カテゴリ:フランクフルト 住まい( 18 )

昨日家の前に立ってました。
b0178006_0364378.jpg

水曜日
29/9/2010
7:00〜18:00
引っ越し

トラックの駐車スペース確保のための立て看板(?)。
あーとうとう間近ですな。
ワタクシたちがフランクフルトでお世話になった不動産屋が、この家に次に入る家族を募集しており、先月から今日で4組の見学者がやってこられた。

一組目は夏休みを利用して家族で渡独された方で、コドモ連れで来られたが、それ以外は男性のみ。

まあ、うちもそうでしたがね。

それが致し方ないのは重々承知。

それでもね、他の国は知らないが、ここドイツでは、冬は本当に外に出たくない気分になり、一年の1/3を家の中に閉じこもって過ごすのは、付いてきた(連れてこられた)妻
その人が見学に来ないで、ほとんど家にいない夫が来るって、ある意味間違ってるなあと思うのですよ。

うちは偶々ダンナがこの家の20m2くらいある広いテラスを気に入り、ワタクシは暖炉のある生活を一度してみたかったので、ここに決めて、それが功を奏したけれど、誰も彼もがそうとは限らないじゃない。
暖炉なんてめんどくさくって使わない、って人には無駄なスペースだし。

みんな「うわー広いリビングですねえ!」と言う。
でもね、そこを掃除するのは、今ここに来てる人ではない、という事実。
広い家を掃除する労力、整理整頓された部屋をキープする労力に気づかない人ばかり。
ものすごくイラッとくる。

もし主婦が来たんなら
「この家のこの「床」が掃除しやすくて、毎日クイックルワイパーかけてたら、クリーンな状態でいられますよ。でも毎日すごいほこり出てますけどね」って言ってあげられる。
「この広さでこの人数なら、散らかってもすぐに片付きますよ」って言ってあげられる。

「近くのスーパーには歩いて何分で行けますか?」と全員聞いてくる。

歩いてなんか行かないよ。行けないんだよ。
特に雪積もった冬なんか。からっと冬晴れの日本じゃないんだよ。ぐちゃぐちゃの雪道で凍ってるんだよ。
日曜日はスーパー開いて無いんだよ。
妻がクルマ乗らないんだったら、土曜日にアナタが買い出しするために、車出すしかないんだよ。
それに一軒のスーパーで買い物が済むわけじゃないんだよ。

「台所広いですねー」

でもひとりとして流しの前に立った人はいない。
奥さん、もし150cmくらいしかなかったら、この流し台キツいよ。
戸棚の取手にも手が届かないよ。全てが高い所にあるよ、大丈夫なの?
160cmのワタクシでもあと5cm身長が欲しいって毎日思ってるよ。

あーイライラする。絶対この人達、家で台所に立ってないよな(-_-)

洗濯機が家の中にあるこの幸運を、理解できる人は、洗濯する人だけだろうなあ。アナタ、絶対わかってませんね!!(今日の人)

うちのダンナは世にも珍しく基本、何でも出来る人で、休日に風呂磨きをすると気分転換になるという、我ながら信じられない男なのだ(休みだ〜!って気分になるそうな)が、世の中の夫たちが家事をちっともしない現状が、この見学を通して薄々感じられますな。

海外駐在経験者ならともかく、初めてならば、もうちっと「女性の目」で見てくれよーって思うのですよ。
まあなるべく親切にご説明しますけどね。

4回目となると疲れてきましたな。だってワタクシの家じゃないしf(^^;

スーパーまで歩いて15分がネックの見学者様方。
問題はそんなとこじゃありませんよ〜〜〜〜
先週、信じられないくらいに暑かったドイツ。

連日35度を越し、日が沈むのが9時過ぎだから夜中まで30度から下がらず、ようやく明け方には20度前半くらいまで涼しくなる、という日々が続いていた。
(日中40度の温度計を見てしまった)

それなのに、家の中は涼しいのよねー不思議なことに。

建物のエントランスのドアを開けた瞬間、クーラー効いてる?と思わせるようなひんやり感。
テラスがものすごく広いから、日差しが家の中まで入ってこず、部屋は本当に快適。

外に出たくなくなっちゃうよf(^^;
紫外線は強烈だからね!!!
日本の太陽の方が色がついてる感じ。ドイツの太陽は透明ビームで、例えてみれば、赤い星より青い星の方が高温だという、あんなイメージ。

湿度が低いからなのか?ドイツの家の構造がそうなっているのか?はたまた、家が広いからなのか???

そんなことを考えていた先週とは打って変わって、今週は暑さも一息。

というより、今日なんて朝の気温が17度だったんですけど!!!

冷え冷え……




多湿高温な日本とはひと味違ったドイツの夏です。
久しぶりにドイツ語学校の友達みんなで「ランチ&ブラブラお散歩」day。
今年最初のシュパーゲル(アスパラガス)を食べ、ザクセンハウゼンの雑貨屋なんかを覗いてみましたよ。

こう見えて(どう見えて?)ひとりだとなかなか新しいモノにチャレンジしない「へたれちゃん」なワタクシ。

紫外線防止の整髪料とか紹介してもらってDM(ドイツのマツキヨ)で購入。これからの必需品なのよねー
日焼け止めもニベアブランドで新製品が出ており、そのパッケージが日本の日焼け止めに似てるから「これは使えるか?!」なんてみんなでわいわい言っておりました。ドイツのってほーんとイマイチだから。
きっと五月蝿い集団だf(^^;

そうそう、ワタクシの日本一時帰国の際の最重要買い物トイレクリーナが、ドイツでも発売されたよ、と聞きcheck check。

……高い……

あんなの誰も買いまへん。

やっぱり日本で買ってこなくっちゃ!



本日のお買い物。
b0178006_16125560.jpg

色がイマイチだな……
窓飾りがいつまでもイースターだったので、ガラスのハートのオブジェを購入。カーテンもパープル系のリボンで結わえて、ちょっと春夏雰囲気。このガラスにもうひとつふたつ何か付け加える予定。窓関係を模様替えしたら、さすがにソファーまわりも暑苦しくなったので、夕方からクッションカバーやら膝掛けも洗濯(もっと早くにしましょう)。

少しずつぐだぐだから脱出できるかな?
ダンナ日本出張時に、たまってたビックカメラのポイントを利用して買ってきてもらったAirMac express
これがあるとi-tune内の音楽を、スピーカーに無線で飛ばせる=Macのコードが一つ減る!ということで前から欲しかった。

ようやくセッティングの運びとなり、アプリケーションをインストールして、おお、さくさくいったぞ♪と思いきや

スピーカーに飛ばない(-_-;

えーちゃんと緑のランプついてるし、インストール終了しましたって出てるやん。
何で何で何で???

ユーティリティを開いて見てみたら、「AirMac expressを認識しません」て出る。
何でよ!さっきまで緑ランプだったやん(>_<)
いつのまにかオレンジランプ点滅に。

こういうときには再立ち上げに限る、と再起動するがやっぱり認識せず。

くそぉ!!仕方ないから一度削除してインストールし直し、本体の方もリセットして再トライ。

ダメ。

何で???

コンセントの場所を変えてみたら、お、認識したぞ。
よっしゃ、設定し直すぞ。
そしてーーー最後の最後にまた「認識しません」と出た。

お前なあ、さっきまでちゃんと認識しとったやん!ふざけんな!!

壁に投げつけそうになった。

いかんいかん。こういうときにはまた再起動&気晴らしに掃除。トイレ掃除までやって気分一新でリビングに戻ってきた。

そして何回目かのリセット再起動の繰り返しの末やっとやっと「設定終了しました」の表示(T_T)

やった!!!しかーし。ここまでは最初の段階でも行ったのだ。後はi-tuneから飛んで行くのか??
おそるおそるi-tune立ち上げクリック。

ぐぁんぐぁんぐぁんーーーー!!!

いきなり大音量MAX。
Macのボリュームを下げても小さくならない。一瞬パニックに陥り、そしてi-tuneのボリュームが最大になっていることに気づき、ようやく収束。

ここまで2時間経過。
いきなり繋がったAirMac express。何がよくて何が悪かったのか、ちぃーーーーっともわからない。
もう一台セッティングする勇気がなくなった。今日はおしまい。

試行錯誤の日々です。
しまいこんでいた
b0178006_192849.jpg

試しに水を張って火(電気コンロね)にかけてみたら、沸騰した。
もしかしたら使えるのか???

うちの土鍋、ラウンド型じゃなくて、底は結構フラット。
熱伝導率はめっちゃくちゃ悪いが、でも一度熱くなったら保温効果はしっかりあるだろうし。

ということで
b0178006_1944395.jpg

ご飯炊いてひつまぶし。
少々失敗してもうなぎ混ぜたらごまかせるかとf(^^;

大丈夫大丈夫。ちゃんと炊けましたさ♪
ただ沸騰するまでに時間がかかるので、底がこげちゃったけどね。
沸騰してから12〜3分でご飯が炊ける匂いがした。ちょっと柔らかい。水少なめがいいかね。

これで土鍋ご飯バッチリ(^^)v
鯛飯もつくれるかも。
台所から見た風景

先週
b0178006_1942986.jpg

今日
b0178006_195799.jpg


一気につるっぱげ!!
b0178006_4354788.jpg


すごーい!!家の中で火が燃えてるよ!!
ずっと壊れて水漏れしていたヒーターの工事が本日決行。

こちらの暖房は、日本で売られているオイルヒーターのお湯バージョンが各部屋に付いていて、お湯の熱で部屋をあたためる仕組み。
b0178006_2101456.jpg

「朝一」に来るから、ということだったのでダンナにも待機してもらってたら、9時過ぎても音沙汰なし。
ちなみにドイツの朝一は、ほぼ8時。

不動産屋に電話したら「アポはオーナーがとってるから、オーナーに聞いてみてくれ」とのこと。
仕方ないから階段のぼって、上の階に住んでいる大家さんの玄関のチャイムを鳴らしても、うんともすんとも。

いいひんやん……

超絶にイライラが募って来たとき、ようやく修理屋到着。
9:30。
同年代くらいの人と、若い兄ちゃん。見習いか?

あーだのこーだの言いながら、かんかんかんかんやっていたが、痛んでいるつなぎ目が取り外そうにもなかなかとれないらしく一苦労。
最終的にはのこぎりを取り出し、カット。
パイプを外してしまったら

「必要な部品を取りに行くので」

とふたりで出て行った。

当然下のクルマに部品を取りに行くのと思いきや、ぶるんとエンジン音。

は?

どうやら必要な部品を買いに行ったらしい。

何のための下見&見積もりやねん!!

時すでに10:00。
ダンナは10時出社の予定だったのだが、もう少しのばしてもらうよう連絡。
「ドイツじゃ時間通りに事は運ばないものだから、出社は10時以降だと思っておきます」とあらかじめメールが来ていたらしく、ご想像通り遅れます、と電話したはりました(-_-)

そして、待てども待てども帰ってこない。
どこまで買いに行ってるんかい?!
IKEAの隣のホームセンターだったら往復30分で帰って来れるわ!

さすがにこれ以上はムリ、とダンナが腰を上げたところで再びクルマのエンジン音。
11:00。
持ち込んだのはステンレスのパイプ一本。
それだけのために1時間のロス!!
仕事は、まあ着実に、ワカモノにひとつひとつレクチャーしながらやってる感じだった。(だってドイツ語、何言ってるかワカリマセン)
そこんとこはよしとしよう。
新しいパイプも装着完了し、ちゃんと作動するか確認のため、閉めていたバルブを開けて親方が(何か取りに?)クルマに戻ったとき

ぷしゅー!!

パイプのつなぎ目から真っ黒い水が噴き出してさあ大変!
ワカモノはあたふたしながら親方を呼びに行き(口笛ならしてた)ワタクシも雑巾を取り出したが、強力掃除機で吹き出た水は吸い込んで、また一から作業し直し。

はあああ。いったいいつになったら終わるんだろう。おなかすいたんですけど。

12:00ごろ大家さん登場
「もう終わる頃かと思って」
終わりませんがな。終わり見えませんがな。
大丈夫だから、なんて安請け合いで彼は帰って行き、修理屋ふたりは、またあーでもないこーでもないと言いながら作業続行。

ようやく2度目のテストで水漏れのないことを確認すると、いきなりずかずかとワカモノがリビングルームの奥にやってきた。
え?何?
どうやら奥にある別のヒーターのダイヤルを回しに来た模様。
そして台所からバスルームから寝室からあらゆるところのヒーターをONして回る。
何も言わずに。

そりゃこちらはドイツ語わかりませんよ。
でもひとことヒーターつけに各部屋に入りますね、と言えよ!
日本人じゃありえないな。

なんだか最初は暖まらなかったようで、「今何番だ?」「2番です!」「5まで回せ!」などと怒鳴り合ってるうちに、徐々に熱くなってきて、これにて工事終了。
13:00。
半日仕事だったな。

「壊したのは我々なのだから100%負担しろ」と言ってくる大家に
「確かに壊したのは我々だが、もともとこんなに不安定な状態であったんだから、うちが100%負担するのはおかしい」
と反論した結果7:3になった経費負担。(ワタクシたちが7)
結構なかかりだった人工代、これが時間割りで請求されたら腹立つなあ。

そして予想していたが、当然ヒーターは全部つけっぱなして帰って行った。
寒くなったし、今日からヒーターON?
ドアが開かない!!(>_<)
えーどうして、なんで???とドアノブを回そうとするのだけれど、うんともすんとも。一瞬パニりそうになったが、もしかして……

「もしもし、ねぇ、もしかして今朝ドアの鍵かけていった?」
「行ったけど」



この家のドアは、外から鍵をかけたら内からはあけられないらしい。



今朝のダンナ、午前1時半出勤(-_-)なり。1時までワタクシが寝ないで待ち、無事起きてきたのを確認してからベッドに入り、そこからはすこーんと寝てしまったのだった。出て行ったのはかすかに記憶があるいんだけれど。あーーーーやられた、というかやっちまったーーーーー