Macユーザーとして

俄だけれど、スティーブ・ジョブズに哀悼の意を。

ヨーロッパに引っ越すにあたりOSがころころ変わるWINに愛想を尽かし、Macに転向したワタクシ。
同じコンピュータのはずだけれど、発想の出発点が違うなあと日々思うのですよ。
内部をWINの思考回路で探ろうとすると、すぐに行き止まりにぶつかってしまうけれど、「こう行きたい」と思うままに進行して行けば、こちらの要求に答えてくれる、そんなとこが。

ワタクシはi-phoneもi-padも持ってないけれど、i-podはもはや生活に欠かせないものだし、こんな機械オンチ、機械系に別段コダワリのない層にも、ハード達に愛着を持たせることに成功したapple社って、他のメーカーとはひと味もふた味も違う。

見かけ上等!見かけ超重視!なミラネーゼにもMacは人気。
街中でのbarやcafeで開いているコンピュータは、ほとんどMacだったりするこの街柄です。

機械オンチユーザーとしては、この先もスタイリッシュさを失わないappleであって欲しいなあ。