カテゴリ:イタリア語( 13 )

実は引っ越し1日目の終わった後、夕方から最後のイタリア語レッスンに行ってきました。
というのも、ダンナのプライベートレッスンが2回分残っている、いつやるの?とのメールに、彼、「俺、もう全部忘れてるし、一緒に受けへん?」とひよりましてね……
確かに去年のクリスマス以来ちっともイタリア語に触れていないし、でもそれって


ワタクシも一緒(-_-;


この期に及んでプライベートレッスンやんの?!と腰が引けましたが、まあ、最後にお世話になった先生にさよなら言うためにいいか、と腹をくくりましたよ。
でもまともなレッスンを今更受けてもお互い(先生も生徒も)どうしようもないので、コーヒー飲みながらワタクシ達夫婦と、先生方でおしゃべりしましょ、な会になったわけです。

しかーし、コーヒータイムのチャットではあってもイタリア語はイタリア語、その日は一日気が重くf(^^;
引っ越し作業中も「ああ、今日はイタリア語だ……」と思い出すとどんよりした気分になっておりましたよ。

それでも引っ越しで草臥れきった気分をなんとかアゲて、さあ、テンション高めでCome va?と久しぶりの学校のドアをくぐったならば、なんとプロセッコ(泡ワイン)用意して待っててくれて(T_T)
一番お世話になったLauraとはちゃんと自然と「さよなら&ありがと」のハグしてきました。
このヨーロッパ3年間でハグなんてできるようになったんだなあ、ワタクシ……

ここに週3回通ったのがワタクシのイタリア生活の中でもかなりのウェートを占めており、きちんとけじめつけてミラノを離れることができたのはいい機会でしたよ。
イタリア語、日本に帰ってからも続けなさいよ、なんて言われたけどねぇ。
日本じゃ需要無いしねぇ。
「ミラノに帰ってきたときに役に立つんだから!」とハッパかけられましたが。

しかし、1時間の間、結局ダンナは借りてきた猫状態でにこにこ座っており、なんだかほぼワタクシの為のレッスンと化し、最後の最後まで疲労困憊となりましたがねf(^^;
おそるべしイタリア語。
コスプレ生活も終了です。



Laura Georgia Chiara どうもお世話になりました!!
Grazie mille!!
by kyokokyoko0504 | 2012-05-02 16:31 | イタリア語
先月受けた検定、無事4級受かってました。
よかったー(無駄遣いにならなくて……)
b0178006_13303.jpg

これでドイツ語とともに4級です(^^)

しかしドイツ語はほとんど忘れたが
by kyokokyoko0504 | 2011-11-22 01:05 | イタリア語
昨日ムスコの学校関係でランチをご一緒した方。
この夏日本に一時帰国されていたそうです。
その間にミラノで知り合った方々とも再会されて、とかいろいろあったそうですが、その中で以前JALのCAをされていた方

「日本に帰国したら、イタリア語は100%必要ない」

きっぱりおっしゃったそうです。
彼女はCAやってたぐらいだから英語堪能、でもイタリア語がんばってて、かなり使えるようになっていたそうな。
でも日本でハローワークにも通い、再就職を探し、その苦戦の日々の中で実感した

日本に帰国したら、イタリア語は100%必要ない」

ああ、萎えますな……
来週月曜日からイタリア語レッスン再開だというのに。

イタリア語やってるのは、ここで暮らすには必要不可欠だから、なんだけど、ここまでお金かけて相当脳にストレスを与えつつ、数年後には全く不要って、なんだかなあーーーーーー
こんなことなら英語に磨きをかければよかった、と言われていたそうな。


同じ海外駐在でも、英語圏と非英語圏では、その後の人生変わるんだろうなあと思いまする。
一番影響があるのが子供たちでしょうが。
彼らは英語圏在住だったら、親も現地校なりインターナショナル校なりに入れるだろうし、そこで英検準1級でも取得していたら、高校受験はカナリラクチン。
もちろん日本語力には、相当ダメージは受けるでしょうが。
でも目先で考えたら高校受験及び大学受験に有利なのって、親としては安心事項ですよ!
非英語圏のヨーロッパ語圏は、いろいろな意味で、ああ、不利だなあ、と思うのです。

「ミラノ在住なんて素敵〜」

なんて言われる事、たびたびありますが、はっきりいって素敵でもなんでもないです。
ムスコには申し訳ない事したなあと後悔することもしばしば。
ここでの生活が将来、彼の人生に好影響を及ぼすのならばありがたいですが、こんなこまぎれに1年半ずつ「ドイツ」と「イタリア」に住まわされて、そんな好都合な事期待出来ない。
これがもしドイツに3年住んでいれば、きっと大学で第2外国語でドイツ語を専攻して、2年間の一般教養の語学の単位を楽々に取れるくらいにはなってただろうに、とこないだフランクフルトに帰ったときに思ったもんです。

こちらの方と結婚された方、こちらに移住されて仕事もがんばっておられる方、とあきらかにテンションも覚悟の度合いも違う海外駐在組。
どういう心構えで日々生きていけばいいのか、2年半を過ぎて、ちと思うところあり、です。
by kyokokyoko0504 | 2011-09-09 16:47 | イタリア語
昨夜は、ダンナの会社のチームのメンバーである、スロヴァキア人とチェコ人と4人で家の近くで外ご飯。
ムスコは同席拒否したので、ピッツアをテイクアウトして持たせて帰らせた。

Vorrei una pizza da portare via per mio figlio.
(ムスコにピザ一枚テイクアウトしたいんですけど)

毎回少しずつだけれど、いつもよくしてくれるお店のマネージャー(?)の言っている事が、どんどん分かるようになってきているのが面白い。
この前来たのが、2月にフランクフルトから友達が来たときだから、4ヶ月前か。
ミラノに引っ越しの日に初めて来た時は、まあちんぷんかんぷんだったことからすれば、それなりの進歩だと思おう。

お店の人とはイタリア語、ゲストとは英語で会話するテンションのあがった2時間は、正直へろへろでございました。
ふっと気を抜くとあっという間に、言葉が意味を持たないただの音になってしまう。
何度も何度も心の中で深呼吸して、脳に酸素を送り込んで、音にしないように腹に力を入れる。

ワタクシは日常的に外国語を話す環境にはいない。
ただ週3回のイタリア語のレッスンのとき、家の門番さんと意思疎通しなきゃならないとき、メルカートで買い物するとき、ぐらいしか、頭を日本語から切り替える事はない。
だからああ、ダンナはこうやって毎日仕事してるんだと思うと、がんばってるんだなあと心から賞賛の念を覚えまする。
この年で外国語で生活する、ということは、脳に相当なストレスを与えていると思いますよ。

しかし、昨日英語で話しているとき、何度かイタリア語で考えてから英語に変換している瞬間があって、びっくり。
英語でなんて言うんだったっけ?って。
そして英語がでてこなーい!

シーフードの話になって、frutta di mare、ああ違う、fruits de mer違う違う、fruitsはいいけど海ってなんて言うんだっけ?マーレ、メール、メーア、まーまーまー……
「see foods?」
と横からダンナ。
本当に空白でしたさ。
情けなし。
この混乱っぷりが、またまたぐったり疲れを引き起こし。

この他からみればささやかかもしれないけれど、ワタクシにとっては相当なストレスが、退化し出した脳に活力を与えるのか、はたまた脳細胞の破滅をよりいっそう促しているのか。
それがわかるのは10年後ぐらいなんでしょうかね。

基本初対面苦手。
こう見えても引っ込み思案。

誰にも会わずひきこもっているのが、別に苦にはならないワタクシ。

それなのに、外国語でテンションあげあげでいることは、ある意味コスプレして舞台で別人格を演じているようなもので。

そんなことノープロブレムよ〜と言う方を、心より尊敬申し上げまする。

本日、昨日の疲れからかイタリア語のレッスン中、意識が漂流しそうになるわ。
セール前のお洋服衝動買いしそうになるわ。
(思いとどまったけどね)
by kyokokyoko0504 | 2011-06-18 03:14 | イタリア語
3週間の日本滞在&1週間の片付けのため離れていた、イタリア語のクラスに復帰するための条件が、4時間のプライベートレッスン。

「4月にやったことの復習と、kyokoのイタリア語のブラッシュアップのため」受けなさいね、と。

はあい。
本日その半分をやってきましたよ。

朝からグループレッスンを受けたそのままの流れで突入。
はああああああ。
もうむりむりむりー!
強烈にぐったり疲れきりましたよ。

本日は電話にてホテルで予約を入れる、というシチュエイションのレッスンで
「イタリア人は電話で予約する人がほとんだわね。日本人は?」
「e-mailが多いかな」
「電話しないの?」
「e-mailの方が確認取りやすいし」
なんて話をしながらだったのだけれど、イタリア人の電話好きは相当なもので、その中でも南の人は、北のミラネーゼから見てもすさまじいものだそうな。

「Kyokoは電話派?e-mail派?」
「ああe-mail。だって電話キライだし」
「ええ?!どうして?」
「だって……ワタクシ……イタリア語、英語どころか、日本語話すのも楽じゃないもん」

中学英語で習いましたよね、not only ---but also。
イタリア語でもそのまんま使えまする。

ワタクシは軽度だけれど吃音があるので、昔から話すのが苦手で、それが非常にコンプレックスだったのですよ。
矯正のために客商売についたようなもん。
おかげさまで若干なおりましたがね。

それでも今でも話さないですむのならずっと黙っていたい。
ま、それゆえ、文章を書く能力が多分ついたんでしょうけどね。

ああ、だから「英国王のスピーチ」はものすごーく同感できたし、彼が最後に最大限の努力でスピーチをする場面には、思わず見入っちゃいましたさ。
飛行機の機内モニターで吹き替えだったけどね。
(英語バージョンを見たい!!)

そんなワタクシが今やイタリア語を話さないと生活できない、このキツさ。

「Kyokoは聞きとれてるし、理解してるし、大丈夫よ。自信もって。イタリアでは話す事がとても大事。がんばって!!」

と励まされましたがね(>_<)

明日また残り半分。
これから宿題しなくては!!
by kyokokyoko0504 | 2011-04-21 02:24 | イタリア語
本日は朝から雨。
またバスも遅れるだろうなあ、メトロもヤバいかなあ、などとまたもや腰が重ーくなりながらイタリア語のレッスンに行ったら


ひとりだった


「今日はみなさん遅いね〜」
「今日は雨だから、トラムもバスも遅れてるから」

などと先生と雑談しながら待つも、来ない。

二人しかいないから、何んだかんだと聞かれ、なんだかんだと答え……その全てがイタリア語


ニュアンスやらそれまでの他言語の知識から、なんて聞かれてるのかは、かなりわかる。

でも、答えられない!!

だって動詞知らないもん!
形容詞比較級知らないもん!!

あーmakeは何だっけ?takeは何だっけ?getは、giveは?きーーわからーん!!
何でみんな来ないのよーーーー!!!

と逆切れしそうになりましたさ。

動詞はね、途中からフランス語に切り替えてわたわたとつぶやいてたら、単語として似てるもんだから先生に拾ってもらえるようになって助かった。(ビバ!三つ子の魂)
知ってる単語少な過ぎ。
ちょっとしばらく本気で覚えないと。
きつすぎる


帰宅後、ハハのあまりの疲労困憊っぷりにムスコがお茶を淹れてくれましたよ。
目が半分しか開かなくなって、珍しく昼寝。

今日で第1クール終了。
第2クールの分の€380を払い、来週は1週間お休み。
この8週間分の復習を絶対にやる!!!
基本動詞は頭に叩き込む!!!

どうやって?……


人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2011-01-08 08:02 | イタリア語
ぺらぺーらぺらぺーら、ひっきりなしにしゃべるイタリア人ですが、しょっちゅう耳にする単語(フレーズ)がいくつかあります。

まずひとつめ。

アッローラ
英語でいうwell……、日本語じゃ「えーっと」かね。
でもこういう繋ぎの言葉って、あたりさわりのない音の高さとか、強さで言うじゃない?普通。
それをイタリア人は「アッローラッ」とスタッカートきかせて言うのよね。
そこまで強調せんでも……

つぎに

シクラメンテ
英語でいうsureだそうな。日本語で「確かに」というと強すぎるなあ。
これも繋ぎみたいな言葉。

オカピート
I understood.「わかった」です。
でもこれって文法的には、オとカピートにわかれて、現在完了の形態とってたりしてて、実は複雑なんですのよ。
意味があるというより、相づちの言葉ね。

ペルケー
whyもbecauseもペルケ〜
「どして?」「えーだってさー」って感じ?

ペロー
「でもさー」。英語のbutとはちょっと違うなあ。
ドイツ語のaberに近い。これも繋ぎ?


うーん。繋ぎばっかり?



あのぺらぺーらぺらぺーらの中身は半分以上、意味のない言葉なのかもしれませんなf(^^;



そうそう、マンマミーアもときどき聞くけど、これって「Oh my god!」オーマイガッ!てやつですな。
フランス語でも神様だったけど(ドイツ語ではあんまり聞かなかったような)、イタリアだとマンマ=ママなのね〜

さすが総マザコン男と言われるだけあるよ、イタリア!

人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-11-25 22:32 | イタリア語
本日の驚愕。

イタリア語のクラスの、ブラジル人のマダムが

「日本語でABCは何て言うの?」

と聞いてきた。

うーん。ABCはABCだが、どうやら彼女の聞きたいのはどう発音するのか、ということ。
ちなみに、イタリア語では「アービーチー」。

日本ではABCは英語読み。日本語は違うシステムの言語で、アルファベットは使わない、文字はひらがな。カタカナ、漢字のミックスだと言うと、すっごいびっくりした顔をした。
(まあ、彼女の表情筋は日本人の10倍ほど動きますがね。)
というのも、

「ブラジルに住んでいる日本人はポルトガル語をしゃべるから、日本もABCの国だと思ってた」

んだそうな(@_@)

それってブラジル人の一般的認識なんだろうか?

もーちゃうよ。
世界中がABC基準の言語じゃないんだよ、っていうのは、マイナー言語を母国語としている人間にしかわからないことなんだろうかね?

彼女は自分のポルトガル語がポルトガルでは通用しない、ブラジル流ポルトガル語だから、大変なんだっていうけれど、いや、そんなことは我々日本人が、ラテン語ルーツの言語を習う大変さに比べたら、へでもないっちゅーねん!!

ドイツから来たって言ったら、
「えー英語も習って、ドイツ語も少ししゃべれて、イタリア語も習うんかい、アンタ!」
みたいな、うそーって顔されましたさf(^^;

ええ、そうなんですよ。だからマイナー言語の人間にはちょっとハンデちょうだいね。



本日もイタリア語レッスン、猛スピードですっ飛ばしております。
名詞にあわせて形容詞も変化するけど、でもドイツ語の変化よりはぜーんぜんラクチンよ。
語尾のルール一緒だもん♪
ただ、フランス語と混乱するーーー!!
それでも、新たな動詞が出てきたときに、ああ、これはフランス語のアレだな、とひっかかるのが三つ子の魂でしょうかね。
日本にいたら全く思い出さないのにね。

人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-11-23 06:35 | イタリア語
イタリア語のレッスンに今日からふたり新たに加わった。

ブラジル人とキューバ人。

そう。
つまり、ポルトガル語とスペイン語が母国語の彼女たち。

別にイタリア語習わんでもええんちゃう?!(>_<)と思う、同じラテン語族です。
多分、単語は本当に近いみたい。
ただ定冠詞など細かい所が違う、とかアクセントが違うとか。

全くの初心者コースなのに、なんかぺらぺら先生としゃべってるよ!!
うーんそれはポルトガル語やスペイン語なのか???
ホントにいいよなーと思う。

そして声がでかくってね〜
日本人のワタクシは「怒鳴ってるの?」って思っちゃうよ。
(普通の音量のよう)

トルコ人のオズラムはbiginnerといえども、カタコトはしゃべれる。
もうひとりのカナダ人のアンディは、なかなかレッスンに来れないよう。今日も休みだった。

なんか多国籍になってしまったこのレッスン。

先生はイタリア語オンリーだけど、わからないところを聞くのは、どんどん英語で聞きゃいいんだな、と思った本日の1時間半。
まごまごしてると付いて行けなくなりそー


ぐったり疲れましたよ……

そうそう、金曜日のストは回避されたよう。
そう思うと危機感がなくなって、まだコベンツくんは動いておりませんf(^^;

人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-11-18 01:46 | イタリア語
be動詞、数字、5W1H


これが外国語習得の、初めの第1歩。
ヨーロッパ言語だと多分これが法則みたいですよ。

イタリア語のbe動詞は<essere>

でも主語&時制によってがんがん変化するから、原形うんぬんよりは

io(一人称単数)sono
tu(二人称単数)sei
lui&lei(三人称単数)è

これだけでも。

数字はまずは0〜100まで。

そして5W1H

What?   Che cosa?  
Who?    Chi?
Why?    Perché?
Where?   Dove?
When?   Quando?
How?    Come?


なんだかね、これだけで随分イタリア語がわかるような気がするから、不思議ですな。

ちなみに4カ国語。

英語    イタリア語   フランス語   ドイツ語
What?   Che cosa?    que      was
Who?     Chi?     qui       wer
Why?    Perché?    pourquoi    warum
Where?   Dove?     où       wo
When?   Quando?    quand     wann
How?    Come?    comment     wie


なんと、市場で買い物できました(^^)

人気ブログランキングへ
by kyokokyoko0504 | 2010-11-10 23:21 | イタリア語