ライン川下り

初ヨーロッパの両親をつれて、最初の観光地ライン川下りに行く。
来週はノイシュヴァンシュタイン!ど観光ですな(笑)

とにかく寒い寒い寒い!!
最高気温12度、でも体感気温10度。日本の冬並みの気温に「ドイツは寒いんやねー緯度高いんやねー」とふたりとも肩をすくめてましたな。
ワタクシも本当に寒かったが。

フランクフルト中央駅から出発!
b0178006_2353341.jpg

途中乗り換え駅、ヴィースバーデン。
b0178006_2331419.jpg

寒そうでしょ?

リューデスハイムから川下りする前に、ワイナリー巡りをするつもりが、うちの父はワイン嫌い(涙)それでもつれ回す娘夫婦。
あれやこれや試飲しまくってそれなりにいい気分になる。
どうやらドイツワインは辛口より、半分くらい甘口の方がおいしいよう。
シュニッツェルなどドイツ料理も堪能してもらって(写真とるの忘れた!)川下りへ。
b0178006_23432870.jpg

ものすごい急斜面にぶどう畑がつづく。
こちらのぶどうは気温が低い土地なので、なるべく太陽をたくさん浴びられるように縦にのばして、葉っぱも摘んでしまうそうな(日本のぶどう棚のイメージとは違う)
b0178006_23435121.jpg

対向船。ワタクシたちが乗ったのもこんな感じ。
b0178006_23441412.jpg

川面からの景色がさすがにドイツ観光のメインのひとつだった。

船の中で飲んだコーヒーが美味しかった!
b0178006_2350525.jpg

かなりアルコール度高かったけど(笑)ホットコーヒーなのに、ストローで呑むなんて初めて。

帰りのIC(特急)のこと。
なんだか時間になっても列車が入ってこない。ま、少々遅れるのはいいでしょうと思ってたら、ドイツ語でアナウンスが。
当然何言ってるかワカリマセン。
でも最後に「エンシュルディゴン」て言った。え、ごめんなさいって言ってたよね、とダンナと顔を見合わせ、ホームの行き先表示のところに「ca 45 min spaeter」に出てるのを見、これってもしかして……おおむろに辞書を取り出してみたならば「spaeter=later」だったよ!!
やばいよ、45分も遅れてるよ、マインツで乗り換えなのにどうする?!
ワタクシたちだけならばいつもなんとかなるさ、なのだが何せ今回はジジババ観光旅行。
まずいでしょう。
ダンナ、駅員に聞いてみたら彼は英語がしゃべれず、でもその後にくるのがフランクフルト直通だからそっちに乗ってもいいよ、とお墨付きのはんこはくれた。
しかしジジババ観光に指定席がないのはまずいだろう、と窓口まで「指定席予約させてくれ」といふたりで言いに行く。
さすがそこのおっちゃんは英語ぺらぺらだったが、「残念だけど(席は)ないよ」とにべもない。
「えーこっちは"遅れてる"列車では指定席を予約してて予約金もはらってるんやけど」
「うーん。そうだねー」
またちょっと探ってくれたけどやっぱりないよう。
指定席分のお金は返してくれました(苦笑)
でもごめんなさいとは最後まで言わなかったな。
さすが欧米人。

punctualだと評判のDBだが結局1時間遅れ。昨日は渋滞で1時間ちっとも動かない、なんてことも体験。
ジジババいろいろ経験中(笑)
by kyokokyoko0504 | 2009-06-07 23:22 | おでかけ