1年が経ちました

ミラノに越してきて1年が経ちました。=イタリア人との格闘の毎日が1年過ぎたという事!

あーなんだか本当に濃い1年だったわ……

去年はもう少し涼しかったなあ、蚊もいなかったなあ、と昨日はいろいろ思い出しておりましたよ。
2010年9月30日、フランクフルトは通常運転の雨混じりの肌寒い一日で革ジャン着てて、最後に学校に挨拶に、と伺ったら「日本人じゃないと思ってf(^^;」と門を開けてもらえなかったのよね。
まあ、昔から海外で日本語で話しかけられる事はなかったけどさ。

2011年9月30日は、ミラノのいまだ強力な日光の下、日本人学校の保護者主催のお祭りの準備を、イタリア語レッスンの後ずっとしていたのだけれど、現場設営なんて一番慣れた仕事のはずが、もう、ぐったり。
「ひとまわり若かったら平気なんじゃない?」
と友達に言われたけど、確かにそうだ。
だって一回り若かった時は、徹夜で作業してたもん。
その後サイン会の人員整列もしてたもん。

あー体力落ちたなあ……

なかなかスムーズに勉強に取りかかれないムスコと夜中に大げんかして、下の階からドンドンドン#!と棒で抗議の天井突きをされ(噂には聞いていたけど、ホントにやるんだ)寝不足気味でしたがね。
イタリア人に生気吸い取られてるのかしら?f(^^;
中学3年生のムスコになんで「さっさと勉強しろ」なんて言わなきゃならないのか、アホらしくてバカバカしくてやってらんないわ!ってとこですよ。

あー甘ちゃんムスコを育ててしまった自分のせい?……

明日はイタリア語検定を受けるので、今日1日はイタリア語の勉強をしなければいけませぬ。(泥縄?)
当然イタリア語で文法も習っているので、日本語で文法を説明されると、チンプンカンプンも甚だしい。
日本語の意味が理解出来ませーん。
4択問題だったんだけど
「kyokoさん、これ、どういうことかわかります?」
と解説文を見せられて、ちっとも腑に落ちない。
「これとこれは自動的に消える(4択ではよくあるパターン)。この言い方はこの1年で聞いた事がない。だからこれになるんじゃない?」
と日本語からじゃないアプローチを試みるしかない、イタリア在住のワタクシ達。

あー脳細胞の破壊と再生のスピード分配を変えて欲しい……



それでもとにかく病気せずに1年過ごせただけ、よしとしましょうかね。
(ダンナはフランクフルトで救急車で運ばれたがf(^^;)
Buongiorno イタリア2年目!