カテゴリ:フランクフルト 買い物( 9 )

ただいま最後のフランクフルト滞在中です。
ダンナの出張に便乗してやってきました。
目的は、そう。


鍋購入

いやね、うちに今ある鍋だけで充分といえば充分なのはわかっているんです。
ドイツでルクルーゼひとつ買ったし。
でもこうやってヨーロッパを離れるにあたって、やっぱり「買っておかなきゃ」ならないんじゃないかと(何で義務感??)

コレですよ、コレ。
b0178006_5245481.jpg

でもさすがのワタクシも、ピコココットはサイズ的にもルクルーゼと被るからやめておこう、という自制心が働きましたよ。
そして自分なりにいろいろ言い訳を探して、

①各種火元に使えるから、直火でもオーブンでもIHでもOK
②卓上IHクッキングヒーターを購入して、今あるホットプレート型の鍋は廃棄
(これはテフロン加工がはげているので、もともとヨーロッパから帰るときには廃棄予定で持ってきた)
 卓上鍋として使用

つまりは「アレは捨てる」から「コレを買う」&「アレとコレを兼用」で狭い日本でも収納可能という抜け道を見つけて、インターネットで目星をつけたのがこちら。
b0178006_5435153.jpg

まあ、日本だとなめてんのか、なお値段がついてるんですよ。
鍋一つに3万円も出せないっちゅーねん!!

ところがこのフランス製の鍋、なぜかイタリアには売っていないという罠。
イタリア人、そこまで隣国フランスが嫌いか?!
なのでしゃーないとばかりにフランクフルトまで買い出しにでかけた、という訳です。
それに自分の分だけじゃなくて、日本の友達にも「買ってきてあげるよ〜」と安請け合いしちまったもんで。

その友達の分は、もともとの希望は31cmのオーバルだったんだけど、なんとドイツでも215ユーロもする高額商品。
それってどうなの?と確認を取り、在庫処分をしていた29cmのだと149ユーロ、という多分世界最底値のものを提案し、そちらをget。

そしてそうなると、定価で買うとなんだか「負け感」が募るのがワタクシ(-_-;

確かに159ユーロ、日本での定価の半分以下。
全然負けてなんかないはずなんだけど、ここでセールになってるのだったら、更にお買い得感が。
いやいや、それよりもこんなくそ重い鍋じゃなく、VMFとかフィスラーとかのステンレスの鍋だったら100ユーロ以下で買えるのに、なぜわざわざフランス製の鍋を買う?

とかなんとか自問自答しつつ、5件の店を行ったり来たりしてさんざん悩んだ挙げ句、やっぱり初志貫徹して、狙っていたものを連れて帰ってきましたよ(^^)

初staubです。

実際買って、ホテルの部屋で鍋を見ながらいろいろ料理が出来上がった図を想像してみたら、あれやこれや出てきたので、思っていた以上に使える鍋のような気もしてきた。

さあ船便に乗せて2ヶ月後には再びお目にかかりましょう!
こんな引っ越し間際になっても、まだ行ってしまうアンティークマルクト
友達に紹介がてら、掘り出し物探しにLet's go!

ワタクシは特に探しているものはなかったのだけれど(アペリティフ用のグラスとか、フレームとか、言い出したらいろいろございますがね)、たまたま出会ったこのカップ。
b0178006_2315215.jpg

WMFの100年くらい前のものらしい。
今のWMFはとってもシンプル、これぞドイツ食器って感じのラインナップですが、昔はそうでもなかったのね。
流行すたりがあるようです。
6客セットだったのを、友達と2客ずつシェアする事にしました。

紅茶とかホットウィスキーとかホットワインとか(^^)




そして、引っ越し間際だというのに、またカップが増えてしまった……
地味〜な生活のドイツ人。
店頭にもイマイチ目を引く物はありませぬ。なんたって質実剛健。
家と車にお金をかけて、洒落っ気の「し」の字もない人が多過ぎですよ。
そんなドイツ生活において、わずかながら

これは買い!

なものもありまする。

そのひとつがFALKEの靴下。
b0178006_223541100.jpg

去年遊びに来たN氏は「いろいろ」とコダワリのある男なのだが、彼が
「靴下はFALKEしか履かない」
とドイツで買い込んでいくのを見て。

うちのダンナが試してみて。

ダンナがいいよ、というのでワタクシも試してみて。

すっかりファンになってしまったわけであります。
日本じゃなんだかとっても高級品のようですが、こっちじゃ、ま、そこそこだしね。

でもワタクシは自分の靴下に10ユーロも払うのは、分不相応だと思うんだな。ダンナのはいいけど。
でもでも、10万円の椅子は欲しいと思うし、分不相応とは思わないんだなf(^^;

そんなFALKEですが、こちらのアウトレットに入っていて、靴下もお安くなっており、紳士ものでも1足7ユーロくらい!
ワタクシのランニングようのちっちゃいソックスも4ユーロ♪
今ネット見たら、日本で1300円で売ってたf(^^;

ということで、昨日はアウトレットにて靴下を大量に買ってきましたよ。

そしてもうひとつ、これは有名なBIRKENSTOCK
b0178006_22253437.gif

サンダル、もしくはスリッパですな。
我が家では家履きとして愛用中。ドイツの床は固いので、ちゃんとサンダル履いてないと腰がいたくなるのよ……
これもミラノに行く前に、と新しいのを買ってきましたよ。
ワタクシのはコレ。
b0178006_2228874.gif

部屋履きを外サンダルにしたムスコのはコレ。
b0178006_2229361.gif

ダンナのはまだまだ大丈夫だから、今回パス。だって履いてる時間(=在宅時間)短いもんf(^^;

みなさまも、ドイツにお越しの際にはぜひこのへんをお求めくださいませ〜
先週の土曜日、切らしていたプリンターのインクを買いに行った。
50ユーロ強なり。インクのレフィルってなんでこんなに高いのか(-_-)

「なあなあ、この金額払うんやったら、新しいの買わへん?」

ダンナが指差した新品のプリンターたちは100ユーロしなかった……

どうしてインク代と本体+インク代の差が40ユーロくらいしかないの?!
プリンターって5000円くらいで出来るものなの???

不思議で仕方が無い。

日本から持ってきたプリンターはもう5年以上使用しているもので、インクののりもイマイチになってきている。
ここが変え時か、と思い購入する事にした。

去年なら「日本で使えないし、なるべくドイツでは家電は買わないようにしよう」と思っていたのだが、なんだかそんな枷も外れつつある今日この頃。
新しいプリンターにはカラーコピーもスキャナー機能もついているじゃない!
でも購入にあたってふたりの意見が一致したのは

「ワイヤレスがいい」

だった。
うちはノートパソコン3台使用の家なので、プリントアウトするときにプリンターを持ってきてケーブルで繋いで、とやるのがはっきりいってめんどくさい。
そういう目で眺めると、なんだかないのよね、WiFi搭載。

HPともひとつアメリカのメーカー(忘れた)のぐらいで、ずっと使っていたCanonにはない。やっぱり信頼の日本ブランドがいいよなあと思って隈無くさがしたら、Epsonので1種類だけWiFi搭載のがあった!!

ということで購入決定。
Canonよ、ひとりユーザーを減らしたな(-_-;

そして使用感といえば、

やっぱりワイヤレスはいいわ〜♪

例えて言えば「テレビのチャンネルがリモコンになったときの快感」でしょうかね(^^)
ストレスレスだわ、スキャナーのデータは自動的にMacのピクチャフォルダーに送られるわ、で満足満足でございます。
これはよいお買い物をいたしました。


しかしEpsonよ、20カ国の言語表示が出来るくせに、中国語もハングルもあるくせに、どーして日本語はないのかね?!
海外駐在者にとって日本への一時帰国の一番大事なオシゴトはなんたって買い出し

ドイツでは買えない(もしくは非常に高い)ものをスーツケースいっぱい買って帰ってくること。
行きのスーツケースはお土産でいっぱい。帰りのスーツケースは食料でいっぱい。
戦後の闇市で、着物を売ってお米買ってるおかあさんみたいですよ。

「買って来たものリスト(抽出)」
<食料>

ふりかけ
お茶漬けのもと
おせんべい
うどん
ぬか床
玄米茶
麦茶
カレールー
お弁当用ミニマヨ&ケチャップ&醤油&ソース(今回4番目に重要物)
携帯みそ汁
かつおぶし
甜麺醤

<その他>
トイレクリーナー(most important things ドイツにはない)
ノート
保温機能付き弁当箱
水筒(ドイツのは漏れるってムスコがいうので)
防虫剤

化粧品
ポータブルDVDプレーヤー(今回2番目に重要ブツ)
ブックオフ山盛り(今回3番目に重要ブツ)

<衣類>
ユニクロ山盛り(ウン万円費やしましたさ)
Yシャツ
カットソー(ドイツのだとすぐのびのび)
下着


この大量の買い物を、ほとんど先に帰ったダンナのスーツケースに詰め込んだ。
衣類はワタクシたちが持って帰るから、と。

そしたら。

ダンナったら税関職員につかまっちゃったのよ!!

それも空港出入り口外のタクシー乗り場で(-_-)

「スーツケースの中身見せてもらえますか?」って。
まさか税関じゃなくてそんなところでねーーーー

ぱんぱんにふくれあがったスーツケースの中身は、見事に食料品ばっかり。(30kg超え)
「スナックばっかりじゃん!!」
とあきれかえられ
「これは何だ?」
と真空パックのかつおぶし(うちはかたまりを削ってるのさ)を不審がられ。
(「very dried fish」と答えたそうな)
「家電はないのか?」「ない。PCだけだ」
(DVDプレーヤーはワタクシ達が持って帰ることにしていた)
との問答後、無罪放免。貴重なかつおぶしもマヨネーズもカレールーお茶漬けの素もOK。

一体何を探してたんでしょうかね???

そしてダンナの「何」に反応して呼び止めたんだしょうかね?

ムカついたダンナは、大量のブツをスーツケースに戻し「閉めるの手伝ってくれませんかね?」と税関職員に手伝わせたそうな。
まあロシアで自爆テロあったばっかりだったし、ぴりぴりしてたのかなあ。

「クルマに乗り込むまでは気を抜くな」

皆様もお気をつけ下さいまし(^^)
ワタクシは基本、何でも捨てられるオンナだ。(本CD除く)
だが、どうにもある特定のモノになると、とたんに捨てられなくなるらしい、ということは先日、ダンナから

「もうこれはサヨナラしてもよろしいんじゃないでしょうか?」

と見せられた台拭きで、よーく分かっていた。

ガーゼを複数枚重ねた、景品でもらうようなよくあるものなのだが(新聞の景品だったはず)、そんな布巾、重なった部分が少なくとも3枚は破れており、色もカンペキに変色し、ばっちい。
はいごもっともです、とそのままゴミ箱行きとなった。

そして本日、とうとう代替わりしたのがコレ。
b0178006_101193.jpg

オーブンで焦がして、レンジで溶かしてと、かなり危険ゾーン入りしてからはや何ヶ月?
みっともないったらありゃしない。

でも捨てられない(-_-;

何でなんでしょうね?
本日IKEAにて3ユーロで新人を連れてきました。さてバトンタッチだな。
お寒うございます。
はい。毎日最高気温が氷点下です。
ま、最高気温も最低気温もたいして変わらないのだが。陽がささないからね。

毎日こんな格好で出かけてます。
ええ、ほとんど同じ格好。
b0178006_19343413.jpg

いろいろコーディネイトしようなんてオシャレ心もなくなりますな、寒過ぎて。

だって耳隠れる帽子じゃなきゃ意味ないし。
膝隠れるコートじゃないと寒いし。
膝までのブーツじゃないと脚凍えるし。

ものとーん。地味〜
このコートとブーツはこちらで購入しましたよ。ざ、防寒着。
せめてちょっぴりシルバーっぽい色というのがかすかな抵抗。
ドイツ人みんな地味でございます。みんな黒、紺、濃いグレー。ジーンズ&ブーツ。
制服かい?!

これに手袋で完全防備だが、唯一出てるのが
−5℃とかで外歩くと、寒いというよりイタイ
これが−20℃になるとアタマの血管が切れる感じがするそうな。
nike+
b0178006_22561772.jpg

なんちゃってジョガーなので、シューズは1年に1度履き替えぐらいのペース。
履き替えた瞬間のホールド感がいつも気持ちいい。つまり今まで履いてたのがしっかりへたってた、という証拠なので。
nike+にしてから1000km走りました〜
昨日またもやアンティークマルクトへ行き(日曜、こんなとこしか開いてないんだよ)今回、ようやく連れて帰る事が出来たもの。
b0178006_234331.jpg

ほんの少し黄色みを帯びていて、今のガラスじゃないいい雰囲気。
綺麗に洗ってあげたら光が増した。

白ワインがいいんだろうけれど、そのときあったのがロゼのゼクトだったので、昼間から試し呑み(^^)
そしたらピンク色にほんのり染まった。

満足満足。

しかし、その何も食べずにゼクト呑んだのが悪かったのか、夜中胃痛でもんどりうつ。
ああ久々。
胃薬呑んだらその水が刺激したのか吐きそうに。
せっかく呑んだ薬がもったいない!ととにかくトイレで我慢して、寒くて震えがきたからまた布団に戻って、もうひたすら我慢の子。
早く薬きけー!と時計とにらめっこしていたら、いつの間にか眠っていた。
気絶してた?

今日は一日いまいち。