アルザスは暑かった!!

土日に急遽フランスのストラスブールまで一泊旅行に行く。
ムスコがフランクフルトについて、初めて自分から行きたいと言った遊園地が目的。
ただ遊園地は日曜日も開いてるけれど、その他は「何もできない」な日なので土曜日はちょこっと観光。
たったクルマで2時間半で無人の国境を越える。
でもその瞬間からhighwayの出口標識が「Ausfahrt」から「sortie」に変化。フランスだー!と思う。
パリまで476km。
b0178006_1602854.jpg

どこまでもだだっぴろい土地が広がり、この地をずっとドイツとフランスが取り合っていたのが、なんだかわかるような気がした。
だってドイツは森ばっかりで、こんなに小麦がどっさりとれそうな土壌をみすみす逃すはずはないもの。
おまけに明るい!ちょっと南におりてきただけで日差しが違う。でもここも冬には暗く閉ざされるのだろうか?

街の中の駅名にくっついている表示も「DB(ドイツ国鉄)」から「SNCF(フランス国鉄)」に。
b0178006_16135676.jpg

とにかく街の看板が何と書いてあるのかがわかる!こんなにわからないことをストレスに思ってたんだと、我ながらびっくりした。
ストラスブールはアルザス地方の大都市だけれど、ちょっと田舎な雰囲気。でも路線電車のデザインはムスコ曰く「こっちの方がかっこいい」
b0178006_16155850.jpg

まずは有名どころの大聖堂を見学。
つい二日前にケルンの大聖堂を見ているだけに、その差が面白かった。
b0178006_16184951.jpg

時代は同じゴシックだから似ているんだけれど、石が赤っぽくてケルンより暖かみがある。
教会内も少し明るかった。
b0178006_16203216.jpg

今日はミサの時間にはかぶさらなかったからパイプオルガンの音色は聞けず。残念。
運河をボートで巡って旧市街を観光。
b0178006_1626301.jpg

ヘッドフォンでガイドが聞けるはずだったのが、ワタクシの隣の女性の巨大なお尻に隠されて、チャンネル発見できず。ただぼんやりと周りの風景を眺めていたら、川風が気持ちよくてついうとうと。ダンナ曰く「13世紀の建物だ、とか15世紀の建物だとかいろいろ言ってたよ」ふーん。聞いときゃよかったな。
b0178006_16314787.jpg

b0178006_16321827.jpg


そしてお楽しみの晩ご飯!アルザスはご飯がおいしいとガイドブックに書いてあったからわくわくどきどき(^^)
b0178006_16432621.jpg

鴨のサラダ
b0178006_16344623.jpg

フォワグラのソテー
b0178006_16351795.jpg

タマネギのタルト
b0178006_1636449.jpg

ミックスグリル
b0178006_16362081.jpg


フォワグラの付け合わせの野菜がおいしかった。空豆も入ってたよ。ムスコは久々に食べた牛肉が旨かったそうな。ドイツより野菜がふんだん。嬉しいな♪
by kyokokyoko0504 | 2009-05-23 15:52 | おでかけ