カテゴリ:おでかけ( 66 )

金曜日にようやくダンナが日本&フランクフルト出張から帰ってきましたよ。

「今回は長かった。今回は疲れた」

と申しておりますが、いや、ワタクシたち母子にとっても、今回のはヘビーでしたわ(>_<)

どっさりお土産携えて帰ってきてくれたのを片付けないと行けなかったんだけれど、ちょっとお出かけしたいわ!ということで、ミラノ近郊のコモ湖までドライブに行ってきました。

高速に乗って1時間弱位かな。
休日の午後から出かけるにはちょうどよい距離かと思いまする。
あまりお天気はよくなかったのだけれど、なんとか雨には降られないギリギリの所。
湖には霧がかかっておりました。
b0178006_6381748.jpg

初めてのイタリア保養地感想。


うーん。ここは芦ノ湖?


だって、本当にそんな感じなんだもの。
湖の回りのうねうね道も、まるっきり箱根だったわ……
まー道が強烈に狭くってね!
b0178006_6413219.jpg

これ、一方通行じゃないからね!
日本だったら絶対にミラーが設置されているようなカーブにも、そんなものなくて、突然前方から対向車が出現するから、あー心臓に悪いわ!!

ダンナもちっともリラックスしたドライブではなかったと申しておりましたよ。

ま、それでも休日のドライブではありましたがね。

久しぶりに家族3人で写真撮りました。
b0178006_6433677.jpg

やっぱり芦ノ湖?f(^^;


人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-11-07 23:33 | おでかけ
ベルリン旅行記最終日。

日曜日は「観光地以外」どこも開いていないドイツ。
まあちらりと寄るだけでもいいかと、ライプツィヒ近くのドレスデンに行った。
目的はアルテマイスター(美術館)にあるこの絵。
b0178006_16304125.jpg

ラッファエロ作「システィーナのマドンナ」の中の
b0178006_16351438.jpg

超有名な天使二人。

まあマドンナもいいんだけどさ。ミーハーに天使見てきましたよ。
他にも見所はいろいろあるんだけど、なかなかに疲れてきた三日目でした。

ドレスデンには他にも、コスチュームの変遷がわかる宮殿の壁画
b0178006_16375349.jpg

(これ、全部マイセンの陶器!!)や、
ゼンパーオーパーという、ゼンパーさんが設計したオペラハウス
b0178006_16395330.jpg

があったりするのだが、いかんせん「寄り道」の気分ゆえ、ざっと見で終わってしまった。

この日は夏の戻りのような日差しで、久しぶりに太陽を浴びて気持ちよかったよ。
b0178006_16414737.jpg

ドレスデンは土曜日にくれば、ワタクシの大好きな蚤の市があったらしく、ああ残念無念。

ドレスデンはザクセン王国の首都だっただけあり、街中にどんとかまえる宮殿も迫力あり、だったがなんせ知識不足。萌え不足。
ドイツ史にまったく興味がない状態で来ても、イマイチわくわく感がこみ上げてきませんな。
次来る機会があったら、もう少し予習しましょうf(^^;

この三日間で一番良かったのは、やっぱりベルリン。

また来てみたい。でもミラノからは遠いな。もう一度ドイツに戻ってくる予定はあるのかないのか?
成り行き任せな人生ですな。
by kyokokyoko0504 | 2010-08-10 16:59 | おでかけ
ベルリン旅行記続き。

土曜日はベルリンから1時間半ほどのところにあるライプツィヒに行った。
目的はトーマス教会。
b0178006_20145750.jpg

バッハがオルガニストとして勤めていた教会である。

そこでバッハのコンサートがあるという情報をネットでgetし、行ってきましたよ。
b0178006_20162836.jpg

7週間に渡って土曜日の午後に開催されているこのコンサート。実は次の7週目が、なんと日本人のオルガニスト(Masaaki Suzuki)だった!
この週はフランス人のオルガニスト。
b0178006_20201728.jpg

パイプオルガンもちらりと見えます。
b0178006_20221217.jpg

ああ、ここでバッハも弾いてたんだって思うと感慨もひとしお……

だったんだけど、途中でパレードなんかが通りやがり、うるさくて聞こえない!!!
もうなんだかな〜

で、予定の曲に追加して演奏してくれたんだけれど、いかんせんバッハは教会音楽。

どれもこれも似たような曲なのよね(-_-;

ペダルで伸ばす荘厳な音にだんだん飽きてきて、ダンナと「これが終わったら出ようか」なんてこそこそ話してたら、最後の曲が16分音符も出てくる、だいぶ後期のもの?かな。ちょっと新しい感じがして面白かった。
ここからモーツァルトに続くのね。

ライプツィヒは本当にこのバッハだけが目当てだったから、お買い物もたいしてしないつもりだったのが、ダンナ、まんまとトラップにひっかかりf(^^;、またもや大量のCDお買い上げ。
b0178006_20301463.jpg

昨年のパリとおんなじ行動パターンだな。

夜はゲーテも通ったという酒場
b0178006_20344986.jpg

でワイン呑みながらご飯。
店の入り口には「ファウスト」の像も。
b0178006_20363689.jpg

「ファウスト」も読み直さないとなあ。
内部は酒蔵な雰囲気で、観光客だらけだと見たが、とってもドイツっぽい雰囲気でよろしかったよ。
b0178006_20322714.jpg

そして、食事がこれがドイツらしからぬうまさだった(@_@)
by kyokokyoko0504 | 2010-08-09 20:39 | おでかけ
ベルリンに行って「何はともあれこれは見とかないとだめでしょう」というのが、ワタクシたちにとっては「ベルリンの壁」だった。

大学のときにリアルタイムで崩壊したのよね。
それまで東西冷戦は普通の事だったのよね。
マンガ(エーベルバッハ少佐大好きだった!)にも描かれるくらいにね。

うちのムスコにはまったくなじみがないようだけど……(-_-)

今生きている人類の中で、すでに我々は「歴史を生きている」グループに入ってしまっているのよ。
じいちゃんばあちゃんが第2次世界大戦を知っているのと同じように。

歴史なんだけど、教科書の歴史じゃないところを見に行くべく「ベルリンの壁どこにあるんだろうね」(撤去されとるわ!)なんてボケた事をいいながら地図を見てみると「跡」表記はある。
それがちょうどウンターデンリンデンから歩いて行って、ブランデンブルク門を出たところにあるのを見つけた。
「うーんどのへんだろ?」と暗闇の中、地面を探していたらありましたよ。
b0178006_17134582.jpg

本当にブランデンブルク門の真ん前。
西ベルリン市民には、突然この門が「壁の向こうに頭だけ出して見える門」になっちゃったんだなあ。
一大観光地になので、夜でもわかるような電飾入りの記念碑は立っていた。
b0178006_1719928.jpg

b0178006_17202040.jpg

ベルリン市は旧東ドイツ領土の内部に位置している。
(ちなみに西ドイツは「イギリス」「フランス」「アメリカ」の三国管轄)
b0178006_18135057.jpg

東西に分断されて出来た西ベルリン市は、まわりを東ドイツに囲まれた西ドイツの「飛び地」的な存在になってしまった。
壁建設の最初のアナウンスは「西側からの軍事攻撃に備えて、東ベルリン市民を防御するため」だったけれど、本当の意味は「東ベルリン市民の逃亡阻止」。

東ベルリン→西ベルリン→西ドイツ→資本主義国へ。
このルートを遮断するための壁の高さは、実はそんなに高くはなかった。
b0178006_1744136.jpg

170cmのダンナの倍弱の高さだから、3mくらい?
もっともっと高いイメージがあったのにね。
これでもよじ上れなかったんだ……

実はこの壁は二重になっていて、東側にもう1枚壁があったそう。
その壁と壁の間が「無法地帯」になって番犬が走り、監視カメラが見張り、一枚をよじ上る事はできても、2枚目に辿り着かなかったらしい。

翌朝ワタクシたちが行った「現存する壁」の場所はちょうど墓地の前にあり、ああ西ベルリン市民はお墓参りも突然できなくなったんだ、と思うと歴史が身にしみましたよ。

ちょうどそのあたりは東の地区で、街の風景がなんだか違う。
b0178006_1752312.jpg

建物がフランクフルトと全然違う。
b0178006_1753321.jpg

公園も芝がはげて、荒れた感じ。
b0178006_17542490.jpg

並木がまだ細くて、ここ数年で東側もどんどん整備をはじめていることを感じさせたよ。

ブランデンブルク門なんて超一級の観光地にも、ちょっとさびれたはずれた場所にも、あの歴史の証人は残っておりました。
by kyokokyoko0504 | 2010-08-05 12:17 | おでかけ
夕方6時過ぎてさすがにおなかがすいたので、いっぱい出ているテーブルのうちのひとつに座ったら、たまたまスペイン料理の店だった。
b0178006_20261688.jpg

ちっともベルリンで食事に期待はしていないので、ちょうどよかったよ。スペイン料理だと小さいおつまみがあるからね。

でもベルリンに来たらベルリンビール呑まなくっちゃと頼んだのがコレ。
b0178006_2023775.jpg

白ビールに「赤」と「緑」の選択肢があって、何か混ぜるのは予想がついていたが、が、が、

あま〜い(>_<)

ジュースよコレ……でもストローで呑むからなんだか回ってる感じになった。
口直しに普通のピルスを呑む。

観光客やら地元民やら入り交じった、都会の空間。
b0178006_2027406.jpg

地べたに座ってアクセサリーを売るワカモノ。
b0178006_20284629.jpg

エネルギッシュでわくわくする感じに満ちておりましたよ。




ここベルリンで有名なのは、州旗にも描かれ、街のシンボルであるクマ
b0178006_20302859.jpg


信号機のコ、アンペルマンくん
b0178006_2041232.jpg

旧東ドイツで使われていた信号は、こんな3等身の帽子を被ったかわいいコドモデザインなのである。(西側は普通の大人)
子供にもわかりやすいように、可視性を高めたデザインだったとか。
それが東西統一によって西側の波がどどどっと押し寄せ、このアンペルマンくんがどんどん撤去されていくのを惜しんだベルリンっこが、保存に動いたんだそうな。

ダンナがばしばし信号機を撮ってたら
「このアジア人は何を撮ってるんだ?」
とけげんそうな顔をしたドイツ人が
「ああ、アンペルマンか」
と言いながら通り過ぎて行きましたよ。

保存のための動きのひとつが、このコをキャラクターにしたグッズのショップ展開。
ああ、どこでも同じだf(^^;
過去、キャラクターグッズに少々関わった身としては興味のあるところ。
Hackesche Hoefe(ハッケッシェ ヘーフェ)という、表参道の同潤会アパートみたいなところにアンテナショップがあるということで、行ってきた。
b0178006_20513190.jpg

外側はおもいっきり商業施設。ところが中に入ると、コの字型の建物の中に中庭がある、典型的なヨーロッパの住居様式。
b0178006_2052463.jpg

その中にショップがありました。

ステーショナリーに衣類に食器、とグッズ展開の方向は、ミッキーもミッフィーもピングーもスヌーピーどこも同じ!!

ランプが可愛かったんだけど、ちと高額だったため諦め、ここからは、ダンナが気に入った玄関マットを連れて帰ってきました、とさ。
b0178006_2058714.jpg

すっかり買い物記となっておりまするなf(^^;

でもでもでも。

それだけフランクフルトじゃ「お買い物意欲」がわかないってことなんだよーーー!!!

久々に物欲に目覚めたふたりであった。
by kyokokyoko0504 | 2010-08-03 21:01 | おでかけ
靴を買った後、クルマで移動開始。
ベルリンの街中を走るUバーン。フランクフルトでは地下&路面を走っているが、ベルリンでは高架だった。そしてその下に店が入っている。
b0178006_20321192.jpg

わーい、有楽町のガード下みたい♪(^^)

菩提樹通りは御堂筋みたいだったし、なんだか懐かしい感じ。

旧東ベルリンのあたりを抜けて真ん中まで出てくると、街は一気に国の中心地の様相を見せだした。
ベルリンにはたくさんの美術館があるのだけれど、その中でワタクシが行きたかったのが

bauhaus-archiv
b0178006_2036256.jpg

1919年から1933年の間、ナチスに閉鎖に追い込まれるまで、ワイマール→デッサウ→ベルリンと場所を移しながら営まれた、ドイツの建築及び美術の学校「バウハウス」の記念館。
建築をやった人間ならば、一度は通過する場所だと思われまする。

合理的で機能的で、それまで王侯貴族にブルジョアジーなど天上人だけのためのものだったデザインの世界が、一般人にまで降りてくる、歴史的な流れを作ったところ。
ガラスとスチール、革とスチールなど、今では当たり前に使っているデザインの原点が、どっさりと展示してあった。
水平線を意識した建築物、多角的に空間を使うプラン、久々に専門学校時代の授業を思い出したよ。
デッサンもスケッチも模型もカラーバリエーションの表現もなんだか久しぶり。

とてもとてもとても楽しかった。

そしてお楽しみのミュージアムショップ。
ひとめぼれして買ってしまったのが
b0178006_2056879.jpg

ステンレスのサラダサーバー。

若手の作家ものらしいが、もうかっこよくって!

最後の1点だったらしく、世界中のどこかに、このサーバーを「素敵」と思って使っている人がほかにもいるかと思うと、嬉しくなったよ。

あとダンナはカフリンクスもお買い上げ。
b0178006_20593227.jpg

trippenに引き続き、テンションの上がるふたりであった。
by kyokokyoko0504 | 2010-08-02 21:01 | おでかけ
朝から5時間のドライブの末辿り着いたベルリン。普通の観光客ならば

ブランデンブルク門
b0178006_1955392.jpg

とか
ウンターデンリンデン(菩提樹通り)
b0178006_1964573.jpg

とか
ベルリン大聖堂
b0178006_197441.jpg

とかを見に行くのでしょうが、ワタクシたちが(もしくはワタクシが)まっさきに訪ねたのは

trippen factory outlet
b0178006_1993785.jpg

はい、靴屋のアウトレットでございます(^^)

ここの靴が日本にいるときから大好きだったのだけれど、いかんせん高い!
&流行に乗ってないからショップもない!
昔は新宿伊勢丹と梅田阪急にあったけど、今は代官山だけかなあ?

ドイツに越してきて買ってやろうと思ったけど、ユーロでも高い(>_<)

もうあきらめてたのが「ベルリンにアウトレットあるらしいよ」と小耳に挿み、ネットで調べ、行ってきましたよ。
住所さえナビに入れればどこでも連れて行ってくれるからね!

上記の写真の、落書きだらけで普通に倉庫にしか見えない門?をくぐって、右手にまたまたレンガ倉庫が出てきてのぼり発見。
b0178006_19143049.jpg

そして中は……

宝の山だった

B級品(検品で跳ねられたのとか、サンプルとか)が箱のまま山積みされてて、もう宝探し状態。自分で好き勝手に箱を開けて、サイズがあえば超お買い得!

本当は「普通の靴」を買おうと思っていたのに、毎回毎回靴を買う度にそう言っているのに、今回もワタクシに「買って買って」とビームを出してきたのは、またもやブーツだったf(^^;
今回連れて帰ってきたコ。
b0178006_19221332.jpg

145ユーロよ!日本で買ったら4万円以上はするよ!!

ダンナが連れて帰ってきたの。
b0178006_19231499.jpg

いい色です(^^)
すでに旅の2日目から履いておりましたよ。

初っぱなから大満足なお買い物をして、お昼スキップしたのも忘れるほどテンションの上がるふたりでありました。

住所:Koepenicker Strasse 187-188 10997 Berlin
by kyokokyoko0504 | 2010-08-02 19:27 | おでかけ
ただいま。
Berlin-Leipzig-Dresden3都市巡りのプチ旅から帰ってきました。
やーなかなか充実の三日間でしたよ。

中でもBerlinはよかった!
何がよかったって、やっぱりワカモノが多い事!

都市はワカモノがいないと、落ち着いた住みやすい清潔さを醸し出すけれど、反面エネルギーが足りないゆえ、イマイチ都市らしい力を感じられない。
それが今のフランクフルトかなあ。

さすがBerlinはドイツの首都。エネルギーがそこかしこに溢れてましたよ。
b0178006_1915822.jpg

壁が崩れてから21年。どんどん東側の面影は無くなっていっているのだろうけれど、そこに変化のエネルギーが感じられましたさ。

とまあ、総括を先に述べてBerlinおのぼりツアーのレポを。
by kyokokyoko0504 | 2010-08-02 19:02 | おでかけ
明日から三日間、ベルリン+ライプツィヒ+ドレスデンに行くことにした。
ムスコは修学旅行で行く事になっているけれど、このままだと親ふたりは「首都」に行かないままでドイツを離れそうで。

でもまあドイツだし、あまり期待せず一応行っとくか、ぐらいな気分だったのだが、いろいろ調べてみたらさすが首都、一地方都市のフランクフルトとは規模が全然違うよう。
一気に楽しみになってきた。

やっぱり一番はMitte地区かなあ。若いアーティストのアトリエとかギャラリーとかショップとかが集まってるみたい。もともと旧東ドイツに属していた地区なので、建物も西側とは違うらしいし。
まだまだ東の匂いが残っているか?

何年か前に坂本龍一が住んでいて、彼に「NYより今はこっちの方が面白い」と言わしめた都市。

外国人が多いフランクフルトとは比べ物にならないくらい「今のドイツ」なんだろうかね。


ちなみにワタクシが1年間習ったドイツ語の先生、最初の自己紹介で「ベルリン出身です」と言われたのだが、それが全く分からなかった!
ドイツ人の発音だとべありんに聞こえる。
rもlも一緒の日本人。日本語の「ベルリン」と言ってもきっと通じないんだろうなあ。
by kyokokyoko0504 | 2010-07-29 18:59 | おでかけ
今回ミラノには飛行機利用だったのだが、飛んでる時間はほぼ1時間。東京→大阪間ですな。
そしてパスポートコントロールもなく(チェックインのときと搭乗手続きのときには必要)、ほぼ国内線扱い。
ミラノのリナーテ空港(国内線用?)なんて小さいから、飛行機降りてから出口まで、5分くらいしかかからない。

なんだか別の国に入国した気がしない〜

でも、確実に表記はイタリア語。人間の背も低い!アルプス超えてやはり別の国に入国しておりました。

トイレの便座が低くて、椅子とテーブルが低くて、ヤッホー平均身長170cm♪って感じでしたよ。


ドイツ在住の日本人、ヨーロッパの別の国に旅行に行くとつい「DANKE!」って言っちゃうf(^^;
これを言わないように言わないようにと気をつけてると、あれなんだっけ?になり。

ムスコは店で
「俺、merci!って言っちゃったよ……」
ワタクシも
「ein kafeeいや違う、un café……ああ違うもごもごもご」
ダンナは普段から英語だから、フツーに英語で大丈夫そうだったけど、最後レンタカーを返却する際におもいっきり
「DANKE!」
と言っておりました。

まともにしゃべれないくせに、変な日本人たちだ(-_-;
by kyokokyoko0504 | 2010-05-06 02:22 | おでかけ