野菜のためなら幾千里

◈肉篇の次は野菜篇

ドイツのスーパーで1年中手に入る野菜
<根野菜>
ジャガイモ/人参/タマネギ/コールラビ/ラディッシュ/ショウガ/ニンニク
<葉野菜>
ボーリング玉のような固いキャベツ/レタス/白菜/セロリ/グリーンリーフ/青ネギ/白ネギ(ポロネギ)
<実野菜>
パプリカ/トマト/茄子/ズッキーニ/キュウリ/インゲン/アヴォカド/ブロッコリー/カリフラワー
<きのこ>
いろいろ

季節によって手に入る野菜
<根野菜>
シュバルツブルツェルン/かぼちゃ/大根
<葉野菜>
ルッコラ/ほうれん草/フェルドザラート

ざっと思いつくままこんなもんでしょうか。

そして次が重要!

店によって手に入る(かもしれない)野菜
<根野菜>
里芋/ごぼう/レンコン
<葉野菜>
小松菜/チンゲンサイ/ニラ/もやし/タイ&ヴェトナム料理用香菜類
<実野菜>
オクラ

このあたりはアジアンスーパーにて発見可能。
日本人がよく行っているのは

・Shan lee
・Asian Paradise
・Kim's Laden

韓国系だったりタイ系だったり。
でもね、日本食材店は高いし、何もないから行かない(-_-)!!
世界中アジア系の店だったら、某かは揃うんじゃないかな。
普通はチャイナタウンがあるもんだが、フランクフルトにはないんでね。

こうやって、普通のスーパーにはないものが欲しい場合、アジア系スーパーをはしごして、何とか探し出すわけですが、非アジア系で

柔らかい生で食べられるキャベツ
b0178006_3363144.jpg

(シュピッツェコール(とがったキャベツ)
を扱っているところがあります。

それが前記事の「農園」でございまする!

ここだけは1年中あります。
千切りキャベツを食べたかったら、ここに来るしか無い!!!野菜炒めもね。ああ、日本のキャベツがなつかしい……