便りがないのは元気な証拠

ちと日記の間隔開きました。
このところ平穏無事に過ごしておりまする。
フランクフルトに模試を受けに行ったムスコも、無事に帰ってきたし。
(友達、ありがとーーー!!!)
このところクルマにも乗ってないし。
このところ不愉快な目にもあってないし。

いや、そういえば昨日帰りのバスで、二人がけのシートの奥に座ってて、次降りようとして「Scusi!(すみません)」と言ったら、通路側に座ってた電話中の隣のパープリンそうな、ケバいねえちゃん、「ううん、中国人が降りるって言っててさ〜」というのに、ムカッと来て降りる間際睨みつけてやりましたが。

ワタクシはアンタに「Scusi!」って言ったのよ!!(Scusiは丁寧語)

どうみても自分より教養も何もかも低そうなアホそうなイタリア人に、アジア人だからって一段低く扱われるのに、我慢が出来ない今日この頃です。

今まではノイズでしかなかった音が、妙に言語に聞こえてくると、それまで気にならなかったことまでイラっ♯とくるから困ったもんです。

イタリア人、中国人嫌いなのよ。
ここに住んでるとつくづく思いますよ。
まあ、自国を侵略されていっている感があるんでしょうが。
イタリアの中国人、ものすごくよく働くからねぇ。
裏返してみれば、イタリア人が働かなさすぎる、ともいえますが。
自業自得なのよ!

そして、今住んでいる地域は フィリピン人=お手伝いさん の概念があるところ。
アジア人にはなかなかキビシい環境です。
(だから不愉快な目に遭わないためにも、毎日着飾らないと行けないんだけどね)

といいながらも、頭が沸騰するほどの目にはあっておりませぬ。

一応平穏な日々ですよ。