ウィーン旅行記

日曜日午後11時くらいに帰宅しました。
久しぶりにドイツ語圏。
ドイツじゃないけど、ドイツ語圏。

やっぱり、何と言いますか、落ち着きますな〜

イタリアのエネルギッシュさもいいんですよ。
ただね、時々、もうちょっと落ち着こうよっていいたくなるんですよ。
(本日のレッスンで「kyokoは友達は賑やかなのと落ち着いてるのとどっちがいい?」と聞かれて、時と場合によると答えた日本人なワタクシ)
帰りのミラノのタクシーの運ちゃんなんかね、ハンズフリーで電話に出るのはいいけど、右手でハンドル握りながら左手はジェスチャー必須、ってどうなん、それ?
(もちろんMT車)


金曜日にウィーン空港に降り立ち、Ausgang(Exit)に向かう女性の後ろ姿が
ジーンズ+ヤッケ+リュック+スニーカー
色気の欠片もナシ。
限りなく、最果て無く、地味

ああ、ワタクシも今すぐにここで着替えたい!こんな12cmヒールのサンダルじゃなくて、スニーカーに履き替えたいと、心底思いましたね。
エレガンテな格好なんて分不相応なんだよーーーー!

ダンナから「ミラノ在住者としてがんばれ」と変なエールを送られましたが。

クルマはウィンカー出して車線変更するしさ。
車線の真ん中を走ってるしさ。
信号無視はしないしさ。
クラクションも鳴らさないしさ。
歩行者の前では減速するしさ。
b0178006_3373234.jpg

フランクフルトに比べればちょっと雑然とはしてましたが、落書きは少ないし、道に吸い殻も犬の糞も落ちてないし。
ごはん食べてても、ひそひそ声で話すマナー。
アルプス越えるとここは別世界ってなもんです。


ダンナとふたり「落ち着くねー落ち着くねー落ち着くねー」と、2日半繰り返しておりましたよ。


続く。
by kyokokyoko0504 | 2011-08-02 01:55 | おでかけ