vacanza中にシステム変更

ミラノに越してきて11ヶ月になろうというワタクシ達。

いまだ滞在許可証(Permasso di soggiorno)が取得出来ておりませぬ。

なくてもあまり日常生活において不便はないんですけどね。
フランクフルト住民でもフランクフルトに税金払っててもあまり問題ないんですけどね。

(ホンマか?)

それでも何かに登録しようとしたりするときに、ちょろっとやっかいになるわけです。
常にダンナの名前で登録しなきゃならないとか。
そういう際に必要になるのが税務者番号(Codice fisicale)というものなので、じゃ、これだけでも先に取っちゃおうか、ということで、本日朝9時半のアポイントで、親子三人雁首そろえて行って参りました。

初めて会うエージェントの女性は小柄で、どーんとしたイタリアのシニョーラではございませんが、一生懸命やってくれてそうな「感じ」はする。
書類に名前やら出生地やら誕生日やらを記入し、待つ事30分。
エージェントの女性に連れられ、役所の窓口に趣いたならば


「あー、それ、この休暇中にシステム変わったから。滞在許可証がなきゃ税務者番号のカードをだすのはムリ」


はあ?
あのね、その滞在許可証がないから、とりあえず先に税務者番号のカードをもらおうとしてるんじゃない?!!

久々にやられましたね。

ほお、イタリアはvacanza中にいろいろシステムが変わるんだ〜
そういえば、郵便局のコンピュータのシステムも変わって、200人待ちとかなってましたね〜



ええかげんにせいっちゅーねん!!!



ダンナの半日がこれでつぶれました。
ワタクシ達は閑人なんでいいんですが……

今日も暑いミラノです。