモールとは規模が違うよう。あまり広くない。一応ムスコの必要衣類は購入。しばらくはいいかな?
ここにもワタクシの欲しい家の中グッズがない……
いまいち欲求不満なお買い物だった。

◇今日の夕食◇
遅くなったので、タイ料理屋で焼きそばをtakeoutし、昨日の残りの茄子とハムとブロッコリーで簡単ごはん。
by kyokokyoko0504 | 2009-04-18 17:45 | おでかけ