プライベートレッスン

3週間の日本滞在&1週間の片付けのため離れていた、イタリア語のクラスに復帰するための条件が、4時間のプライベートレッスン。

「4月にやったことの復習と、kyokoのイタリア語のブラッシュアップのため」受けなさいね、と。

はあい。
本日その半分をやってきましたよ。

朝からグループレッスンを受けたそのままの流れで突入。
はああああああ。
もうむりむりむりー!
強烈にぐったり疲れきりましたよ。

本日は電話にてホテルで予約を入れる、というシチュエイションのレッスンで
「イタリア人は電話で予約する人がほとんだわね。日本人は?」
「e-mailが多いかな」
「電話しないの?」
「e-mailの方が確認取りやすいし」
なんて話をしながらだったのだけれど、イタリア人の電話好きは相当なもので、その中でも南の人は、北のミラネーゼから見てもすさまじいものだそうな。

「Kyokoは電話派?e-mail派?」
「ああe-mail。だって電話キライだし」
「ええ?!どうして?」
「だって……ワタクシ……イタリア語、英語どころか、日本語話すのも楽じゃないもん」

中学英語で習いましたよね、not only ---but also。
イタリア語でもそのまんま使えまする。

ワタクシは軽度だけれど吃音があるので、昔から話すのが苦手で、それが非常にコンプレックスだったのですよ。
矯正のために客商売についたようなもん。
おかげさまで若干なおりましたがね。

それでも今でも話さないですむのならずっと黙っていたい。
ま、それゆえ、文章を書く能力が多分ついたんでしょうけどね。

ああ、だから「英国王のスピーチ」はものすごーく同感できたし、彼が最後に最大限の努力でスピーチをする場面には、思わず見入っちゃいましたさ。
飛行機の機内モニターで吹き替えだったけどね。
(英語バージョンを見たい!!)

そんなワタクシが今やイタリア語を話さないと生活できない、このキツさ。

「Kyokoは聞きとれてるし、理解してるし、大丈夫よ。自信もって。イタリアでは話す事がとても大事。がんばって!!」

と励まされましたがね(>_<)

明日また残り半分。
これから宿題しなくては!!
by kyokokyoko0504 | 2011-04-21 02:24 | イタリア語