外国人は銭湯に入れないんじゃなかったっけ?

年末ミニスキー旅行の続き。

日本のスキー場には温泉がつきものだが、こちらでもそういうニーズがあるのか、ネットで調べるにホテルには軒並み「スパ」の施設が併設されていた。
ワタクシ達が泊まったホテルもしかり。

しかしドイツのスパなんて行ったこともないから、興味本位、体験してみようぜぃということで、荷物には水着を入れて行くことにした。

コケまくったスキーも終わり、夕食までに絶対スパだと意気込んだワタクシは、まず偵察に行くことに。だって何があるかもわからんし。
どうやら1階部分に Schwimmbad (プール)があるとの案内を見て、おそるおそるドアを開けたら、明るくて、少しプールの匂い。湿気があって暖かい。

温水プール?

施設の突き当たりのガラスドアの向こうにプールがあって、男性が1人泳いでいた。
なーんだ。スパってプールのこと?
でもサウナもあるって書いてたよなあ。
その手前にもドアがあって、何やらドイツ語で書いてある。当然ワカリマセン。
でもプールのそばにあるんだから、更衣室かな?
と思ってたら、そこからバスローブを羽織ったカップルが、髪ぬれたままスリッパで出てきて、にこやかに挨拶して通り過ぎて行った。

ふーん。水着のままホテル内歩いてていいんだ。ふーん。
昔言われた

「ホテルの部屋を一歩外に出たら、そこは公の場だからきちんとした格好をしなければならない」

って何?

まあとりあえず、プールがあって、水着にバスローブのドイツ人がいたということを報告しに部屋まで戻り、なんだかよくわからないから、部屋で持参の水着に着替え、その上に服を着て、バスタオルだけ持ち、また Schwimmbad と書かれたドアを開けた。

今度はプールにおこちゃまが何人かいて、きゃーきゃー騒いでいる声だけが響いている。
ドイツ語オンリーの表示にちょっくらビビったダンナは
「やっぱりフロントに聞いてくる」
と出て行った。

ムスコとふたりどうしようかねーと通路を行ったり来たりしていたワタクシ、この際更衣室(らしきもの)の中も覗いてみよう、とドアを開けた。

"Hello ! "
「はろー」

ばたん。くるっ。

「りゅーりゅー!!お、おっちゃんが、すっぽんぽんだった!!!」

オカン衝撃の体験!!ぎゃーぎゃーぎゃーマッパ見ちまったよ(>_<)
何?どうなってんの??水着着用じゃないの???
ラッキーなことに眼鏡かけてなかったから、くっきりはっきりじゃなかったけどさ。
お、おっちゃん!そんなにこやかに Hello ! って言わなくても……
おっちゃんに羞恥心はないんかい?!

その後フロントで何とか聞き出したダンナが戻ってき(ひとりしか英語しゃべれるスタッフがいなかった)2ユーロでバスローブを借り、2ユーロでジャグジーのコインを買い、水着で行く、ということが判明したため一度出直し、今度は水着の上にバスローブを羽織って3度目の正直。

でも。でも。おっちゃんマッパ……

確かにプールは水着着用。プールサイドにあったジャグジーも水着着用。
そして更衣室と思ってた場所はサウナ施設だったらしく、裸OK(もちろん水着もOK)
b0178006_17471498.jpg


翌日のサウナ時には、別のおっちゃん@マッパとご同室となり、おっちゃんが台湾やらインドやら行ってたって話をしてましたさ(主にダンナが)。

昔、外国人には日本の銭湯は習慣的に無理(裸だから)だ、と読んだ本はナンだっただろう……



そうそう。ジャグジーはぬる過ぎてワタクシには×。せっせとサウナで汗を流しましたよ。ジャグジー使わなきゃお金はかからない、というオチでした。
(別のドイツ人は、水着の上にバスタオルひっかけて裸足で帰って行ったのだった。)
by kyokokyoko0504 | 2010-01-06 17:57 | おでかけ